★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

「1日1クリック」にご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

第10期中小企業診断士養成課程では、昨日(10月14日)までの4日間、机上実習が行われました。

来週後半から始まります1回目の診断実習「流通業経営診断実習」の予行練習の位置づけでもあります。

現状分析・目標確認⇒問題の把握⇒問題点の構造化⇒課題の抽出⇒新ストアコンセプトの策定⇒部門別の現状と問題点の整理⇒部門別課題の抽出⇒部門別改善策の策定⇒報告書作成⇒プレゼンテーション

という基本的な診断プロセスを一通り体験していただきました。

研修生の皆さん、お疲れさまでした。

特に、部門別課題の抽出は新ストアコンセプトを踏まえた内容となっており、とても整合性のある提案内容となっていました。

良かったです。

反面、残念な点もありました。

それは、そもそもの診断の「目的」や「目標」が不明瞭で、診断先企業が聞きたいポイントがぼやけた改善策、報告書、プレゼンテーションとなっていた点です。

クライアントであります診断先企業の診断要望をかなえることができる提案内容とすること、また経営目標を達成することができる提案内容とすることが、そもそもの診断の「目的」「目標」です。

初めての診断経験なので、どうしても「診断プロセス」という内向きに意識が集中してしまい、そもそもの診断の「目的」「目標」という点から意識がそれてしまったのかな。

「何のために診断するのか?」
すごく当たり前のことですが、きちんと認識しながら診断プロセスを実行していきましょうね。

そうしないと「診断ゴッコ」になってしまいますので。

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
fujitreuが独自に開発しましたレッスン書を用いたメールによる創業支援サービス「創業ワルツレッスン」への受講申込を受付中です。
詳細はココをクリックしてご覧ください。
       独立起業の情報をさらに見る → ranking
**********************