★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今回も「fujiteruが考える中小企業診断士養成課程における指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けします。


まずは、前回提示した質問「「グループ学習を効果的に進めていくためのもう1つのポイントは何か?」について回答していきます。


ポイントの2つ目は「集合作業と個別作業のメリハリをつけること」です。


グループ学習においては、研修生全員による議論等の「集合作業」に加えて、当日の学習内容を研修生個々が振返り、また翌日に議論するテーマについて事前に検討するという「個別作業」が、研修生個々の修得度合いを高めることに繋がるからです。


中小企業診断士養成課程を運営する事務局では、研修生がスムースに集合作業と個別作業のメリハリをつけられるようなルールをつくり、そして徹底することを心掛けています。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


今後は、中小企業診断士養成課程のカリキュラムの中でも、特に、5回行う「診断実習」における実習指導員の指導(育成)方法等について質問形式でお届けしていきたいと思います。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「診断実習の先生である実習指導員のミッションは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteru
の考えを次回のブログでご紹介していきます。

 

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。
詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
      有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************