こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第11章価値設計(顧客ベネフィット)「11−4 精神的ベネフィット」】

今回のテーマは顧客ベネフィットの根幹である「精神的ベネフィット」です。

精神的ベネフィットとは、「自己のパーソナリティと長期に関わる価値」「所有や利用の結果ではなく、行為そのものへの長期的な価値」のことです。

言い換えれば、「機能的ベネフィットから長期的に心に生じる利益」のことです。

精神的ベネフィットを明確にするポイントは以下の4点です。

〜芦鸚瀋蠅靴拭崗霆鐡ベネフィット」との繋がりを意識すること

第10章にて設定した「顧客ターゲット」の立場で考えること

D拘的に受ける顧客ベネフィットであること

ぢ召両ι覆筌機璽咼垢謀祥僂任る内容であること

なお、このテーマについては、過去の記事「2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう」でもお届けしていますので、ご覧くださいませ。

抽象的ですとわかりづらいので、前回と同様に具体例(LEON)をあげながらお届けしていきます。

機能的ベネフィットは「もてるためのディテールがわかる」でしたね。

情緒的ベネフィットは「判断基準ができる喜び」でしたね。

では、精神的ベネフィットは何になるでしょう?

これも、プロファイル分析同様、1つだけではありません。

1つの例として、精神的は「モテオヤジを仮想体験できて楽しい」です。

ぜひ、ご自身の商品・サービスについて「精神的ベネフィット」を掘り下げて考えてみましょう! 

第9〜11章にかけてお届けしました「価値設計」は、今回の講座で終了となります。

自社の商品・サービスの「USP」と「顧客ターゲット」を明確にした上で、顧客ベネフィットの「精神的ベネフィット」を掘り下げて考えるクセを、ぜひ身につけましょう!

顧客ベネフィットが真の価値です。顧客ベネフィットの価値がお金にかわるのです。

「価値設計」これは、ビジネスの根幹のところですので、一度ぜひチャレンジしてみることをオススメします!

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ