独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

プレゼンテーション

あと17時間

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ
 日記)」へようこそ★

ranking
クリック(ココ)への
ご協力をお願いします
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜36テーマ、380サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

現在、fujiteruが担当している診断実習の報告会まで、あと17時間となりました。

研修生の皆さん、あと一息です!

報告会では診断報告書やプレゼン資料をもとに、経営者や従業員へ診断結果のプレゼンテーションを行います。

fujiteruも多くの人の前でプレゼンテーションをすることがありますが、いつも気をつけていることがあります。



それは



何だと思いますか?



とても当たり前のことですが



「誰に対して、何を伝えたいのか!」


を、プレゼンテーションの前に具体的にするということです。

誰とは、「〇〇さん」といったように特定します。

そして、何をについても、「△△について」といったように特定します。

たとえ、30名の前でプレゼンテーションをする場合でも、「この内容はこの人に伝えなければ」という想いを持って話をすることが大切だと思っています。

そうすることにより、話し言葉の表現も相手にあわせやすくなるはずです。

決して、一方的なプレゼンテーションではいけません。

ビジネスにおける顧客目線と同じです。


研修生の皆さん、報告会終了まで応援しています。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

8月8(土)に開催します創業初心者向け無料相談会「第13回創業ラボ個別相談会」への申込受付の締め切りが間近です(7月29日まで)。
相談希望者はココをクリックしてお申込みください。

   独立起業の情報をさらに見る → ranking
********************

起業実現の確率を高めるプレゼンテーションはコレだ!

★「独立起業支援!悩み解決館(中小企業診断士
 養成課程編)」へようこそ★

ranking
お読みになる前に
ぜひクリックを
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜34テーマ、400サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【中小企業診断士養成課程fujiteru日記】

皆さん、こんばんは。

今日はfujiteruオススメ情報をお届けします。

それは、特に起業準備段階の方、起業初期段階の方、新事業を立ち上げる経営者に超オススメなDVD「相手に決断を迫るプレゼンテーション」です。
  
fujiteruとオススメDVD







なぜ超オススメかと言いますと、このDVDの内容が

起業の実現に必須な

 「3つのアプローチ」と

 「プレゼンテーション資料作成」とが

リンク(連動)した内容

となっているからです。

3つのアプローチとは

 |膣屬鼎り 
 ∋餠盻犬瓠
 8楜匳犬

です。

この3つのアプローチをスムースに進めることが起業実現の確率を高めるのです。

そして、スムースに進めるために重要なポイントが「プレゼンテーション」なのです。

「プレゼンテーションが?」と不思議に思う人がいるかもしれませんね。

「プレゼンテーション」の真の目的は、相手に情報を伝える行為ではなく、「相手が決断し次のアクションを促す行為」なのです。

気づいていないかもしれませんが、起業(ビジネス)という活動は、プレゼンテーション(相手に決断を迫ること)の繰り返しなのです。

この起業において大切な「相手に決断を迫るプレゼンテーション」について、ここまで現実の起業活動と連動させた内容のレッスンDVDは他にないと言っていいでしょう。

また、内容がとてもわかりやすい点もオススメです。

プレゼンテーション資料の「BEFORE&AFTER」レッスンは、実際の事例を用いたものであり、特に初めて起業にする人にとってはとても参考になるはずです。

さすが、1,500件以上のビジネスを具体化させるデザインアドバイスをしてきた能登左知さんですね。

あなたも、このDVDを見て学んで、起業の実現へ前進してみませんか!

価格は5,400円(税込)と、かなり割安なレッスンDVDです。

DVDの詳細、申込方法はコチラをクリックしてください。

相手に決断を迫るプレゼンテーションDVD



このDVDの製作者であります能登左知デザイン研究所代表の能登左知さんは、起業家や中小企業経営者へ数多くのプレゼンテーション資料作成アドバイスや、全国各地で数多くの起業セミナーを行っている現在大注目のアドバイザーです。

能登左知さんのブログもご覧くださいませ。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

「fujiteru式創業ラボ」利用想定者のシナリオページを 7ページ開設しました「ビジネス社会で自己を確立すると考えている25〜35歳のクリエイティブな女性ビジネスマン」のシナリオページはココをクリックしてご覧ください。

********************

ranking最後に
応援クリックを
 
あなたのワンクリックがブログランキングに反映されます。クリックへのご協力をお願いいたします

ビジネスプランとプレゼン資料は表裏一体

こんばんは。


今日は第19週「プレゼンテーション」講座の最終テーマをお届けしていきます。




記事をお読みになる前に応援クリックを




今日のテーマは「ビジネスプランとプレゼン資料の関係」です。




皆さん、「ビジネスプランとプレゼン」には、どんな関係があると思いますか?





私が思うところ、それは







「表裏一体である」ということです。






起業支援をしていますと、うまくプレゼン資料が作成できなくて困っている起業家をよく見かけます。



プレゼン資料がうまく作成できない方の状況をお伺いしますと、パワーポイントで図をつくるテクニックが不足しているケースではなく、以下のようなケースが多いですね。



・事業スキーム図がうまく書けないケース


・プレゼンテーションの相手やシチュエーションが曖昧なケース




これはプレゼン資料の作成方法ではなく、「ビジネスプランそのものに課題がある」のです。



ビジネスプランの基本事項である、自社・顧客・取引先の関係、収益モデル、営業計画などが不明確なのです。



ビジネスプランが不明確なままでは、いくらパワーポイントの機能を最大限に生かして見た目のよいプレゼン資料を作成したとしても、中身のないプレゼン資料、プレゼンテーションとなってしまいます。



プレゼン資料の作成に行き詰ったら、一度、ビジネスプランに立ち返って考えてみることをオススメします。



ビジネスプランが明確であれば、効果的なプレゼンテーションが可能となり、ひいては、早期事業化が可能になります。




頭の隅にでも、記憶しておいてくださいね。




これで、第19週「プレゼンテーション」講座は終了とします。




明日は、皆さんへご報告があります。


では、おやすみなさい。

プレゼンは「練習」また「練習」

こんばんは。


今日もさっそく講座に入りますね。




記事をお読みになる前に応援クリックへご協力を。




今日のテーマは「プレゼンテーションが上達するコツ」です。





かなり乱暴な答えですが、






コツは








「練習」することです!








いろんなコツはありますが、これが一番のコツです。





私の考えでは、



プレゼンテーションも、スポーツと同様で、適切なコーチももとで練習すればするほど上達するはずです。



スポーツであれば、スポーツセンターなどに行って練習できますよね。



しかし、案外、プレゼンテーションを練習する場がないのです。



ということで、私が起業支援をしていますMINATOインキュベーションセンターでは、MICビジネスデザインスクールという「プレゼンテーションが練習できる機会」を提供しています。


スクール内容やスクール参加者からの感想は、コチラをクリックしてご覧ください。


MINATOインキュベーションセンターで開催しています数多くのスクールの中でも、参加者からの評判が一番良いスクールです。


3月開催のスクールは、コチラから参加者を募集しています!



プレゼンテーションスキルを上達させたいという方は、ぜひご参加ください。





しかし、参加できない方はどうすればいいのか?



「知人や家族の前でプレゼン練習をすること」です



知人や家族にお願いして、プレゼンテーションを聞く相手方の立場になったつもりで、心が動かされたかを判断してもらいましょう。




以上、「プレゼンテーションが上達するコツ」をお届けしましたが、明日は、本テーマ最後の講座となります。



お楽しみに!

プレゼン資料作成のポイントは視点

こんばんは。


さっそく今日のテーマに入りますね。




お読みになる前に応援クリックを。




今日のテーマは「プレゼン資料作成のポイント」です。




結論からずばりと言いますね!









「プレゼン資料作成のポイント」それは









「相手の視点」=「相手の知りたいこと」に重点を置くことです。






具体的には以下の流れで、プレゼン資料を作成していきます。



.廛譽璽鵐董璽轡腑鵑量榲、相手、シチュエーションを決める



∩蠎蠅知りたいと思うであろう項目を書き出す



9猝椶鬟テゴリー毎にまとめる



ぅテゴリー毎にタイトルをつける



ゥテゴリー毎に1つずつ相手に訴えたいことを決める



Εテゴリー毎にできるだけ図を用いてプレゼン資料を作成する




プレゼン資料作成のポイントについては、



デザイン実務アドバイザーによるデザインブログ
  「視点を変えると・・・・」



能登左知デザイン研究所



にて、「プレゼンテーション」を切り口とした起業支援のプロであります能登さんがお届けしていますので、ぜひご覧くださいませ。




では次に、どのようにすればプレゼンテーションがうまくなるのか!



この点を、明日の講座でお届けしていきますね。




お楽しみに!


プレゼンもマーケティングが大事

こんばんは。

さっそく今日のテーマに入りますね。


記事をお読みになる前に応援クリックを




今日のテーマは「プレゼンテーションの成否は準備で決まる」です。




皆さん、プレゼンテーションをするために、最初にどんな準備をしますか?




既に作成済みの「商品説明チラシ」などのデータをもとに、パワーポイントのソフトを用いて、「プレゼン資料」の作成をしますか?



「プレゼン資料」を用いてプレゼンテーションすることは、視覚的に相手に訴えれることができるので効果的ですね。




しかし「プレゼン資料」を作成する前に、以下の3つの点を明確にしましょう!




.廛譽璽鵐董璽轡腑鵑料蠎蠅話か



∩蠎蠅鵬燭侶菽任鯒るのか



どんなシチュエーションでプレゼンテーションするのか





この3つの点を可能な限り明確にすることが、プレゼンテーションの成否に大きく関わってきます。



プレゼンテーションもマーケティングと同じで「明確化」がポイントなのです。



明確にすればするほど、起業家が相手に訴えるべき内容が明確になり、相手の決断がスムースになるのです!





では、起業家はどのような考え方で「プレゼン資料」を作成するのか!





このポイントを、明日の講座でお届けしていきますね。




お楽しみに!


起業にはプレゼンテーションが不可欠

こんばんは。


今日からは「起業「超」入門講座」第19週「プレゼンテーション」をお届けしていきます。


「プレゼンテーション」を切り口とした起業支援については、私のビジネスパートナーである能登さんがプロですので、能登さんのHPブログ、またコメントを活用させていただきながらお届けしていきます。




では、さっそく今日のテーマ「どうしてプレゼンテーションは重要なのか」に入りますね。




記事をお読みになる前に応援クリックへご協力を。




まず、最初に「プレゼンテーションとは何か」について、能登さんが実施していますスクールでのコメントをもとにお伝えします。




「プレゼンテーション」は、事業内容や商品・サービスを「説明」することでしょうか?







いえ、違います!







「プレゼンテーション」は「相手に決断を迫る行為」なのです!



ただ説明するだけでなく、「プレゼンテーション」には必ず「○か×か」の決断を迫る出口があるのです。




プレゼンテーションは「相手に決断を迫る行為」であるということを頭にいれて、今週の講座をお読みください。





では、今日の本題に入ります。



前週の本講座では「ビジネスプラン作成」をお届けしましたね。



認識している方もいるかと思いますが、「ビジネスプラン作成」と「事業成立」は直結していません。




その間には、必ず「関係者」が存在します。




関係者とは「お客さん」「ビジネスパートナー予備軍」「取引先企業」「金融機関」などのことです。



その関係者に対して、自社のビジネス、商品、サービスをもとに、様々な決断を迫ることが、起業時にはとても頻繁に発します。





具体的には、




「お客さん」には・・・商品を買うか否か


「ビジネスパートナー予備軍」には・・・ビジネスに加わるか否か


「取引先企業」には・・・取引するか否か


「金融機関」には・・・融資するか否か




毎日のように、起業時の経営者は「プレゼンテーション」をしていますね。


起業時の経営者と同じ場(MINATOインキュベーションセンター)で、起業支援をしていると、ほんとよく見かけます。



このプレゼンテーションを効率的(スムース)に行うことにより、起業のスピードアップ化が図れるはずです。



では、いかに「プレゼンテーション」を効率的にうまく実施していくか!



この点を、明日からの講座でお届けしていきます。



お楽しみに!


起業にはプレゼンテーションが不可欠!

こんばんは。

昨日に引き続き、私が勤務していますMINATOインキュベーションセンター(MIC)の取組みの中で、特に起業を目指している方に有益な情報をお伝えしていきます。


今日の有益情報は
「MICビジネスデザインスクールを開催」

1月12日から26日にかけて、3日間の開催です。


MICビジネスデザインスクールは、デザインの「考え方」を学んでいただく場です。


本スクールに参加頂きまして、あなた自身が自分に合ったベストな伝える表現手段を自分自身で見つけてい頂きたいと考えております。


ワーキング、個別プレゼン予行練習、プレゼン発表会がセットになった実践型のスクールです。


何はともあれ、実際に本スクールを受講した参加者の声が一番わかりやすいかと思いますので、ぜひコチラをクリックしてご覧ください。



また、12月8日付の日刊工業新聞に、本スクールの取組みが記事として紹介されました。


その時の受講生が、本人のブログでその記事を紹介しておりますので、コチラもぜひご覧ください。




なお、本スクールへの申込方法などの具体的な情報については、ココをクリックしてください。 1月5日が申込締切日です




今日の投稿は以上です。



ライブドア
12月21日付けのライブドア「ベンチャーブログランキング」で1位を獲得しました!

 皆さまのおかげです。




人気ブログランキングでも更なる上位を目指していきます!
今日も応援クリックをお願いします!。
コチラをクリックです!

プレゼン資料づくりについてのワンポイントアドバイス

どもです。ご無沙汰しております。

MICのデザイン実務アドバイザーの田原です。

さて突然本題。今日はプレゼン資料づくりについてのあんな相談こんな相談話。


今よくうける相談の一つにプレゼン資料づくりがあります。

MICは、助成金の申請で利用者さんたちはせっせと審査員へ事業を説明する

ための資料作りに励んでいます。 (がんばってますよね!)

だいたい面接はきっちり15分。その長くも短くもある時間内。

どんな資料が必要なのかな・・・・とお思いのあなたに届けるアドバイスは

こちら・・・


ここで大切なのは6つの組み立て(最低これは欲しいですね。)

  • *私は何者で、
  • *何をしていて、
  • *それはどのようなことができて、
  • *それをするにはどのような体制をくみ、
  • *どうやってそれをすすめていき、
  • *どこから資金を調達してくるのかを

以上を資料に置き換えてみると・・・・

  • *会社概要説明
  • *事業スキーム内容説明
  • *技術(製品)説明
  • *開発(研究・実施)体制説明
  • *事業化へ向けての今後約3年〜5年のスケジュール説明
  • *資金スケジュール説明

となります。


多くの資料を拝見してきましたが、資料はほぼ技術(製品・サービス)について

で話が終わってしまっている場合が多いです!が、それではもったいない!

スケジュールを立てるのです!現実に実現できるということを言い表して下さい。

相手を説得するのです!決断を迫るのです!

その事業をどうやって事業化させるのかを現実イメージできるように!。

「その事業いいね〜」だけでは事業化は進まないですよ。


それと良いプレゼントはとにかく準備に始まり準備に終わってもいいくらい、とに

かく不明な点をのこさない、詳細にまでも神経を張り巡らしている資料!姿勢

です!「えいや!」で既存の資料を様々なところからひっぱてきてがっちゃんこ

している資料はやはりどこかつじつまが合わなくなります。人はごまかせても

自分はごまかせられない!そのちょっとした気持ちの持ちようが大きな結果とし

て差が出ているのです。

それではみなさまも資料作り頑張ってください!


この秋くらいより田原もデザインよろず相談を始める予定に考えております・・・。

これからもよろしくどうぞ

まとまりのあるプレゼンとは。

NAVIの田原です。おはようございます。

 さて、今日もこんな相談。あんな相談。


相談者「ワン社のワン男です。明日からアメリカへわが社の医療器具を

      売り込に行くのですが・・・提案書を見てください。」

田原:いよいよですね。ワン男さん

相談者:は〜い。ようやくこぎついたって感じです。だけどもなかなかプレゼン 

       資料にまとまりが無くって。。。。

田原:(なるほど)では内容を見せていただきましょう。


はっきりいってこの手の相談は多いです。

 まとまりがつかなくなってしまう状態。これも書きたい。

 あれも書きたい。あのイメージも入れたい。この話も入れたい。

 書き始めると20から30枚の資料と膨れ上がってしまっている場合も!

 話すべきことと見せるべきことを分けて考えるのです!

 きゃー。それでは説明するほうもばてちゃいますし、聞いているほうも、長い! 

 聞いているほうもきっと「早くこのプレゼンから開放されたい・・・」

 など(思われたくないですが、)思っているかもしれないです。

 そう思われないためにも!

 ではまとまりある資料とは?そもそもを考えてみる必要がありますね。

 


とにかく、なぜ自分がそこに居るのかを説明する必要がありますね。

  しかも手短に。(趣旨と目的です!)

  I'm giving you a presentaion today, because....

そして常に相手にどのようなメリットがあるのかを伝える必要があります!

  It will bring you some profits, because.....

    提案は常に両者がWIN-WINな関係!が望ましいです。

  よく見るのが、提案というなの単に「お願い」になってしまっている場合が

  あります。提案を受ける側も、ボランティアで仕事はしていないわけで、

  そこから得るものが無いと判断すればのってこないです。みなさんも

  そう思いませんか?


それから、

  もちろん、資料はあるにこしたことはないですが、

  あまり資料にこだわる必要は無いのです。大切なのは論理的な

  アイディアとハート(いつも言いますが素直な心!)!

  資料を上手く説明しようとおもうよりも、とにかく自分が提案者に対して

  何をどうしてもらいたいのか、そしてどうなりたいのかを話すのです。

  資料は自分の説明の補足であり、自分が紙芝居のようにそれを読みに

  いくのではないのですよ。

  まとまりある資料とは、論理的展開がある理解しやすい資料なのです。

  プレゼン資料にまとまりがない=自分の事業モデルが煮詰め切れてな

  いということです。まずは頭の中を整理。資料はそれをピクチャライズ

  (可視化)しただけのことなのです。。。。

わんさん、頭の中がすっきりしましたか?がんばってくださいね。

  

 

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ