独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

独立起業超入門講座(広報設計)

17−2 広報と信頼感

こんばんは。
 今日は、MINATOインキュベーションセンター利用希望者(7者)との面接を行いました。
 皆さん、新しい事業にチャレンジしようと志している方々です。
 しかし残念ながら、募集枠数やMIC運営方針から、利用できない方もおります。
 過保護に支援する必要はありませんが、新しい事業にチャレンジする方々を支援する制度や仕組みが、より充実してもいいのにとあらためて実感しました。


 さて、講座に入りますね。
 昨日のご質問「○○感」に数多くの見解をいただきまして、ありがとうございます。
 皆さまからいただきました見解は、基本的に正しいものばかりです。 
 以下にお届けします私の見解は、心の深層を掘り下げていき、たどり着いた「○○感」です。
 この「○○感」と「広報」とがどのように関連しているかに着目してご覧ください。  


 では今日も、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。
 
 よろしくお願いします。 

 では始めていきますね。





「○○感」とは「信頼感」です。


「信頼感」?
 「信頼感」が、商品の良し悪しを判断する決定的なポイントではないかと思いますが。


たしかに「信頼感」が最終的な決定ポイントとなることは少ないですね。
 しかし「信頼感」が、判断する者の心の根底(深層心理)にあるはずです。
 「信頼感」があってこそ、商品の「機能」「デザイン」「値段」「品質」などを納得して判断できるのです。


なるほど。
 でも「信頼感」って、なかなか構築できないですよね。
 老舗ならともかく、特に起業したてで売上実績のない会社などは、お客さん(市場)からの「信頼感」ってないですよね。
 うちの会社も、まさに起業したてで売上実績がありません。
 困ったなあ。


そこで、小さな会社でも大きな武器になるのが「広報」なのです。
 メディアを通じて、自社の商品や事業内容を広報(PR)することにより「信頼感」が生まれます。
 自分のことを自分でほめても相手は納得しませんが、世間的に信頼のあるところがほめてくれれば相手は納得しますよね。


どんなメディアが「信頼感」構築に効果的なのでしょうか?


いろんなメディアがありますね。
 しかし、一概には言えませんが、やみくもに広報にチャレンジしても、なかなかメディアは取り上げてくれません。
 さん、明日までに、どのような順番でメディアにアプローチするのが効果的か検討してみてください。
 当然、顧客ターゲットも意識してくださいね。


検討してみます。




 皆さんもさんといっしょに、メディアへのアプローチ手順を検討してみましょう。


 ぜひ、皆さんの検討結果をお聞かせください。


 相互リンクも引き続き募集中です!

 
 お気軽にお申し出ください。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

第17週 起業時の広報設計

***********************
 第17週の内容 
   17−1 広報の基本           8月28日
   17−2 広報と信頼感          8月29日
   17−3 小規模なメディア        8月30日
   17−4 プレスリリース資料       8月31日
   17−5 新聞記者さんへのアプローチ 9月2日
   17−6 広報活動をしよう!       9月4日
***********************

【17−1 広報の基本】

こんばんは。
 今日はいくぶん涼しくて過ごしやすかったですね。
 今も窓を開けると涼しい風が入ってきます。
 私の住んでいる場所が、比較的、海に近い場所だからかな? 


 さて、今週の講座を始めていきますね。


 今週は、いよいよ、起業を実現させるのに大切な設計ポイントの「5つ」の最後であります「広報設計」についてお届けしていきます。


 5つの設計ポイントは以下のとおりです。
 ぜひもう一度、クリックして確認してみてください。 

   1.価値設計
   2.利益設計
   3.資金設計
   4.組織設計
   5.広報設計


 「広報設計」、、、聞きなれない言葉かもしれません。


 「広報」は、起業時には特に重要であり、かつ小資本でも効果が出せる活動であると考えています。  


 あくまでも、「広告」ではなく、「広報=パブリックリレーション」です。

   広告  自社 ⇒ 顧客
   
   広報  自社 ⇔ 顧客

 
これは、意識して区分しておりますので、お忘れなく!


 では今週も、前週に引き続き、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。
 
 よろしくお願いします。 

 では始めていきますね。



ようやく自社の商品を販売できる目処がつきました。
 しかし、どのようにお客さんに、自社の商品を知ってもらうのがいいのでしょうか?
 雑誌などへの広告は、自社の予算では実施できません。
 口コミといっても、すぐに効果がでるのかどうかわかりません。
 今さらですが、正直なところ悩んでいます。 


大丈夫ですよ。
 少ない予算でも、お客さんに伝える手段はいろいろあります。
 ひとつずつ整理していきましょうね。
 まず最初に「商品」について教えてください。


マーケティング用語的には「消費財」の「買回品」です。
 お客さんが自らのために購買する商品であり、いろいろな商品を見て回り、時間を費やして比較した上で購入するような商品です。


次に「お客さん」のターゲットを教えてください。


20〜30歳の女性です。


もっと詳しく。
 例えば、
   24歳女性。独身。都内某銀行勤務。渋谷区の自宅で家族と同居。
   年収500万円。趣味は「ヨガ」「食べ歩き」「ラクロス」「海外旅行」。
   情報収集源は「携帯」「雑誌」。
といったように、具体的に「お客さん像」を明確にしてください。


まさに、そのような女性が私が想像しているお客さんです。


ほんと? 


ほんとですって。。


では、次に「販売経路」を教えてください。
 

インターネットによる「直販」と、小売店での「卸販」です。 


WEBの開設や、小売店との調整は、順調なのですか?


順調に進んでおります。


いいですね。
 では、本題に入っていきますね。
 お客さんは、何を考慮してさんの商品の良し悪しを判断するのでしょうか? 


商品の「機能」「デザイン」「値段」「品質」などだと思います。


以上のような点を判断する際に、お客さんの心の中には、前提となる「○○感」があるはずです。
 この「○○感」が、広告と異なり、「広報」にはとても重要な要素なのです。
 何だと思いますか?


わかりませんね。。。


自分がお客さんになったつもりで、考えてみてください。




 皆さん「○○感」は、何だと思いますか?


 ぜひ、皆さんの考えをお聞かせください。


 相互リンクも引き続き募集中です!

 
 お気軽にお申し出ください。



人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ