★「独立起業支援!悩み解決館(中小企業診断士
 養成課程編)」へようこそ★

ranking
お読みになる前に
ぜひクリックを
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜36テーマ、380サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【中小企業診断士養成課程fujiteru日記】

皆さん、こんばんは。

先週の金曜日と今日(月曜日)の2日間は、第8期中小企業診断士養成課程の最初の演習を行いました。

皆さん、最初の演習の「テーマ」って何だと思いますか?

中小企業診断士になるために不可欠なスキルを学ぶテーマの演習です。

経営戦略、マーケティング、財務会計、人材マネジメント・・・・・

学ぶべきテーマはいろいろとあります。

その中でも、まず最初に学んでほしいテーマとは。

それは「助言能力」です。

「助言能力」の演習テーマでは、経営目標の達成を図るため、企業の問題発見・問題解決プロセスに参加し、信頼感を獲得したうえで、的確な指導・支援・アドバイスができるスキルを修得することを目標にしています。

「助言能力」の演習テーマは以下の3つの科目から構成されています。

 .灰鵐汽襯織鵐箸了弭曜
 ▲灰鵐汽襯織鵐箸離灰潺絅縫院璽轡腑鵐好ル
 コンサルティングプロセス

最初の2日間は「コンサルタントの思考法」という科目を行います


「コンサルタントの思考法」では

 1.経営コンサルタントの思考法の土台となる論理思考を修得すること
 2.コンサルティング技術の土台となる問題発見、問題解決の思考技術を修得すること

を目標にしています。

論理思考であります「帰納法」「演繹法」や、ロジカルシンキングであります「WHYツリー」「HOWツリー」の活用スキルを学習のポイントとしています。

中小企業診断士養成課程では、単なる「知識」を修得する演習ではなく、「考え方」を修得する演習をしています。

中小企業診断士として活躍していくためには「考え方」が大切だからです。

中小企業の状況、経営者の資質に全く同じものは2つとありません。

また、世の中の環境は刻一刻と変化しています。

知識や成功事例を学ぶのではなく、臨機応変に対応できるスキル「考え方」を学ぶことを重要視しています。

その「考え方」を修得するテーマが「助言理論」なのです。

グループに分かれて2日間、ビジネスケースを用いたディスカッションをじっくりと行いました。

さぞかし「脳」が疲れたことでしょう。

今後、本ブログでは第8期の進捗に合わせて、中小企業大学校東京校が実施する中小企業診断士養成課程のカリキュラムをご紹介してきたいと思っています。

お楽しみに。


*** 中小企業診断士養成課程情報 ***

第9期中小企業診断士養成課程の申込みを受付中です(締切日:12月12日)。申込方法の詳細はコチラに掲載していますのでクリックしてご覧くださいませ。

********************


ranking
最後に
応援クリックを
 
あなたのワンクリックがブログランキングに反映されます。クリックへのご協力をお願いいたします。