**********************
 第4週の内容
    4−1 アイデアの新3要素      5月8日
    4−2 種から創造しよう        5月9日
    4−3 シチュエーションをイメージ 5月10日
    4−4 アイデアを1つに絞ろう    5月11日
    4−5 もう1つの大事な要素    5月12日
**********************

【4−1 アイデアの新3要素】

 本日より、起業「超」入門講座を再開します。
 第4週目となります今週のテーマは「事業アイデアを構築しよう!」です。
 本講座の第一ステップの最終テーマとなります。

 「事業アイデア」を今まで自ら創造・構築したことのない方は、今週は難しい講座になるかもしれませんが頑張りましょう!

 「事業アイデアを構築する」思考は、「新たなことを発想する」思考に近いものです。話は少しビジネスと離れますが、「脳科学」的には「無」から創造・発想することはできないと言われております。つまり、「空白」からの発想は難しいというより、「脳科学」的には不可能なのです。

 では、「事業アイデアの構築」はどのように行うのでしょうか!
 皆さんが第1〜3週目に行った本講座にその答えがあります。
 各講座のテーマを実施した方には、既に「事業アイデアを構築」するための、いくつかの種(たね)を持っています。
 その種をもとに、「事業アイデアを構築」していきましょう!


 初日のテーマは「アイデアの新3要素とは何か?」です。

 「事業アイデアを構築」する上で、明確にすべき事項が3つあります。
 よく言われています「事業ドメイン」と微妙に異なりますので、「新3要素」と表記します。その「新3要素」とは何かについて、今日はお届けします。

 「アイデアの新3要素」
   ‐ι福Ε機璽咼
   △客
   シチュエーション

 一つずつ当たり前のところもありますが、具体的にご説明いたします。
 
  
‐ι福Ε機璽咼
     どのような「もの」をお客に売るのか、またどのような「こと」をお客に
    提供するのかということです。
 
  △客
     商品やサービスを提供する相手は「誰」なのかということです。

  シチュエーション
     商品やサービスをお客が使用・利用する時は、どのような「場面」
    「状況」なのかということです。
     いわゆる経営本には載っていませんが、私はこの「シチュエーション」
    を明確にしておくことが、事業アイデアを構築する際には大事だと判断
    しています。

 
 以上で今日の講座は終了です。
 いかがでしたか?

 明日からは、具体的にこの「アイデアの新3要素」を意識しながら、「事業アイデアを構築」していきましょう!