★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

「1日1クリック」にご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。


今週末はfujiteru独自のレッスン書を用いたメールによる創業支援サービス「創業ワルツレッスン」のレッスン2導入部をご紹介します。


fujiteru
がどのような想いや理由でレッスン書を作成し創業サポートをしているかが垣間見えるかと思いますよ。

【レッスン2の導入部】

 

創業ワルツレッスン「レッスン2」は、「お客さんと商品・サービスを仲良しにしましょう」レッスンです。「仲良し」でなければ商品・サービスはお客さんには届きません。逆に「仲良し」であれば、お客さんは商品・サービスを手に取るのです。


意外に思うかもしれませんが、「仲良し」これが創業を実現させるための一番の肝なのです。「仲良し」になるにはお互いの相性が良くないといけません。

人間関係も同じですよね。「仲良し」これは、ビジネスに限らず人間社会において、とても大切なことです。


では、「お客さん」と「商品・サービス」との相性を良くしていきましょう。そのためには、「お客さん」と「商品・サービス」の性格を明確にしなければいけません。お互いの性格が曖昧なままでは、相性を良くする方法も曖昧になってしまい「仲良し」になる可能性が少なくなってしまいます。

まず「お客さん」と「商品・サービス」のそれぞれの性格を明確にしていきましょう。


私が創業の相談を受けていますと、「販売方法」や「利益計算」を詳細に検証した事業計画書を持って相談に来られる方がいます。販売方法の計画内容が素晴らしいので、自分をアピールするのが得意な方なのでしょう。

しかし、とても残念なことに「お客さん」と「商品・サービス」の内容が不明確なことが多いのです。例えばお客さんは「若い女性」。商品は「リビング雑貨」。これだけ。これではお客さんと商品・サービスの内容が曖昧であり、本当に「仲良し」であるかどうかはわかりません。


あなたが今考えている「お客さん」と「商品・サービス」の内容はどうですか?まずは「お客さん」と「商品・サービス」を明確にしましょうね。


 



**** 
fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
fujitreuが独自に開発しましたレッスン書を用いたメールによる創業支援サービス「創業ワルツレッスン」への受講申込を受付中です。
詳細はココをクリックしてご覧ください。
      独立起業の情報をさらに見る → ranking
**********************