こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第17章広報設計「17−1 広報の基本」】

第17章では、起業を実現させるのに大切な「5つの設計ポイント」の最後であります「広報設計」についてお届けしていきます。

5つの設計ポイント」は以下のとおりです。

1.価値設計

2.利益設計

3.資金設計

4.組織設計

5.広報設計

「広報設計?」 聞きなれない言葉かもしれません。

広報は、小資本でも効果が出せる有益な起業活動であると考えています。  

あくまでも、広告ではなく「広報=パブリックリレーション」です。

 
広告  自社 ⇒ 顧客

 
広報  自社 ⇔ 顧客

明確に区分しておりますので、お忘れなく!


第17章も、前章に引き続き、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。


では始めていきますね。


ようやく自社の商品を販売できる目処がつきました。しかし、どのようにお客さんに、自社の商品を知ってもらうのがいいのでしょうか? 雑誌などへの広告は、自社の予算では実施できません。口コミといっても、すぐに効果がでるのかどうかわかりません。今さらですが、正直なところ悩んでいます。 


大丈夫ですよ。少ない予算でも、お客さんに伝える手段はいろいろあります。ひとつずつ整理していきましょう。まず商品について教えてください。


マーケティング用語的には消費財の買回品です。お客さんが自らのために購買する商品であり、いろいろな商品を見て回り、時間を費やして比較した上で購入するような商品です。


次に、お客さんのターゲットを教えてください。


20〜30歳の女性です。


もっと詳しく教えてください。例えば、

24歳女性。独身。都内某銀行勤務。渋谷区の自宅で家族と同居。

年収500万円。趣味は「ヨガ」「食べ歩き」「ラクロス」「海外旅行」。

情報収集源は「携帯」「雑誌」。

といったように、具体的にお客さん像を明確にしてください。


まさに、そのような女性が想像しているお客さんです。


ほんと? 


ほんとですって。。


では、次に「販売経路」を教えてください。


インターネットによる「直販」と、小売店への「卸売」です。 


WEBの開設や、小売店との調整は順調なのですか?


順調に進んでいます。


いいですね。では、本題に入っていきます。お客さんは、何を考慮してさんの商品の良し悪しを判断するのでしょうか? 


商品の「機能」「デザイン」「値段」「品質」だと思います。


以上のような点を判断する際に、お客さんの心の中には、前提となる「○○感」があるはずです。この「○○感」が、広告と異なり、広報にはとても重要な要素なのです。何だと思いますか?


わかりません。。。


自分がお客さんになったつもりで、考えてみてください。


今回は以上で終了です。

皆さん「○○感」は、何だと思いますか?



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ