こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第11章価値設計(顧客ベネフィット)「11−1 3つの顧客ベネフィット」】

いよいよ、第9章からお届けしています「価値設計」の最終週となります。

ちょっと再確認します。

「価値設計」とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。

まさに、ビジネスの根幹のところです。

いかに「マーケティング戦略」「収益計算」などを緻密に計画しても、根幹である「価値設計」が構築できていなければ、その計画は絵に描いた餅になってしまいます

第9章で明確しました商品・サービスの「USP」と、第10章で明確にしました「顧客ターゲット」を踏まえて、第11章では「顧客ベネフィットを明確にしよう」をテーマにお届けしていきます。


顧客は、あなたが提供する商品・サービスを目にしたり、手に取ったりすることにより、将来受けるであろう利益(顧客ベネフィット)を頭の中で思い巡らせ、商品・サービスを購入・申込するか否かを判断するのです。

顧客ベネフィット(利益)があるから、商品・サービスはお金に変わるのです。

顧客ベネフィットには、3段階あります。

ゝ’修ら受ける顧客のベネフィット(機能的ベネフィット)

短期的に心に生じる利益(情緒的ベネフィット)

C罅δ拘的に心に生じる利益(精神的ベネフィット)

次回から1つずつ「顧客ベネフィット」を明確にしていく考え方についてお届けしていきます。

さあ、皆さん「顧客ベネフィット」を明確にしていきましょう!


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ