独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

第3週 世の中の流れ

**********************
 第3週の内容
    3−1 人口動向         4月24日
    3−2 所得階層の二極化   4月25日
    3−3 ユニクロ化        4月26日
    3−4 デジタルネットワーク化 4月27日
    3−5 消費動向         4月28日
**********************

【3−1 人口動向】

 第3週目に入ります。

 先週のテーマである「ヒット要因を見つけること」はできたでしょうか?
 2−5ヒット要因(顧客ベネフィットを掘り下げよう)でトレーニングした「ベネフィットの根っこ」を掘り下げることは難しかったかもしれませんが、ぜひ1つの商品に限らず、いろんな商品でトレーニングしてみましょう。

 今週のテーマは「世の中の流れを見つめること」です。
 いわゆる市場環境の動向を見つめるトレーニングのことです。

 市場環境がどのように動いているか、また今後どのように変化していくかを認識しておくことが、事業テーマを設定する際の重要なポイントのひとつです。事業テーマを設定するためには「顧客ターゲット」の設定が不可欠です。顧客ターゲットの市場があるのか、ある場合はどのくらいの規模なのか、また今後どのように規模が変化していくのかを把握することが、事業を成功に導くための大きなファクターの一つです。

 今日のテーマは「人口動向を見つめよう」です。
 身近な市場環境の話題から進めていきます。

 数年前から少子高齢化が叫ばれていますが、皆さん、日本人口の年齢構成の現在と未来、また労働力人口の推移などに関する統計データをご覧になったことはありますか?

 国立社会保障・人口問題研究所という団体のホームページにわかりやすく情報が掲載されています。
 数例をご紹介します。
   1.出生数及び合計特殊出生率の推移
   2.我が国の総人口の見通し
   3.現在と2050年の日本人口の年齢構成比較
   4.労働力人口の推移

 以上の情報にある数値からもあきらかなように、少子高齢化の波は今後より一層大きくなります。

 今週のテーマは「世の中の流れを見つめること」です。
 以上のような団体が提供する情報を見て「なるほど」と感じることも大切ですが、ぜひ起業を志している皆さまに実施してほしいことは以下の2つです。
   
  1.まず自分で根拠・出典を調べてみる
      あらゆるメディアからいろんな情報が入ってくる時代です。
      少子高齢化により・・・・といった情報も多いでしょう。
      そのような情報を耳にした際には、まず自分で少子高齢化の
     根拠や出典をインターネットから調べてみましょう。

  2.数値を確認し把握する
      少子高齢化により・・・・といった情報があった場合に、
     どのくらいの人口割合で少子高齢化なのか、といった
     ように数値を確認し把握する癖をつけましょう。

 いかがでしたか?
 今日は「人口動向」でしたが、その他の市場環境についても調べてみましょう。

 明日は、最近叫ばれている「所得階層の二極化」について見つめてみましょう。 

 

斎藤健著「転落の歴史に何を見るか」

 この本は、今日の衆議院千葉7区補欠選挙に自民党より出馬している斎藤健氏(前埼玉県副知事・経済産業省)が書いたものである。

 転落の歴史に何を見るか―奉天会戦からノモンハン事件へ    ちくま新書 斎藤健(著)

 私のビジネスパートナー(斎藤健氏の知人)より紹介されて先日読んだ。

 本書(斎藤健著)は、明治時代の日清・日露戦争に奇跡的な勝利をした日本と、昭和時代の第二次世界大戦に敗北した日本との「本質的な違い」と「30年間で変わった本質的な要因は何か」を深く考察している。

 私は、司馬遼太郎著の「坂の上の雲」を読んで、日露戦争に望んだ日本の「統制ある組織」や「緻密な戦略」のすばらしさを感じていた。反面、第二次世界大戦に望んだ日本の「無謀さ」もいろんなメディアを通じて感じでいた。

 本書(斎藤健著)では、本質的な要因は
   ・日露戦争の数年後に、ジェネラリストの強力な指導者である
   「明治の元勲」を失った日本が、ジェネラリストを育成せずに、
   スペシャリストしか育成しなかったこと
であると、斎藤健氏は述べている。

 ジェネラリストの存在により、明治時代の軍事は常に全体戦略の一手段として捉えられており、軍事に全体戦略が振り回されることはなかった。しかし、「明治の元勲」の亡き後、ジェネラリストの不在が続いてしまって、軍事イコール全体戦略となってしまった。 それが本質的な要因であると。

 
 話は変わるが、ビジネスも同じだなあと思います。
 社長の存在がビジネスの中核です。
 よく「社長の器より会社は大きくならない」と言われますよね。

 ジェネラリストである社長が、個別戦略や短期的成果など近視眼的な視野で物事を判断するのではなく、全体戦略を見据えて判断することがビジネスにも不可欠です。


 とても読みやすく書かれている本ですので、オススメです。

今週の藤間IM(起業支援専門家)の動き(4/17〜21)

 私は、MINATOインキュベーションセンター(MIC)でインキュベーションマネジャー(IM)として、起業者育成・事業立ち上げ支援・MIC運営を行っています。
 
 この2年間、MICでいろんな方をお会いするなかで、
   ・「IM」ってどんな仕事なの? 
   ・実際にどんなことしているの? 
と聞かれることがよくあります。

 今週1週間の私の動きをお届けします。

『4月17日』
 朝一で「日本政策投資銀行」へ訪問する。MIC利用者の新規事業(K大学のノウハウと人材を活用した介護福祉施設運営事業)への出資・融資相談を行う。新規事業融資担当者との協議で具体的な融資メニューや新株予約権メニューなどの紹介を受ける。
 午後一はその足で、JR田町駅前のキャンパスイノベーションセンター内にある「山形大学サテライトオフィス」へ訪問する。お会いしたのは、大手企業勤務(社内ベンチャー育成担当)→ベンチャー企業経営→大学教授(キャリアデザイン)という経歴をお持ちの方。ある者からの紹介で、起業を志す方や新しいことをはじめる方へのサポートをお二人とも精力的にしているので、一度会ってみてはいかがですかといった経緯です。私は時間が取れればできるだけいろんな方と会うことを基本にしている。とてもすばらしい考えをお持ちの方で、起業者を育成する者としていろんな気づきや共感を得た。「事業にはコンセプトが大事であること」や「サポートには相手に気づいてもらうことが大切であること」など。今後は、あることを一緒に取組みたいと考えています。
 15:30頃、MICに到着。
 メールをチェック後、返信。
 「J−NET21」にMIC利用者募集情報の掲載を依頼。
 18:20にMICを出る。その後はMIC新キャプテンの歓迎会。

『4月18日』
 
9時頃にMICに出勤。
 メールをチェック後、返信。
 10:00より、MIC卒業企業からの口コミでMICに見学に来た方(6月に起業予定)の応対。
 11:00より、MIC利用者とMIC卒業企業とのお見合いを行う。
 お見合いの目的は以下のとおり。
   ・両者とも顧客ターゲット(既に数社と契約済み)が同じなので、お互いの
    事業を補完して売上を伸ばすこと
   ・MIC利用者への意識づけ(社長という立場の認識)
   ・MIC利用者への勇気づけ(事業拡大への判断)
 お見合い(マッチング)は難しい。
 この両者は、「経営姿勢が同じ」、「事業補完が可能」、「事業内容が確立したレベル」であることから、以前からこの両者のお見合いは考えていたが、このタイミングで実施した。引き続きフォローしていく。
 14:00より、MICスタッフにより定例打合せ。新キャプテンをいれた最初の定例会(毎週1回実施)であり、今年1年間の実施計画を再確認した。
 15:30にMICを出る。
 16:30より、JANBOのインキュベーション研究所長(元MICアドバイザー)への新キャプテンとともに挨拶と相談。インキュベーション事業の動向などについてお話をお伺いする。
 18:20に、いろんな資料づくりがたまっているため、MICに戻ってくる。
 国民生活金融公庫内の創業支援担当者研修にて「創業支援の実例」というテーマでの講義を依頼されている。そのプレゼン資料を作成。
 新聞記事のチェックを行う。MIC利用者に関連する記事はコピーして配布しています。

『4月19日』
 9時頃にMICに出勤。
 メールをチェック後、返信。
 今日から、新しいMICスタッフ(アシスタント)が来るので、説明資料を準備。
 説明はキャプテンが実施。
 10:10に、MIC利用者より、ビジネスアイデア支援モデル事業に申請する資料作成の相談を受ける。
 11:00に、MICの2階(プレインキュベーションスペース)より3階(メインインキュベーションスペース)にステップアップする3者が集まり、どの部屋にするかの抽選会を行う。各者の新スペースが決定。これで、メインインキュベーション利用者10者のうち、5者がプレインキュベーション利用者からの進級組となる。
 14:00及び16:00より、1者ずつ起業よろず相談を受ける。
 18:00からの起業よろず相談はキャンセルの電話あり。
 秋田県のIMからの依頼でIT人材を探している企業へ、MIC利用者(日本と中国との人材紹介等を実施)を紹介。
 来月MICを卒業する者より、港区賃料補助制度について質問を受ける。
 「東京都中小企業振興公社」にMIC利用者募集情報の掲載を依頼。

『4月20日』
 朝一で中小機構の本部へ、企業等OB人材派遣事業の依頼でMIC利用者と待ち合わせして訪問。医師が実施する医師向けのサービス事業で社会貢献性が高いことだけでなく、事業成長性も高いと私は思っている。MIC成長株のお一人である。
 13:30頃、MICに到着。
 すぐさま、日刊工業新聞の記者(4月より港区エリア担当)への対応。
 MIC利用者より、広いスペースへの移動の希望相談を受ける。
 各種支援機関へ、MICセミナーの開催情報の掲載を依頼。
 明日配信のMICアントレレターを作成

『4月21日』
 
9時頃MICに出勤。
 10:00に、MIC利用者より、ビジネスアイデア支援モデル事業の申請資料の相談を受ける(19日とは別の者)。
 MICパンフレットを新しくするため、印刷会社に見積もりを依頼。
 午後になって、MICアントレレターを配信。次回からはアシスタントへ依頼。
 17:00より、東京海洋大学の講義をMICにて実施。講義の2コマをMICにて実施するとのことで、第1回目は、MICの事業説明・見学と、MIC利用者からの起業体験談のお話。
 MICカルテを作成。


 以上です。
 その他、細かなことは多々あります。

 いざ書いてみると大変でした。
 来週はどうしようかな?

2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう

 棚卸しの最終日です。
 今日はちょっと長いです。
 
 今日のテーマは「ヒット商品や話題の会社が提供する事業から顧客が受けるベネフィット(顧客ベネフィット)を掘り下げよう!」です。

 ひとつの商品やサービスから受ける顧客ベネフィット(顧客満足)には様々なものがあります。
 ヒット商品や話題の事業には、様々な顧客ベネフィットの中核に、必ずベネフィットの「根っこ」があるはずです。今日は顧客ベネフィットを「根っこ」まで掘り下げるトレーニングを行います。


 実例をあげながら説明していきます。

★「脳を鍛える大人のDSトレーニング」ソフトの「根っこ」は何か?

 実際にやったことのある方も多いかと思いますが、累計販売150万本を達成して、第2弾も好評な、任天堂DS用のソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の顧客ベネフィットの「根っこ」を掘り下げてみましょう。

 基本的な考え方は以下のとおりです。

    商品がもっている一番の機能を探し

            ↓

   顧客が長期的に心に生じる利益
を見つけ出す
 
                          
 
この顧客が長期的に心に生じる利益が「根っこ」です。

 顧客ベネフィットの「根っこ」を見つけ出す流れは以下のとおりです。
 流れに沿って、私が定義した「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の「根っこ」も記載しております。この定義が正解ということではなく、論理的に考え方があっていればいろんな正解があると考えています。 

 「根っこ」を定義するポイントは
   仝楜劼長期的に心に生じる内容であるか!
   他の商品や事業に転用できる内容であるか!
     「△蓮皆さんが事業テーマを設定する際のヒントになります!」       
   
  (1)商品が持っている一番の機能は何か
      「気軽に楽しみながら、脳トレーニングが続けられる」

                  ↓

  (2)機能から受ける顧客のベネフィット(機能的ベネフィット)
      「気軽に脳のトレーニングができる」

                  ↓
 
  (3)短期的に心に生じる利益(情緒的ベネフィット)
      「脳年齢の判定が若返ることによる喜び」

                  ↓
  
  (4)中・長期的に心に生じる利益(精神的ベネフィット)
      脳全体を鍛えることができる ← これが「根っこ」

 
 以上のように顧客ベネフィットを掘り下げた私の脳の中は次のとおりです。

 このソフトの機能的な特徴は「ゲーム感覚で脳が鍛えられる」ことだ。
 今までに世の中にある年齢チェック(体力年齢、肌年齢、血液年齢など)と同様に脳年齢がわかる。しかも、遊ぶごとに脳年齢をすぐに判定してくれて、脳年齢が若返っていくことで喜びも生じる。
 しかし「若返る喜び」は短期的だな?
 最近は「脳」ブームである。
 単なるゲーム感覚だけでないな。
 もっと、「脳」について掘り下げて考えてみよう。
 
 このソフトの基本的な流れは、
   見る・記憶 →  考える → 判断・実行
 これを脳の動きに対応させると
   右脳→(脳梁経由)→左脳 → 前頭葉 
 右脳、脳梁、左脳、前頭葉という脳全体を鍛える効果があるな。
 このソフトは簡単な「計算」や文章の「音読」が中心であり、特に右脳・前頭葉を多く使うな。右脳と前頭葉をつなげるには、脳梁と左脳を経由するな。
 パズルやクロスワードも同様の脳の動きであるが「考える」が中心であり、特に左脳を多く使うな。これだと右脳と脳梁はあまり使わないかな。

 話は少しそれますが、女性は創造的であるので右脳が発達しているとよく言われています。実は脳梁(右脳と左脳をつなぐもの)が男性より太いので、右脳の情報を速やかに左脳に伝えることができ、男性よりアウトプット(発言などの行動)が早いとのことです。以下の書籍に書いてあります。
 「女たちはなぜ口コミの魔力にはまるのか」(黒川伊保子 著)

 以上から、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の顧客ベネフィットの「根っこ」は、右脳・脳梁・前頭葉という創造性を活性化させる脳を中心に「脳全体を鍛えることができる」ということであると導き出しました。
 皆さんは、どう考えますか?


 週末は、皆さんも、自分で探した商品や事業の顧客ベネフィットの「根っこ」である「精神的ベネフィット」を掘り下げてみましょう!


 今週のテーマである「ヒット要因を見つけること」はできたでしょうか?


 来週のテーマは「世の中の流れを見つめること」です。
 いわゆる市場環境の動きです。
 

 明日は「IMの今週1週間」をお届けします。
 MINATOインキュベーションセンターでIM(インキュベーションマネジャー)として、起業者育成・事業立ち上げ支援・センター運営を行っている私の1週間の動きをお届けしようかと考えております。

2−4 話題の会社の特徴は何?

 話題の会社はいくつチェックできました?

 今日のテーマは「話題の会社の特徴は何?」です。

 会社の特徴とは具体的に言うと
   1.ビジネスモデル(事業の仕組み)
   2.商品やサービス
   3.顧客ターゲット
   4.販売方法
   5.価格設定
   6.ブランド
などです。

 ひとつの会社でいいので、会社の特徴を整理してみましょう!
 
 まずは「情報収集」からです。
 一昨日のブログに記載しました
   グーグル や RSSリーダー(goo)
により、キーワード(会社名・ビジネスモデル・経営経略など)を入力して情報収集することをオススメします。
 
 具体的な記載例(株式会社篠崎屋「豆腐店」)は以下のとおりですので参考にしてください。

「株式会社篠崎屋」 
   1.製造小売業(豆腐屋のユニクロ)
   2.天然にがり製法の絹ごし豆腐
   3.女性が中心
   4.多業態店舗
   5.こだわり大豆の高級豆腐であるが低価格
   6.三代目茂蔵

2−3 話題の会社をチェックしよう

 一昨日、昨日と「商品」に着目したトレーニングでしたが、今日、明日は「会社」に着目します!

 今日のテーマは「話題の会社をチェックしよう!」です。

1.ニュースやCM、電車広告や新聞記事などなど、巷、またオタクで話題になっている会社をピックアップしてください!

2.その会社の売り物を一言で表現してください。
 
 今日のトレーニングは以上です。

 一つではなく、いくつか会社でチャレンジしてみましょう。
 できれば自分が興味のある分野の会社をチェックしてください。
 明日は深く考察していきますので。
   
 ちなみに私がチェックした会社は以下のようなものです。
   ・株式会社ドリコム ブログ
   ・株式会社篠崎屋  豆腐

2−2 シェアを計算しよう

 ヒット商品は探せましたか?

 今日のテーマは「シェアを計算しよう」です。

 皆さんが昨日探したヒット商品をもとにシェアを計算してみましょう
 
 シェアとは
   その商品の販売実績/その商品のカテゴリー全体の販売実績
   ・
売上実績/市場規模
 
 具体的な事例を下記のとおり記載しておきますので参考にしてください(少し古いデータですが)。

 市場規模等のデータは、インターネットにより比較的容易に収集が可能です。
 具体的には、
   グーグル や RSSリーダー(goo)
によりキーワード(商品名・カテゴリー名・市場規模など)を入力して検索してみることをオススメします。

                          

1.チョコレート 「GABA」 江崎グリコ
 「市場規模」・日本のチョコレート年間小売総額 4,068億円
        ・国内消費量 235,487トン
        ・一人当たり年間消費量 1.84kg
         「日本チョコレート・ココア協会調べ」(平成16年)
  http://www.chocolate-cocoa.com/statistics/domestic/chocolate_j.html
  http://www.chocolate-cocoa.com/statistics/domestic/confectionery_j.html

   「シェア」 ・チョコレートメーカーのシェアは以下のとおり。
          「全日本菓子協会2004年度調べ
            明治製菓 25.9%
            ロッテ  19.3%
            森永製菓 14.1%
            江崎グリコ11.1%
            不二家   6.0%
            その他  23.6%
        ・GABAのシェアを以下のとおり分析しました。
           年間販売額30億円(見込み含む)
   http://www.be.asahi.com/20060114/W17/20051221TBEH0014A.html
 .船腑灰譟璽帆澗里紡个垢襯轡Д△蓮30/4068*100=0.74%
 ▲拭璽殴奪箸任△襦屮好肇譽垢魎兇犬討い襭横亜腺苅安紊離汽薀蝓璽泪鵝Γ錬漫
      に対するシェアは以下のとおり。
            
      日本の総人口 12769万人
      労働力人口 25〜34歳 1520万人
              35〜44歳 1348万人
       「日本統計月報(平成18年1月)総務省統計局調べ」
         ストレスを感じている人 25〜34歳 52.8%
                        35〜44歳 57.9%
       「国民生活基礎調査(平成13年度)厚生労働省調べ」
                1520*0.528+1348*0.579=1582万人
                     1582/12769*4068=504億円
                     30/504*100=6%

2.ゲームソフト 「脳を鍛える大人のDSトレーニング」 任天堂
 「市場規模」
 ・日本のゲームソフト市場規模 約3,100億円
       「ファミ通ゲーム白書2005調べ」
 ・脳を鍛える大人のDSトレーニングのシェア
  「脳を鍛える大人のDSトレーニング」ソフト    累計販売本数137万本
  「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」ソフト 累計販売本数 95万本
                                   総計232万本
       「株式会社メディアクリエイト調べ」     
     1本2,800円  2,800円×2,320,000=約65億円
        
 
「シェア」  65億円/3,100億円×100=2%


第2週 ヒット要因

************************
 第2週の内容
    2−1 ヒット商品を探そう         4月17日
    2−2 シェアを計算しよう         4月18日
    2−3 話題の会社をチェックしよう    4月19日
    2−4 話題の会社の特徴は何      4月20日
    2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう  4月21日
************************

【2−1 ヒット商品を探そう】

 今週から来週にかけての2週間は、先日予告したテーマ「市場を見つめること」にて本講座を進めていきます。

 今週(第2週)は、トレーニングしやすいことから始めましょう!
 ということで、今週のテーマは「ヒット要因を見つめること」です。

 まず、初日は「ヒット商品を探そう!」というテーマにて始めます。

 ある定義では、ヒット商品=シェア16%以上という目安があります。
 本講座では、皆さんが「これはヒット商品だ」というものを、箇条書きで探しだしてみましょう!

 探すコツとしては、
   ・コンビニで棚割の多い商品をチェック
   ・よく流れているCMをチェック
   ・本屋で雑誌などに取り上げられている商品はチェック
   ・ショッピングセンターにてお客の多いお店の商品をチェック

 ちなみに私が探し出したヒット商品は以下のようなものです。
   ・ゲームソフト 「脳を鍛える大人のDSトレーニング」 任天堂
   ・チョコレート 「GABA」 江崎グリコ

 皆さんは、いくつぐらいヒット商品を探せるかな?

MIC(起業支援施設)という「場」はいいね!

 今週は、MIC利用者やMICアントレクラブからの相談が19件ありました。

 具体的には記載できませんが、
   ・増資の際の資本政策
   ・融資による資金調達先検討
   ・特定営業先へのアプローチ方法
   ・特定商取引法への対応策
   ・新商品の特許申請
   ・会社設立の手続き
   ・ビジネスアイデアモデル事業への申請
   ・企業等OB人材派遣の活用
などなど、相談内容は様々です。

 

 そのうちのお一人であるA経営者(現在、年商1億円程度)より、次のようなことを言われました。

 MICという場(起業の成功を目指している者が活動している場)は、私にとって、とても良い環境です。それは

  切磋琢磨という意欲が燃え上がるからです!

 また、MICというインキュベーション施設(創業支援施設)では

  いつもで同じ人に相談できる!

 これは起業を目指す者にとっては、とても心強いです。

 

 このように言われると、正直うれしいです。

 しかし、厳しい言い方ですが「ビジネスは結果が大事」です。
 いくらMICという場で活動しても、結果(売上→利益)がでなければ意味がありません。

 A経営者は結果がでております。すばらしいです。
 ビジネスへの日々取り組む姿勢も、これまたすばらしいです。昨日のブログにも書きましたが「顧客重視」「スピード対応」を心かげたサービス提供には、私も感服しています。

 A経営者は、MICという場がなくても「結果がだせる」ようになればMIC卒業です!

 私も「結果を意識」したMIC運営をしていきます!

 

 このようなMIC運営の姿勢を教えていただきました「星野エグゼクティブアドバイザー」には心より感謝いたします。
 MICのようなインキュベーション事業をきちんと立ち上げて、きちんと運営させていくためには、星野様のような経験の持ったアドバイザーが不可欠であると、MICの立ち上げから3年間携わっている私の率直な想いです。

 わからないことは素直に聞く姿勢も大事です。

エドワード・ガルヴァーニ(起業家)による講演

昨日の夜、MICでは、キャノンをはじめ一流企業のCM制作やWEB制作を手掛けています「ガルヴァーニクリエイティブ」代表の


  エドワード・ガルヴァーニ 

を講師にお招きし、ビジネスにおけるいろいろなお話をお伺いしました。

 

広告クリエイーター業界ではとても有名な方で、定員を越える参加申込がありました。参加できなかった方々、この場を借りてお詫びいたします。。。

 

 

エドワード氏の言葉で、私が心に残っているものは、

 

 顧客との認識の違いを自分の中で納得すること!

 

 顧客が喜ぶ仕事、顧客が儲かる仕事をしなければいけない!

 

という2つの言葉です。

 

日本を代表する数多くの大手企業と仕事をしているクリエイターの方でも、自分の感性や感情にまかせて自分の思うがままに作品を制作するのではなく、顧客の立場・顧客の意向を十分の理解した上で仕事をしているのだなと。

 

この姿勢はビジネスの基本であり、一番大事なところでしょう!

 

エドワード氏は、独創的な発想力謙虚な姿勢を兼ね備えた、とてもすばらしい方でした。

 

なお、本セミナーにご参加いただいた方(MICアントレクラブ会員)が、本セミナーに関するブログを書いておりますので、ぜひコチラもご覧ください。

 

 

MICでは「MICアントレプレナーセミナー」というタイトルにて、国内外の著名なビジネスマンをお呼びして、起業体験などの講演や参加者との懇談を通じて、アントレプレナーシップ(起業家精神)を育成するセミナーを、毎月1回、平日の夜に行っております。現在まで18回開催しております。来月は5月18日18:30から、創業30年のアパレル会社を経営する創業者をお呼びしてセミナーを行います。

MICのホームページにて、来週案内ページをアップしますので、ぜひご覧ください。  

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ