★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

「1日1クリック」にご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今日は毎週末お届けしています「起業一文字心得」の第31回です。

「起業一文字心得」とは、起業にあたり起業家が持つべき心得を漢字一文字で表現して、その内容をfujiteruが解説していくものです。

1分以内で読んでいただける内容ですので、お読みいただき、ぜひ、皆さんのご意見をコメントしていただければ幸いです。

では「起業一文字心得」の第31回をお届けしていきます。


第31回は「責」。

ビジネス活動における損失は経営者(起業家)が全責任をとるものです。

経営者には大きな権限がある反面、損失は基本的に全て経営者の責任となります。

経営者の判断や行動が会社と従業員の将来を決めると言っても過言ではありません。

だからといってビジネス活動において、決して萎縮する必要はありません。

大きな責任と権限があることを十分自覚して真摯に経営に臨みましょう。

それができる人が経営者なのです。


**** 
fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
fujitreuが独自に開発しましたレッスン書を用いたメールによる創業支援サービス「創業ワルツレッスン」の受講申込を受付中です。
詳細はココをクリックしてご覧ください。
      独立起業の情報をさらに見る → ranking
**********************