こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第2章「準備"実践編"をしよう」】


「2−37 外国人雇用の進め方」


国内の雇用市場において、業種・職種によっては人手不足に悩む企業も数多く
見受けられます。そうした企業にとって、外国人労働者は重要な労働の担い手
であり、またそのニーズも多様化しています。日本企業が外国人労働者を求める
場合は、単純労働が多いようですが、就労制限を受けない永住者などを除き、
国籍に関わらず、外国人の単純労働者の受け入れは法律上認められていません。
しかしながら、単純労働に従事する外国人の労働力は「安く雇える調整労働力」
の要素が強く、高い賃金を払えない企業や、日本人があまり好まない職種で
人手不足に悩む企業では、利用しやすい労働力としてまだまだ欠かせない存在と
されているのが実状です。


続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 


【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ