★「起業お役立ち支援情報」総合サイトへようこそ★

こんばんは。


本サイト(ブログ)では、「起業お役立ち情報サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


rankingお読みになる前に
応援クリックにご協力を

             ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


今週も、起業時に気軽に相談できる「独立起業相談窓口」をご紹介していきます。


【今日の起業お役立ち情報サイト】

こくきん創業支援センター(国民生活金融公庫) 

創業融資に実績のある国民生活金融公庫が、創業を考えている方からの個別相談を無料で行っています。



【東工大YVP日記 37日目】

今日は、入居企業S社より「資金調達」の相談を、Aスタッフともに受けた。

資金調達の「手段」はいろいろある。

自己資金、融資、助成金、出資、ちょっと視点を変えれば、「売上」も資金調達手段の1つである。

逆に、「調達金額」「現在の自己資金額」「事業成長性」などにより、いろいろとある資金調達手段も制約を受ける。


いろんな諸要件が絡み合って、相談者との話が発散しやすい。


そこで、私が「起業支援の切り口」として意識して行っていること、




それは




ホワイトボードに「横軸」を書くこと




その「横軸=起業支援の切り口」は何かというと、




それは




「時間軸」である




この横軸(時間軸)だけで、相談者との意思疎通が図られ、スケジュール・マイルストーンが視覚化・共有化されることにより、話の発散が防げる。



この横軸は、起業支援において効果的ですよ。



資金調達に限らず、どんな起業相談でも、「時間軸」という土俵(切り口)で会話をすることにより、いろんな面が見えてくる。


私が実践する起業支援のコツ(切り口)の1つです!