こんにちは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−1 USPとは」】

第9章から第11章にかけて「価値設計」をお届けしていきます。

価値設計とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。ビジネスの根幹のところです。

いかに「マーケティング戦略」「収益計算」などを緻密に計画しても、「ビジネスの根幹」が構築できていなければ、絵に描いた餅になってしまいます。

価値設計の第1弾となる第9週のテーマは「商品・サービスのUSPを明確にする」です。

USPとは「Unique Selling Proposition」の頭文字をとったものです。読み方は、ユニーク セリング プロポジション。

日本語で訳すと「あなたならではの売り」を意味します。

,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?

△修譴聾楜劼砲箸辰討痢崘笋蝓廚砲覆辰討い泙垢?

ホントにそれは一番の「売り」ですか?

ぁ崘笋蝓廚魄豸世任錣りやすく伝えられますか?

この「売り」を一言で表現できなければ、商品・サービスもなかなかお金に変わりません。

第9章は、本ブログ講座の「第4章事業アイデアの構築」にて設定していただいた「商品・サービス」を掘り下げていくイメージです。

次回から、「商品・サービスのUSPを明確にする」考え方を、できるだけわかりやすくお届けしていきますのでお楽しみに!


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ