独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

独立起業超入門講座(利益設計・採算性)

[F]第14章利益設計(採算性)「14−5 採算性計算事例」

おはようございます、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第1
章利益設計(採算性)「14−5 採算性計算事例

今回は第14章「利益設計(採算性)」の最終回「採算性の計算事例」をお届けします。

さっそく採算計算の事例問題に入ります。

「事例問題」
 
年間売上高が1億円で、商品の原価が6,000万円、その他諸経費が2,000万円である。
 
総費用のうち、固定費が3,000万円である。
 
このときの「利益」はいくらになるか?
 
また、「損益分岐点」はいくらかになるか?

「問題解答」  
 
最初に「利益」を求めます。
 
利益は、売上高−総費用で求められます。
 
総費用は、商品の原価+その他諸経費であるので、
    
利益= 100,000,000 (60,000,000 20,000,000)
       
20,000,000

 
次に総費用と固定費から「変動費」を求めます。
 
変動費は、総費用−固定費で求められますので、
    
変動費= 60,000,000 20,000,000 30,000,000
         
50,000,000

 
その次に「損益分岐点」を求めます。
 
損益分岐点は、固定費÷(1−変動費率)で計算できます。
 
変動費率は、変動費÷売上高であるので、
    
損益分岐点= 30,000,000 ÷ (1−50,000,000÷100,000,000
           
60,000,000

 
よって、利益は「20,000,000円」、損益分岐点は「60,000,000円」となります。

以上の計算から、採算性検証(採算計算)の基本である「損益分岐点」が求められます。

さらに、利益がきちんと生み出される仕組みであるかどうかを検証する「利益設計」の段階で、ポイントであると私が考えているのは、第13章にてお届けしました「原時」です。

原時とは「時間の概念」です。

「時間の概念」でも、損益分岐点の売上高の採算性を検証してみましょう。(これから先は第13章「13−3原時の復習です)

「売上」を分解すると以下のとおりですね。

 
「売上」=「商品・サービスの価格」×「顧客数」

「商品・サービスの価格」が決まっているので(決めると)

 
「年間顧客数」=「年間売上」÷「商品・サービスの価格」

を計算してみましょう。

「年間顧客数」は、何者(社)でしたか? 100社、1000者、それとも10000者ですか?

この数は、皆さんの事業(ビジネス)により様々ですね。

この「年間顧客数」に原時の考え方を導入してみますと、

 
「年間顧客数」×「原時」=「顧客に商品・サービスを提供する総時間(総日数)」

「総日数」これが365日を超えるか否かがポイントです。

 
「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総日数」<365

事業の「実現性・採算性」には、「お金」の概念も重要ですが、「時間」の概念も同じくらい重要なのです。

ぜひ皆さん、「時間」の概念でも、事業の実現性・採算性を検証してみましょう。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第14章利益設計(採算性)「14−4 損益分岐点計算」

おはようございます、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第1
章利益設計(採算性)「14−4 損益分岐点計算

今回のテーマ「損益分析点計算」をお届けしていきます。

損益分岐点とは、限界利益と固定費が同じ金額となる売上高のことです。すなわち、利益がゼロになる売上高のことです。

 
利益=売上高−変動費−固定費

変動費を変動費率で表すと

 
利益=売上高−変動費率×売上高−固定費

損益分岐点は以下のようになります。

 
0=売上高(1−変動費率)−固定費
          

 
売上高(1−変動費率)=固定費
          

 
売上高=損益分析点=固定費/(1−変動費率)
              
=固定費/限界利益率

今回は「損益分岐点計算」はこれでおしまいです。次回は「損益分岐点の計算事例」をお届けします。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第14章利益設計(採算性)「14−3 限界利益」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第1
章利益設計(採算性)「14−3 限界利益

今回は損益分岐点や事業採算を計算する上で役に立つ概念である「限界利益」についてお届けしていきます。

「限界利益」とは売上が1単位増えることで増える利益のことで、売上高から変動費を引いたものです。

 
限界利益=売上高−変動費

そして、限界利益から固定費を引いたものが利益(経常利益)となります。

 
経常利益=限界利益−固定費

また、限界利益を売上高で割った数値を「限界利益率」といいます。

「限界利益率」は売上が1単位増えることで利益がどれだけ増えるかという割合を表しています。

 
限界利益率=限界利益÷売上高=1−変動費率

    (変動比率=変動費/売上高)

今回の講座は以上でおしまいです。次回は「損益分岐点の計算」をお届けします。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第14章利益設計(採算性)「14−2 固定費・変動費」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第1章利益設計(採算性)「14−2 固定費・変動費

今回のテーマ「固定費・変動費」についてお届けしていきます。

「固定費」は売上高や販売数と直接の関係なく発生する費用です。

人件費はある部分までは固定費、それ以上は変動費の要素を持っています。

具体例
 
設備費、減価償却費、固定資産税、賃貸料

「変動費」は売上高や販売数に比例して発生する費用です。

変動費を売上高で割ったものを変動費率といいます。これは、売上高に対して、変動費の割合を示したものです。

具体例
 
仕入費、材料費、配達費、光熱費、消耗品費

固定費と変動費について、ご理解いただけましたか?

今回は短いですが以上です。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第14章利益設計(採算性)「14−1 損益分岐」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第1章利益設計(採算性)「1 損益分岐」

前章(第13章)では、「時間」という概念を意識した「利益設計(実現性)」をお届けしました。

第14章では、予告どおり「利益設計」の第2段階であります「採算性」についてお届けしていきます。

「採算=お金」なので、また「数字」や「計算」がでてきます。計算の苦手な方も、自信を持って望みましょう!

わからなければ、お気軽にコメントくださいませ。

採算性を検証する指標として、代表的なのは「損益分岐点分析」です。

「基本中の基本」といったところですが、今回はこの「損益分岐点分析」について考えていきます。

「損益分岐点」とは、損失が出るか利益が出るかの分かれ目となる「売上高」や「数量」のことです。

前者を「損益分岐点売上高」といい、後者を「損益分岐点販売数量」といいます。

本講座では、「損益分岐点売上高」を「損益分岐点」と呼ぶことにします。

「損益分岐点」は、損失も利益も出ない売上高、つまり「利益がゼロとなる売上高」と考えることができます。

損益分岐点よりも売上高が上がれば利益が発生し、逆に下がれば損失が発生します。

 損失発生=売上高<損益分岐点<売上高=利益発生

また損益分岐点は、低ければ低いほど利益が多くなり、企業経営が安定します。

損益分岐点というと難しく感じるかもしれませんが、要するに、「会社に入ってくるお金」と、「出ていくお金」を差引きして、「会社に残るお金」が「ゼロ」のときの売上高であると考えてください。

 
「会社に入ってくるお金」−「出ていくお金」=「会社に残るお金」=「ゼロ」

 
この時の「売上高」=「損益分岐点」

損益分岐点は、あらゆるビジネスで活用が可能です。

有能な経営者は、新規事業や新製品を事業化する際、損益分岐点をはじき出して、どれだけの売上高を獲得すれば黒字化できるのかを、常に的確に把握しています。

それにより「数字に裏付けされた決断」が可能となり、それが習慣化しているのです。

損益分岐点を求めるためには、費用を「固定費」と「変動費」に分類しなおす必要があります。

まず、固定費と変動費を理解しなくていけません。

次回はこの「固定費」と「変動費」についてお届けしていきます。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

14−5 採算性計算事例

こんにちは。
 今日も暑いですね。

 今日は、今週お届けしております「利益設計(採算性)」の最終日です。
 「採算性の計算事例」をお届けします。


 
さっそく採算計算の事例問題に入ります。

「事例問題」
  年間売上高が1億円で、商品の原価が6,000万円、その他諸経費が2,000万円である。
  総費用のうち、固定費が3,000万円である。
  このときの「利益」はいくらになるか?
  また、「損益分岐点」はいくらかになるか?

「問題解答」  
  最初に「利益」を求めます。
  利益は、売上高−総費用で求められます。
  総費用は、商品の原価+その他諸経費であるので、
      利益=100,000,000 − (60,000,000 + 20,000,000)
     = 20,000,000円

  次に総費用と固定費から「変動費」を求めます。
  変動費は、総費用−固定費で求められますので、
  変動費=60,000,000 + 20,000,000 − 30,000,000
       = 50,000,000円

  その次に「損益分岐点」を求めます。
  損益分岐点は、固定費÷(1−変動費率)で計算できます。
  変動費率は、変動費÷売上高であるので、
  損益分岐点=30,000,000 ÷ (1−50,000,000÷100,000,000)
         =60,000,000円

  よって、利益は、20,000,000円
       損益分岐点は、60,000,000円  となります。


 
以上の計算で、採算性検証(採算計算)の基本である「損益分岐点」が求められます。

 しかし、「損益分岐点の売上高がいくらであるか」(採算計算)がわかったからといって、「事業(ビジネス)採算性」が完璧というわけでありません。

 その売上高が達成できる「仕組み」ができているかがポイントです。

 では「仕組み」とは何か!

 それは、「経営資源(人材、資金、設備、ネットワーク)」「顧客との接点」など様々です。

 利益がきちんと生み出される仕組みであるかどうかを検証する「利益設計」の段階で、ポイントであると私が考えているのは、先週お届けしました「原時」です。

 原時という「時間の概念」です。

 ぜひ皆さん、「時間の概念」で、損益分岐点の売上高の採算性を検証してみましょう。
 (これから先は7月22日の復習です)


「売上」を分解すると以下のとおりですね。

   「売上」=「商品・サービスの価格」×「顧客数」

「商品・サービスの価格」が決まっているので(決めると)

   「年間顧客数」=「年間売上」÷「商品・サービスの価格」

を計算してみましょう。

 「年間顧客数」は、何者(社)でしたか?
 100社、1000者、それとも10000者ですか?
 この数は、皆さんの事業(ビジネス)により様々ですね。

 この「年間顧客数」に、7月19日にお届けしました「原時」の考え方を導入してみますと、

 「年間顧客数」×「原時」=「顧客に商品・サービスを提供する総時間(総日数)」

 「総日数」これが365日を超えるか否かがポイントです。

  「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総日数」<365

 
 いかがでしたか?

 事業の「実現性・採算性」には、「お金」の概念も重要ですが、「時間」の概念も同じくらい重要なのです。

 ぜひ皆さん、「時間」の概念で、事業の実現性・採算性を検証してみましょう!


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

14−4 損益分岐点計算

こんばんは。
 さっそく今日のテーマ「損益分析点計算」をお届けしていきます。

 損益分岐点は、限界利益と固定費が同じ金額となる売上高のことです。
 すなわち、利益がゼロになる売上高のことです。

   利益=売上高−変
動費−固定費
   
 変動費を変動費率で表すと

   利益=売上高−変動費率×売上高−固定費

 損益分岐点は以下のようになります。

   0=売上高(1−変動費率)−固定費

            ↓

   売上高(1−変動費率)=固定費

            ↓

   売上高=損益分析点=固定費/(1−変動費率)
                =固定費/限界利益率


 今日の講座「損益分岐点計算」はこれでおしまいです。

 明日は「損益分岐点の計算事例」をお届けします。


人気ブログランキングに参加しております。 
  ←クリック 

14−3 限界利益

こんばんは。
 昨日は家に帰ってすぐ寝てしまい、ブログをお休みしてしまいました

 なぜかと言うと、昔の同僚と卓球(学生のころ真剣にやってました)をして、飲んでしまったからです。

 ほんと! スポーツで体を動かすことはいいですね。
 続けていこうかな!

 ちょっと筋肉痛(明日かも)ですので、笑顔整体の院長さんのブログを読んでストレッチしよう。

 
 今日は、損益分岐点の計算、また事業採算の計算で、とても役に立つ概念である「限界利益」についてお届けしていきます!

 「限界利益」とは、売上が1単位増えることで増える利益のことで、売上高から変動費を引いたものです。

   限界利益=売上高−変動費

 
そして、限界利益から固定費を引いたものが利益(経常利益)となります。

   経常利益=限界利益−固定費
 

 限界利益を売上高で割った数値を「限界利益率」といいます。
 限界利益率は、売上が1単位増えることで利益がどれだけ増えるかという割合を表しています。

   限界利益率=限界利益÷売上高=1−変動費率
    
(変動比率=変動費/売上高)


 今日の講座これでおしまいです。
 明日は「損益分岐点の計算」をお届けします。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です) 

14−2 固定費・変動費

こんばんは。
 さっそく今日のテーマ「固定費・変動費」についてお届けしていきます!


 「固定費」は、売上高や販売数と直接の関係なく発生する費用です。人件費は ある部分までは固定費、それ以上は変動費の要素を持っています。

 具体例:製造設備、店舗設備、人件費、役員報酬、固定資産税、支払利息、賃貸料
 

 「変動費」は、売上高や販売数に比例して発生する費用です。変動費を売上高で割ったものを変動費率といいます。これは、売上高に対して、変動費の割合を示したものであります。

 具体例:光熱費、消耗品費、商品仕入れ、材料費、配達費 


 固定費と変動費について、ご理解いただけましたか?

 具体例を参考にしてください。


 今日は短いですが以上です。


週末起業サラリーマンさん、MICアントレクラブへのお申込ありがとうございます


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です) 

第14週 利益設計(採算性)

********************
 第14週の内容 
    14−1 損益分岐       7月24日
    14−2 固定費・変動費   7月25日
    14−3 限界利益       7月27日
    14−4 損益分岐点計算  7月28日
    14−5 採算性計算事例  7月29日     
********************

【14−1 損益分岐】

こんばんは。
 先週は「時間」という概念を意識した「利益設計(実現性)」をお届けしました。
 今週は予告どおり、「利益設計」の第2段階であります「採算性」についてお届けしていきます。

 「採算=お金」なので、またまた「数字」や「計算」がでてきます。
 計算の苦手な方も自信を持って望みましょう!
 わからなければ、お気軽にコメントくださいませ。


採算性を検証する指標として代表的なのは「損益分岐点分析」です。

 「基本中の基本」といったところですが、今週はこの「損益分岐点分析」について掘り下げて考えていきます。

 「損益分岐点」とは、損失が出るか利益が出るかの分かれ目となる「売上高」や「数量」のことです。前者を「損益分岐点売上高」といい、後者を「損益分岐点販売数量」といいます。
 本講座では、「損益分岐点売上高」を「損益分岐点」と呼ぶことにします。

 「損益分岐点」は、損失も利益も出ない売上高、つまり「利益がゼロとなる売上高」と考えることができます。
 損益分岐点よりも売上高が上がれば利益が発生し、逆に下がれば損失が発生します。

    損失発生=売上高<損益分岐点<売上高=利益発生
 
 なお損益分岐点は、低ければ低いほど利益が多くなり、企業経営が安定します。

  
損益分岐点というと難しく感じるかもしれませんが、要するに、「会社に入ってくるお金」と、「出ていくお金」を差引きして「会社に残るお金」が「ゼロ」のときの売上高であると考えてください。

  「会社に入ってくるお金」−「出ていくお金」=「会社に残るお金」=「ゼロ」
     この時の「売上高」=「損益分岐点」

 
 損益分岐点はあらゆるビジネスでの活用が可能です。
 有能な経営者は、新規事業や新製品を事業化する際に損益分岐点をはじき出して、どれだけの売上高を獲得すれば黒字化できるのかを、常に的確に把握しています。
 それにより「数字に裏付けされた決断」が可能となり、それが習慣化しているのです。

 損益分岐点を求めるためには、費用を「固定費」「変動費」に分類しなおす必要があります。そのためにはまず、固定費と変動費を理解しなくていけません。

 次回はこの「固定費」と「変動費」についてお届けしていきます。



 ちょっとMINATOインキュベーションセンターからの報告をさせていただきます。
 
 大変嬉しいことに、アントレクラブ会員数が「150名に達成」しましたパチパチパチ!
 
 着実に毎週数名ずつ「起業よろず相談」を受けながら増えていった結果です。

 MICアントレクラブに入会(入会費・年会費は無料)すると、

  ○起業に向けた様々な取り組みや悩みに対して相談が受けられます。
  ○MICスタッフをはじめとする起業を支援する者とのコミュニケーション
   が深まり、起業に関する様々な情報が得られます。
  ○MICの各種セミナー等への参加を通じて、起業を志している方同士
   の情報交換や交流が図られます。

など様々なメリットが受けられます。

 現在も随時申し込みを受付けております。
 申込方法はコチラをクリックして下さい。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)
独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール
訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ