こんばんは、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第4章「起業した後」】


「4−7 個人情報保護法への実務対応」


「個人情報」とは、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別することが
可能な情報のことを言います。また、その情報単独では個人を識別できなくても、
ほかの情報と照合することで個人を特定することができれば、個人情報に
該当します。具体的には、
 ・氏名、生年月日、電話番号、会社における職位や所属
 ・本人が判別できる映像などの情報
 ・特定の個人を識別できるメールアドレスなどの情報
などのことを指します。
これらの個人情報をデータ化しコンピュータ処理することで、利便性は飛躍的に
向上しますが、それと同時に情報が漏えいする危険性も高まっています。
一度でも情報が漏えいしてしまえば、データは次々と不特定多数の人に広がる
可能性があります。



続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 


【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ