こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第11章価値設計(顧客ベネフィット)「11−3 情緒的ベネフィット」】

今回のテーマは顧客ベネフィットの中の「情緒的ベネフィット」です。

情緒的ベネフィットとは、「所有や利用の結果、顧客に楽しさを与える価値であったり、五感に訴求する価値(短期的)のこと」です。

言い換えれば、「機能的ベネフィット」から「短期的に心に生じる利益」のことです。

情緒的ベネフィットを明確にするポイントは以下の2点です。

〜芦鸚瀋蠅靴拭峙’重ベネフィット」との繋がりを意識すること

第10章にて設定した「顧客ターゲット」の立場で考えること

抽象的ですとわかりづらいので、前回と同様に具体例(LEON)をあげながらお届けしていきます。

機能的ベネフィットは「もてるためのディテールがわかる」でしたね。

では、情緒的ベネフィットは何になるでしょう?

これも、プロファイル分析や機能的ベネフィットと同様、1つだけではありません。

1つの例として、情緒的ベネフィットは「判断基準ができる喜び」です。

ぜひ、ご自身の商品・サービスについて「情緒的ベネフィット」を考えてみましょう! 

今日の講座はこれで終了です。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ