こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第8章アドバイザーに聞いてみよう「8−1 まずは行動から」】

第7章「おさらい」はいかがでしたか?

二度目の方は、新たな「気づき」があったかと思います。人間の考えは日々変わっていきますので、同じ内容でも再度読み直すことによって、違うことを学んだり・気づいたりすることがありますね。

第8章のテーマは「アドバイザーに聞いてみよう」です。 

ビジネスモデル図が創れたら、次のステップは「事業計画書(ビジネスプラン)の作成」に入るのがセオリーかもしれません(同じようなことを前も言ったかと)。

本講座は、起業初心者向けですので、事業計画書の作成に入る前に、ビジネスモデル図を「アドバイザー」に話してみることを次のステップとします。

経営知識の豊富なアドバイザーからの客観的な意見を伺うことも大切ですが、他人に話すことにより、

  .咼献優好皀妊訖泙再整理される

  ▲咼献優好皀妊訖泙良堡に気づく

  ビジネスモデル図がブラッシュアップされる

という効果があります。

第8章最初
のテーマは「まずは行動から」です。

机上で考えているだけでは「起業」はできません。考えて、そして「行動」あるのみです。

いわゆる経営アドバイザーと呼ばれている方々に、皆さんが作成したビジネスモデル図の内容を話してみて、

  ]斥的におかしくないか?

  ▲咼献優好皀妊襪箸靴得立しているか?

  次の一歩は何か?

を聞いてみましょう。

既存の中小企業であれば、決算書や現状調査結果をもとにした経営分析など、アドバイスのセオリーがありますが、起業支援にはセオリーがありません。

同じ質問を複数のアドバイザーにしても、みんなから同じアドバイスを受けることはまずないでしょう。

逆に言うと、同じアドバイスを受けたということは、そこに弱点がある可能性が高いのです。最低5名のアドバイザーに聞いてみましょう。

次回からは、アドバイザーに無料で相談できる支援機関をご紹介していきます。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ