独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

J-Net21起業マニュアル第1章魁峙業前に読もう」小売業界を取り巻く環境

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−19 小売業界を取り巻く環境」


1980年に87兆9200億円であった小売業全体の商業販売額は、1992年には
約1.7倍の146兆1700億円にまで達し、その後1990年代の間は140兆円台を
維持し続け、2000年以降2010年に至るまでは130兆円台の規模で推移して
きています。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章押峙業前に読もう」IT業界を取り巻く環境

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−18 IT業界を取り巻く環境」


「受注ソフトウェア」市場は、1990年代後半から2000年代前半にかけて大きく成長し、
市場規模は2008年に6兆7,814億円にまで達しましたが、その後縮小に転じ、2010年には
6兆1,026億円となっています。「ソフトウェア製品」市場は、2000年代前半にゲーム
ソフトが好調だった背景もあり成長してきましたが、2007年の1兆4,601億円をピークに
縮小に転じ、2010年は1兆1,282億円にとどまっています。

続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章院峙業前に読もう」健康業界の動向

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−17 健康業界の動向」


健康業界は最近出始めたばかりで正確な定義はまだないのですが、ここでは
「健康の維持・促進のためのサービスで、医療行為に当てはまらない業界」
と定義します。代表的なものでは、健康食品・サプリメントの販売、
フィットネスクラブ、マッサージ、温浴施設、ドラッグストアなどが
この健康業界に当てはまるでしょう。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章亜峙業前に読もう」市場リサーチ

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−16 市場リサーチ」


事業計画が固まり、取り扱う技術や商品、サービスが決まり、それが大変
素晴らしいモノであったとしても、市場にニーズがなければビジネスは
成立しません。また、たとえニーズがあったとしても、価格的に妥当性がなく
受け入れられなければ、ビジネスとはなりえません。そのため市場にニーズが
存在するかどうか、価格が妥当かどうかなどを見極める必要があります。
また営業活動をするにしても、闇雲に走り回っても売れるものではありません。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」人口動態にみるこれからの注目市場

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−15 人口動態にみるこれからの注目市場」


 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口 平成18年12月推計」
(2011年2月時点で最新)によれば、日本の総人口は、2005年をピークに
減少の一途をたどっており、この傾向は今後さらに加速していくと推計
されています。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」業種別動向・市場規模

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−14 業種別動向・市場規模」


飲食店に関しては、ファストフードなどの「他の飲食店」が伸びていますが、
「食堂・レストラン」を中心に市場規模は縮小しており、飲食店市場全体では
1%のマイナス成長となっています。
料飲店に関しては、「バー・キャバレー・ナイトクラブ」の売上の落ち込みが
大きく、料飲店市場全体では4%のマイナス成長となっています。
料理品小売業に関しては、「高齢者世帯や単身者世帯の増加」や「世帯の規模
(1世帯あたり人員数)の縮小」などを背景に、弁当・総菜類の売上が伸びており、
市場はわずかではありますが拡大しています。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」効率的な情報収集方法

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−13 効率的な情報収集方法」


市場調査は、社会調査のひとつで、社会調査には国勢調査なども含まれます。
とくに企業が行なう市場調査の場合は、任意のものですから、いかに信頼の
ある回答を多く得ることができるかが目的となりますので、質問の内容などの
組み立てには、細部にまで充分な配慮が必要となります。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」ビジネスアイデア創出法(3)

こんにちは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−12 ビジネスアイデア創出法(3)」


「ビジネスアイデア」創出法(3)では、「社会的観点」による創出方法を説明します。
「社会的観点」の「ビジネスアイデア」を創出するには、すでに事業として存在して
いるものを基本として、新たな規範や規制緩和など、社会や市場の変化によって
もたらされて生まれた、新たなニーズに基づいて事業化していく方法です。
「社会的観点」とは、1.「リサイクル」(再利用)、2.「アウトソーシング」
(分離)、3.「アプリケーション」(応用)の3つのキーワードで構成されています。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」ビジネスアイデア創出法(2)

こんにちは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−11 ビジネスアイデア創出法(2)」


ビジネスアイデア創出法(2)では、「個人的観点」による創出方法を説明します。
「個人的観点」とは、「ビジネスアイデア」を創出しようとする当事者自身が、
自分自身の価値観、将来実現したい「夢」や「想い」などを事業化する方法です。
「個人的観点」とは、(1)「インタレスト」(興味)、(2)「コンビニエンス」(便利)、
(3)「アセット」(資産)の3つのキーワードで構成されています。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

J-Net21起業マニュアル第1章「起業前に読もう」ビジネスアイデア創出法(1)

こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第1章「起業前に読もう」】


「1−10 ビジネスアイデア創出法(1)」


新しく事業を創造するには、「ビジネスアイデア」を創出することから
はじまります。闇雲に起業したところで、ビジネスが成功するほど
生やさしい社会ではありません。 顧客から見て魅力的、かつ競合と
差別化できているのかが重要です。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール
訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ