★「独立起業支援!悩み解決館」へようこそ★


rankingお読みになる前に
応援クリックにご協力を
 
 


独立起業の
悩みをお持ちの方に、東工大YVPにて起業カウンセリングをしている藤間IMが、独立起業の悩み解決に繋がるお役立ちサイト、独立起業講座、及び日々の起業支援の取り組みをご紹介しているIMブログです。

  左側の列
「独立起業悩み解決サイト集」
             〜34テーマ、389サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


前回に引き続き「独立起業お役立ちメールマガジン」の情報サイトをご紹介していきます。



【今日の独立起業悩み解決サイト】

K−POTすっ飛びメール

「すっ飛びメール」は、K-POT(かながわ中小企業ビジネス支援サイト)に当日掲載された情報を、原則として、その日の午後5時前後にまとめて登録者に配信しているメールマガジンです。



【東工大YVP日記 199日目】


皆さん、こんばんは。

前回のブログでは、昨年の10,11,12月頃に
東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)にて取り組んだこと「現状把握ときっかけづくりの活発化」を思い返しながらお届けしましたが、今回はその後(今年の1,2,3月頃)に取り組んだことをお届けしたいと思います。

「現状把握ときっかけづくりの活発化」の次に意識して取り組んだこと


それは


「自主的かつ創造的な姿勢・雰囲気づくり」です。


最近のブログで何度もお伝えしていますが、私は東工大YVPを「賑わいのある施設」にしていきたい。

そのためには、東工大YVPスタッフだけでなく、入居企業や運営連携機関などの方々が自由に自分の意見や提案を出し合う雰囲気づくりが大切であると私は思います。

当然、「賃料を半額に下げてほしい」などといった注文には応じられませんが、最初から意見や提案を受け付けない姿勢ではいけない。

いろんな人からいろんな意見や提案を出してもらう、こういったことが東工大YVPの活性化、やレベルアップに繋がり、ひいては「賑わいのある施設」になると信じています。

運営を始めて10か月ぐらいが経過した今年の1月頃、東工大YVPスタッフもインキュベーション施設の運営というものに慣れてきた感もあり、自主的に活動した方がより望ましいと判断しました。

また今年の1月から私の後任募集の公募を始めたこともあり、今後の東工大YVP運営を考えると、スタッフのみんなには主体的、かつ創造的に行動してほしかったからです。

東工大YVPの運営方針はあるが、具体的な活動計画は、おのおのが顧客の立場を踏まえて、主体的に、かつ創造的に考え行動することが最適であると私は考えています。

上から言われたとおりに行動するだけでは、スタッフの成長もなければ、かつ東工大YVPの成長もありません。

この取り組みをしたのが、今年の1,2,3月頃、まさに今も実行中のことです。


以上、ここ数日、昨年の4月から今現在までの東工大YVPでの活動を思い返しながらお届けしてきました。

いかがでしたでしょうか?

みなさんの率直なご感想などいただければ幸いです。


BodyQuest「ボディデザインプログラム」6か月間のトレーニングが終了しました。

自分でもよく継続できたと思います。

森インストラクター、ボディデザインプログラムのおかげです。

ありがとうございました。

ボディデザインプログラム


「起業家」寺子屋コミュニティ(mixi)では、現在まで「21のテーマ」をお届けしています。

【第21回テーマ】は「カップヌードルのポリ容器を紙容器に、日清食品がエコ対策」です。
既にいくつかコメントもいただいており感謝しています。

世界中で日々起こっている現実のテーマをもとに、
 日本が、
 日本人が、
 日本の起業家が、
すべきことを考える、ちょっと真面目な変わったコミュニティです。

皆さんのご参加をお待ちしています。


mixiへの招待をご希望の方は、 私のGメールpeer.business@gmail.comまでご連絡ください。


ranking
最後に
応援クリックを