2006年2月27日

本日の相談数は2者。

その他、日経ベンチャーから取材を受けた。
今度、中小企業基盤整備機構のビジネスインキュベーション特集を組むとのこと。
私とMIC利用者1者が取材を受けて、MICの支援内容やMIC利用者から見たMICの利用勝手などについての質問にお答えした。3月末発刊の日経ベンチャーに登場する予定ですのでお楽しみに!
ところで、ビジネスインキュベーション(BI)とは何かを知っている人は世の中にとても少ないと思います。
ここで、経済産業省の補助事業としてIM養成研修を実施している日本新事業支援機関協議会(JANBO)事務局が定義している「BI」「IM」についてご紹介します。

ビジネスインキュベーション(BI)は、企業孵化等と訳されることがありますが、事業の創出・育成と解釈すべきでしょう。具体的には、事業づくりを志す人を探し、教育し、事業開始後は成長するまで種々の支援をすることをいいます。
 結果として生まれるものは事業(ビジネス)ですが、それを創出するのは人です。経験の乏しい人への知識、ノウハウ、経営資源など、不足するものを幅広く補い、時には相談相手となり、支援システムを活かしながら、事業にまで導く人をインキュベーションマネジャー(IM)とよびます。