********************
 第13週の内容 
    13−1 利益=お金     7月17日
    13−2 原価         7月18日
    13−3 原時         7月19日
    13−4 売上目標      7月21日 
    13−5 実現性        7月22日    
********************

【13−1 利益=お金】

こんにちは。
 2日ぶりの投稿です。
 この2日間、本ブログの今後の進め方について考えていました。

 このまま講座形式で続けていくのか、それとも新たな形式(相談形式)に切り替えるか、いろんなブログを拝見し、コメントを書きながら考えていました。

 考えた結果、このまま講座形式でしばらく続けていくことにしました
 新たな形式は、時々取り入れていきます。

 なぜなら、本講座を開始した時の目的が達成されていないからです。

   目的 : 起業に向けたトレーニング方法を1からわかりやすく
        お届けする

 まだ、道半ばですね。
 目的を達成した上で、次のステップにいくことにします。


さて今まで、第1週の「棚卸し」から「事業アイデア」、「ビジネスモデル」、「価値設計」と順々に起業に向けたトレーニング方法をお届けしてきました。

 起業を実現させるには、「価値設計」に引き続き、大切な設計ポイントがまだあります。私は以下の4つの設計がポイントであると考えています。

   〕益設計
   ∋餠眄澤
   A反ダ澤
   す報設計

 今週は「利益設計」の第1段階であります「実現性」についてお届けしていきます。
 利益=お金なので、「数字」や「計算」がでてきます。
 数字・計算というだけで、いきなりだめになってしまう人もいるかと思いますが自信を持っていきましょう!
 わからなければ、お気軽にコメントくださいませ。


今まで「ビジネスモデル」など、事業の仕組みにフォーカスして本講座をお届けしてきましたが、いやらしい言い方かもしれませんが、起業(事業)には「お金」を切り離して実現することはできません。
 
 株式会社は当然にしろ、個人事業であろうと、NPO法人であろうと、お金がなくては活動ができません。

 どんどん儲けた方がいい、いっぱい集めた方がいい、と言っているのではありません。

 起業(事業)には、「人」の次に「お金」が不可欠なのです。


今後の本講座を理解していただくためにも、ぜひ一度今までの講座を復習してみてください。特に「第6週 ビジネスモデル図を創る」のところを。
 
 では、また明日。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)