昨日のブログで「無料デザイナーなんていない」を投稿した「notosachiさん」を私から少しご紹介させていただきますね。

 notosachiさんは、私が勤務しているMINATOインキュベーションセンター(MIC)にて、NAVIという職務で、MIC利用者(起業を志している者、起業して間もない者)へ、図設によるデザインサポートをしております。
 図で考える「図設」の手法により、相手に見せるべきものと、言うべきものを整理し、相手に伝わる資料づくりを、notosachiさんはサポートをしています。

 今週は「アドバイザーに無料で相談できる支援機関」をお届けすることになっていましたので、「無料デザイナーなんていない」というタイトルに、ビックリ・困惑した方もいらっしゃったかも。。。
 私が今週お届けしている「無料相談」は、相談者は無料ですが、相談者でないところ(相談窓口のある支援機関)から経営アドバイザーにビジネスとしてのお金が支払われていますので、経営アドバイザーは無料で働いている訳ではありませんよ。

  notosachiさんは、時々登場しますので、乞うご期待!


 さて、今日の講座に入ります。
 今日、ご紹介するところは「東京都中小企業振興公社」です。
 東京都の外郭団体です。
 昨日ご紹介しました中小機構と同様、既存中小企業、ベンチャー企業、起業を目指す者の方々へ、様々な支援メニューを提供しています。

 東京都中小企業振興公社の事業内容のひとつに「ワンストップ総合相談窓口」制度がありまして、この制度により、無料で経営アドバイザーへの相談ができます。1日1回1時間です。申込は予約制ではなく、受付制(早い者順)です。
 詳しい内容はココをクリックしてください。 

 昨日と同様、もっと具体的に追加説明しますね。

 まず経営アドバイザーの曜日カレンダーを確認の上、希望する経営アドバイザーがいる日時に、東京都中小企業振興公社があります〒101−0025東京都千代田区神田佐久間町1−9東京都産業労働局秋葉原庁舎4階の「総合支援課(受付)」に予約なしでいきます。最寄駅は秋葉原駅。
 予約制ではないので、朝一、もしくは昼一がオススメです。
  ○アドバイザーへビジネスプランの相談をしたいのですが。
と受付でお話しましょう。
 私が今までお会いした経営アドバイザーの中でも、以下の方が特にオススメです。
   ・大場 貞男 様
 
 
以上お届けしました「東京都中小企業振興公社」の「ワンストップ相談窓口制度」は、日本全国の各都道府県や政令指定都市の外郭団体である中核的支援機関(中小企業支援センターなど)でも、同様の「ワンストップ相談窓口制度」を実施しております。
 東京以外の方は、以上をご覧ください。

 今日の講座はこれでおしまいです。

 明日も引き続き、アドバイザーに無料で相談できる支援機関を1箇所ご紹介します。

 人気ブログランキングに参加しております。 
    ←(クリックへのご協力いつもありがとうございます)