こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第1
章利益設計(採算性)「14−3 限界利益

今回は損益分岐点や事業採算を計算する上で役に立つ概念である「限界利益」についてお届けしていきます。

「限界利益」とは売上が1単位増えることで増える利益のことで、売上高から変動費を引いたものです。

 
限界利益=売上高−変動費

そして、限界利益から固定費を引いたものが利益(経常利益)となります。

 
経常利益=限界利益−固定費

また、限界利益を売上高で割った数値を「限界利益率」といいます。

「限界利益率」は売上が1単位増えることで利益がどれだけ増えるかという割合を表しています。

 
限界利益率=限界利益÷売上高=1−変動費率

    (変動比率=変動費/売上高)

今回の講座は以上でおしまいです。次回は「損益分岐点の計算」をお届けします。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ