独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

独立起業超入門講座(利益設計・実現性)

[F]第13章利益設計(実現性)「13−5 実現性」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第13章利益設計(実現性)「13−5 実現性

今回は、皆さんが設定しました「年間売上目標」が論理上(机上)、実現できるか否かを検証してみましょう。

ちょっと復習です。

前回お届けしました「年間売上目標」の設定方法は、費用面から算出する方法でしたね。

 「年間売上目標」>「1年間の費用」+「役員報酬」

では今回は、その「年間売上目標」を売上面から算出してみましょう。

「売上」を分解すると以下のとおりです。

 
「売上」=「商品・サービスの価格」×「顧客数」

皆さん、商品・サービスの「価格」は決まっていますか?

もし決まっていないのであれば、以下の方法により「価格」を設定してみましょう。

・想定顧客をイメージして、顧客の立場で設定

・類似の商品・サービスの価格を調査し設定

・商品・サービスの原価から設定

「商品・サービスの価格」を決めましたら、次に

 
「年間顧客数」=「年間売上目標」÷「商品・サービスの価格」

を計算してみましょう。

「年間顧客数」は、何者(社)でしたか?

100社、1000者、それとも10000者ですか?

この数は、皆さんの事業(ビジネス)内容により様々です。

この「年間顧客数」に、「13−3」お届けしました「原時」の考え方を導入することにより、今回のテーマであります「実現性」が検証できます。

 
「年間顧客数」×「原時」=「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総時間(総日数)」

「総日数」、これが365日を超えるか否かが、事業の「実現性」の可否です。

 
「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総日数」<365

いかがでしたか?

事業の「実現性」には、原価という「お金」の概念も重要ですが、原時という「時間」の概念も同じくらい重要なのです。

ぜひ、「時間」の概念でも事業の実現性を検証してみましょう。

次章では、利益設計(採算性)というテーマでお届けしていきますので、お楽しみに!



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第13章利益設計(実現性)「13−4 売上目標」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第13章利益設計(実現性)「13−4 売上目標】

今回のテーマは「売上目標」です。

今回は、皆さんの事業(ビジネス)における「年間売上目標」を設定してみましょう。

と言っても、なかなか設定できない方もいるかと思います。

事業(ビジネス)ですので、製造費、人件費及び経費分の売上を上げて、最低限、利益がとんとんにならなくてはいけません。

いろんな「売上目標設定」の方法がありますが、今回は「費用面」から設定する方法で、1年間の売上目標を計算していきます。

以下の例、例が、費用を算出する目安(一例)です。

現時点ではおおざっぱでいいので、自分の事業(ビジネス)の「1年間の費用」を算出してみましょう。

:新型扇風機

製造費用(製造に関わる材料費、加工費、人件費など)

+営業・管理人件費

+営業・管理経費

:ビジネス支援サービス

サービス構築費(システム費など)

+人件費

+経費

皆さんの事業の「1年間の費用」はいくらになりましたか?

「1年間の費用」<「1年間の売上高」でなければ、事業は成立しません。

「1年間の費用」にあなた自身の報酬(役員報酬)をプラスしたものが、「1年間の売上目標」の最低ラインとなります。

皆さんの事業の「1年間の売上目標」はいくらになりましたか?

7百万円、それとも3千万円、いや2億円・・・・・

これは、事業(ビジネス)によって異なりますので、「これです」といった答えはありません。

次回は、今週のテーマ「利益設計(実現性)」の最終日となります。

売上目標の「実現性」についてお届けしていきます。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第13章利益設計(実現性)「13−3 原時」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第13章利益設計(実現性)「13−3 原時」】

今回のテーマは「原時」です。

初めて聞いた単語だと思います。なぜなら私の造語ですので。

「原時」とは「源泉を作り出すのにかかる時間」です。

源泉とは前回お届けしましたとおり「利益(お金)を生み出す源」のことです。

利益を生み出す源である商品・サービスを1つ作り出し、顧客に提供するのにかかる時間が「原時」です。

製造業の場合は製造時間が多くかかり、サービス業の場合は提供時間が多くかかるケースが多いでしょう。

大まかでいいので、皆さんの事業の原時(1個・1サービスあたり)を計算してみましょう。

例えば、新型扇風機の原時は、

製造時間(1h)、提供時間(0.2h)、 計1.2時間/個

ビジネス支援サービスの原時は、

製造時間(0.1h)、提供時間(3h)、 計3.1時間/サービス

皆さんの事業の原時は何時間になりましたか?

自分の事業の源泉をもう一度見直した上で、原時を計算してみましょう。

「事業の実現性」の観点については、「原価=お金」と「原時=時間」の切り口から検証していくことがポイントです。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第13章利益設計(実現性)「13−2 原価」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第13章利益設計(実現性)「13−2 原価」】

今回のテーマは「原価」です。利益設計(実現性)の第1番目のポイントです。

「原価」というと、原価計算や原価率などの表記で、経営や会計の書籍に登場しますね。

本講座では「源泉にかかる価格(費用)」と定義します。

源泉とは「利益(お金)を生み出す源」のことです。

顧客がお金を支払う対価として得るもの、商品やサービスが源泉です。

皆さんの事業の源泉は何ですか?

商品ですか、サービスですか? 

その商品やサービスを1つ作り出すのにかかる費用が「原価」です。

商品の場合は、材料費や加工費の割合が大きく、サービスの場合は、人件費の割合が大きいかもしれません。

今回の時点では、大まかでいいので、皆さんの事業の原価(1個・1サービスあたり)を計算してみましょう。

例えば、/祁神霽機の原価

材料費(200円)、設計費(100円)、加工費(300円)、

人件費(400円)  →  計1,000円/個

▲咼献優校抉腑機璽咼垢慮恐

人件費(800円)、諸経費(200円) → 計1,000円/円

皆さんの原価はいくらになりましたか?

次回は「原時」(造語です)をお届けしていきます。

「時間」に着目した変わった切り口ですが、とても大切なポイントですのでお楽しみに。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第13章利益設計(実現性)「13−1 利益=お金」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第13章利益設計(実現性)「13−1 利益=お金」】

今まで、第1章の「棚卸し」から「事業アイデア」、「ビジネスモデル」、「価値設計」と、順々に起業の実現に向けたトレーニング方法をお届けしてきました。

起業を実現させるには、「価値設計」に引き続き、大切な設計ポイントがあります。

私は以下の4つの設計がポイントであると考えています。

〕益設計

∋餠眄澤

A反ダ澤

す報設計

第13章では「利益設計」の第1段階であります「実現性」についてお届けしていきます。

「利益=お金」ですので、第13章では「数字」や「計算」がでてきます。

数字や計算というだけで、躊躇してしまう人もいるかと思いますが自信を持っていきましょう。

今までは「ビジネスモデル」など、事業の仕組みにフォーカスして本講座をお届けしてきましたが、起業(事業)の実現には「お金」を切り離すことはできません。

株式会社は当然にしろ、個人事業であろうと、NPO法人であろうと、お金がなくては活動ができません。

どんどん儲けた方がいい、いっぱいお金を集めた方がいい、と言っているのではありません。

起業(事業)には、「人」の次に「お金」が不可欠なのです。

次回は「原価」をお届けしていきます。とても大切なポイントですのでお楽しみに。 


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

13−5 実現性

昨日の「売上目標」は設定できたでしょうか?

 さっそく、今日の講座に入りたいと思います。
 今日のテーマは「実現性」です。

 今日は、皆さんが設定しました「年間売上目標」が論理上(机上)、実現できるか否かを検証してみましょう。

 ちょっと復習です。
 昨日お届けしました「年間売上目標」の設定方法は、費用面から算出する方法でしたね。

   「年間売上目標」>「1年間の費用」+「役員報酬」

 では今日は、その「年間売上目標」を売上面から算出してみましょう。

 「売上」を分解すると以下のとおりですね。

   「売上」=「商品・サービスの価格」×「顧客数」

 皆さん、商品・サービスの「価格」は決まっていますか?
 
 もし決まっていないのであれば、
   ・想定顧客をイメージして、顧客の立場で設定
   ・類似の商品・サービスの価格を調査し設定
   ・商品・サービスの原価から設定
することにより「価格」を決めてみましょう。

 「商品・サービスの価格」を決めましたら、次に

  「年間顧客数」=「年間売上目標」÷「商品・サービスの価格」

を計算してみましょう。

 「年間顧客数」は、何者(社)でしたか?
 100社、1000者、それとも10000者ですか?
 この数は、皆さんの事業(ビジネス)により様々ですね。

 この「年間顧客数」に、7月19日にお届けしました「原時の考え方を導入することにより、今日のテーマであります「実現性」が検証できます。

  「年間顧客数」×「原時」=「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総時間(総日数)」

 「総日数」これが365日を超えるか否かが、事業の「実現性」の可否です。

  「1年間、顧客に商品・サービスを提供する総日数」<365

  
いかがでしたか?

 事業の「実現性」には、原価という「お金」の概念も重要ですが、意外とおろそかになりがちですが、原時という「時間」の概念も同じくらい重要なのです。

 ぜひ皆さん、「時間」の概念で事業の実現性を検証してみましょう。

 来週は、利益設計(採算性)というテーマでお届けしていきますので、お楽しみに!


お話は変わりますが、
 先日20日、MINATOインキュベーションセンター(MIC)にて毎月1回平日の夜に開催していますMICアントレプレナーセミナーにて、MIC卒業第1号企業の株式会社メディアフラッグ福井社長をお招きし、起業後2年間の取組み、また起業動機など、生の声で体験談をお話しいただきました。
 講演後の懇談会では、名刺交換をはじめ、福井社長の周りには人だかりができていました。
 参加者の皆さまからいただいたアンケートや懇談会の際に感想をお伺いしたところ、
   ・起業への一歩踏み出す勇気を与えてくれた
   ・生の起業体験談はとても参考になった
   ・経営者としての真っ直ぐな姿勢に心を打たれた
といった声をいただきました。
 今後とも、毎回異なった経営者をお招きして、起業体験談をお伺いするセミナー(懇談会)を開催していきますので、ぜひMICにお越しくださいませ。


 

人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

13−4 売上目標

こんばんは。

 昨日は、私が勤務しているMINATOインキュベーションセンターでデザイン支援を担当している田原NAVIからの投稿で、ビックリされた方もいらっしゃるかと思いますが、今後も突如投稿しますので、お楽しみに!!!

 皆さんからのコメントをお待ちしています


一昨日の「原時」は理解いただけたでしょうか?
 
  笑顔整体の副院長^^  さんからいただきましたコメントにありましたとおり、
   
    ★誰にでも1日24時間しかありません

 なお、切り口を変えれば、

    ☆誰にでも平等に1日24時間があたえられているのです 

 起業活動に限らず、日常生活においても「時間」を大切に、かつ効果的に扱いましょうね。


では、今日の講座に入りたいと思います。
 今日のテーマは「売上目標」です。
 今日は、皆さんの事業(ビジネス)における「年間売上目標」を設定してみましょう。

 と言っても、なかなか設定できない方もおられるかと思います。
  
 事業(ビジネス)ですので、最低限、構築費、人件費及び経費を稼いで、利益がとんとんにならなくてはいけません。

 いろんな「売上目標設定」の方法がありますが、今日は「費用面」から設定する方法で、1年間の売上目標を計算していきます。

 以下の例 ⇔祗△、費用を算出する目安(一例)です。
 現時点ではおおざっぱでいいので、皆さん自分の事業(ビジネス)の「1年間の費用」を算出してみましょう。

 例 Э祁神霽機
      製造費用(製造に関わる材料費、加工費、人件費など)
     +営業・管理人件費
     +営業・管理経費

 例◆Д咼献優校抉腑機璽咼
      サービス構築費(システム費など)
     +人件費
     +経費

 皆さんの事業の「1年間の費用」はいくらになりましたか?

 「1年間の費用」<「1年間の売上げ」でなければ、事業は成立しません。

 以上から、「1年間の費用」にあなた自身の報酬(役員報酬)をプラスしたものが、「1年間の売上目標」の最低ラインとなります。

 皆さんの事業の「1年間の売上目標」はいくらになりましたか?

 7百万円、それとも3千万円、いや2億円・・・・・
 これは、事業(ビジネス)によって異なりますので、「これです」といった答えはありません。

 明日は、今週のテーマ「利益設計(実現性)」の最終日となります。
 売上目標の「実現性」についてお届けしていきます。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

13−3 原時

こんばんは。さっそく今日の講座を始めていきますね。
 今日のテーマは「原時」です。
 初めて聞いた単語だと思います。なぜなら私の造語ですので。

 「原時」とは「源泉を作り出すのにかかる時間」です。

 源泉とは昨日お届けしましたとおり「利益(お金)を生み出す源」です。

 昨日と同じ問いをしますが、顧客がお金を支払う対価として得るもの(商品やサービス)が事業の源泉です。
 皆さんの事業の源泉は何ですか?
 商品ですか、サービスですか? 

 その商品・サービスを1つ作り出し、顧客に提供するのにかかる時間が「原時」なのです。

 製造業の場合は製造時間が多くかかり、サービス業の場合は提供時間が多くかかるかと思います。

 今日の時点では、大まかでいいので、皆さんの事業の原時(1個・1サービスあたり)を計算してみましょう。

 例えば、新型扇風機の原時は、
        製造時間(1h)、提供時間(0.2h)、で計1.2h/個
      ビジネス支援サービスの原時は、
        製造時間(0.1h)、提供時間(3h)で計3.1h/サービス

 皆さんの事業の原時は何時間になりましたか?

 自分の事業の源泉をもう一度見直した上で、原時を計算してみましょう。


昨日のブログにてコメントをいただきました「smooth@マインドマップで読書感想文」さんは、お気づきかと思いますが、サービス業は、とにかく時間消費をできるだけ抑えるのがキモですね。
 鋭いコメントでした。ビックリです!

 今日はチョット変わったお話でした。
 明日は「売上目標」についてお届けしていきます。

 「事業の実現性」の観点について、「原価=お金「原時=時間」の切り口から検証していきます。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

13−2 原価

さっそく講座を始めていきますね。

 今日のテーマは「原価」です。
 利益設計(実現性)の第1番目のポイントです。

 「原価」というと、よく「原価計算」や「原価率」などの表記で、経営や会計の本に登場しますね。

 本講座では「源泉にかかる価格(費用)」と定義します。

 源泉とは「利益(お金)を生み出す源」です。


今一度、皆さんの事業(ビジネス)の源泉を明確にしてみましょう。

 顧客目線で考えてみることをオススメします。

 顧客がお金を支払う対価として得るもの(商品やサービス)が、事業の源泉です。
 皆さんの事業の源泉は何ですか?
 商品ですか、サービスですか? 

 その商品・サービスを1つ作り出すのにかかる費用が「原価」です。

 商品の場合は、材料費や加工費の割合が大きいかもしれません。
 サービスの場合は、人件費の割合が大きいかもしれません。

 今日の時点では、大まかでいいので、皆さんの事業の原価(1個・1サービスあたり)を計算してみましょう。

 例えば、
 /祁神霽機の原価
    材料費(200円)、設計費(100円)、加工費(300円)、
    人件費(400円)  →  計1,000円/個

 ▲咼献優校抉腑機璽咼垢慮恐
    人件費(800円)、諸経費(200円)
      → 計1,000円/円

 皆さんの原価はいくらになりましたか?

 自分の事業の源泉をもう一度見直した上で、原価を計算してみましょう。


今日は一般的なお話でしたね。

 明日は「原時」(造語です)をお届けしていきます。

 「時間」に着目した変わった切り口ですが、とても大切なポイントですのでお楽しみに。


話は変わりますが、17日のトレンド卵(テレビ東京)にMINATOインキュベーションセンターで起業活動している企業(臼田総合研究所株式会社)が登場しました(やりました!)
 ココをクリックしてください! 
 RealPlayerがあれば見れますので、ぜひご覧くださいませ。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

第13週 利益設計(実現性)

********************
 第13週の内容 
    13−1 利益=お金     7月17日
    13−2 原価         7月18日
    13−3 原時         7月19日
    13−4 売上目標      7月21日 
    13−5 実現性        7月22日    
********************

【13−1 利益=お金】

こんにちは。
 2日ぶりの投稿です。
 この2日間、本ブログの今後の進め方について考えていました。

 このまま講座形式で続けていくのか、それとも新たな形式(相談形式)に切り替えるか、いろんなブログを拝見し、コメントを書きながら考えていました。

 考えた結果、このまま講座形式でしばらく続けていくことにしました
 新たな形式は、時々取り入れていきます。

 なぜなら、本講座を開始した時の目的が達成されていないからです。

   目的 : 起業に向けたトレーニング方法を1からわかりやすく
        お届けする

 まだ、道半ばですね。
 目的を達成した上で、次のステップにいくことにします。


さて今まで、第1週の「棚卸し」から「事業アイデア」、「ビジネスモデル」、「価値設計」と順々に起業に向けたトレーニング方法をお届けしてきました。

 起業を実現させるには、「価値設計」に引き続き、大切な設計ポイントがまだあります。私は以下の4つの設計がポイントであると考えています。

   〕益設計
   ∋餠眄澤
   A反ダ澤
   す報設計

 今週は「利益設計」の第1段階であります「実現性」についてお届けしていきます。
 利益=お金なので、「数字」や「計算」がでてきます。
 数字・計算というだけで、いきなりだめになってしまう人もいるかと思いますが自信を持っていきましょう!
 わからなければ、お気軽にコメントくださいませ。


今まで「ビジネスモデル」など、事業の仕組みにフォーカスして本講座をお届けしてきましたが、いやらしい言い方かもしれませんが、起業(事業)には「お金」を切り離して実現することはできません。
 
 株式会社は当然にしろ、個人事業であろうと、NPO法人であろうと、お金がなくては活動ができません。

 どんどん儲けた方がいい、いっぱい集めた方がいい、と言っているのではありません。

 起業(事業)には、「人」の次に「お金」が不可欠なのです。


今後の本講座を理解していただくためにも、ぜひ一度今までの講座を復習してみてください。特に「第6週 ビジネスモデル図を創る」のところを。
 
 では、また明日。


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール
訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ