独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

独立起業超入門講座(価値設計・USP)

[F]第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−5 売りを一言で伝える」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−5 売りを一言で伝える」】

今回は前回まで検証しました「USP」を明確に表現することにチャレンジしていきます。

今回のテーマは「で笋蠅魄豸世播舛┐襦廚任后

一言で伝えるには、「売り」であるUSPの核を引き出すことが必要です。

いろんな方法が考えられますが、ひとつお届けします。

〜芦鵑泙埜‐擇靴殖妝咤个僕僂い討い訝姥譴肪輒

             ↓
⊂ι福Ε機璽咼垢瞭睛討函↓,涼姥譴隆慙∪を、もう一度、
 
見返してみましょう。本当に特徴なのか、もっと良い表現が
 
ないか考えましょう。

              ↓ 
8楜劵拭璽殴奪箸離ぅ瓠璽犬鯔弔蕕泙擦董↓,涼姥譴良集
 
がマッチしているか考えましょう。

以上、USPの核を引き出す方法・考え方をお届けしました。

第9章のテーマである「商品・サービスのUSPを明確にする」は今回でおしまいです。

いかがでしたか?

第10章では、「価値設計」に必要な「顧客ターゲット設定」についてお届けしていきます。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−4 優先順位をつける」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−4 優先順位をつける」】

今回は前回検証しました商品・サービスの特徴に優先順位をつけていきましょう。

今回のテーマは「0貳屬痢崘笋蝓廚浪燭任垢?」です。

優先順位のつけ方は、次のとおりです。

1.主観的に直感で順位をつける

        ↓

2.その順位を他人に見てもらう

        ↓

3.他人からの意見を踏まえ、自分なりに「どの特徴が顧客の視点から
 
優れているか」を分析してみて順位をつける

他人とは、皆さんが想定している顧客ターゲットに近い方が理想的ですが、現時点では基本的に誰でも構いません。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

あなたの商品・サービスの「一番の売り」は何でしたか?

今回の講座はこれでおしまいです。


今回も補足的に「優先順位」についてお届けします。

ビジネスに限らず、人生においては、いろんなことが一度に押し寄せてくる場面がありますね。

その時に心掛けることは「優先順位をつける」ことであると、私は思っております。

すべきことは山ほどある!  

しかし、いっぺんに全てはできない。

どうしよう!

という時には、一度、目をつぶって深呼吸をし、冷静に優先順位をつけてみましょう。

実際には、なかなか難しいかと思いますが。

他人のことをあれこれ冷静に判断できますが、自分のことになると、なかなか冷静に判断できませんので、かなり意識して取り組まなければいけません。

優先順位をつけることにより、もしかしたら、「後回しにしてもいいこと」や「いっしょにまとめてできること」などが見えてくるかもしれません。

優先順位をつけることは、イコール「自分を客観視する」ことなのです。

自分を客観視できること、これが優先順位をつける一番の意義ではないかと私は思っています。 

客観視できる能力は「起業家」に必要な能力のひとつです。

市場の動きを分析し、商品・サービスを市場に適合するように変えていくには、客観視できる能力が必要です。

皆さん、客観視できる能力を、日常生活の中で身につけていきましょう!



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−3 顧客の視点から」

こんにちは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−3 顧客の視点から」】

商品・サービスの特徴は書き出せましたか?

今回は「顧客の視点から」、前回書き出しました商品・サービスの特徴を検証していきましょう!

今回のテーマは「顧客にとっての売りになっていますか?」です。

価値設計の構成要素の大事な1つであります「顧客ターゲット設定の考え方」については、次章で詳細にお届けします。

今回は自分が顧客になったつもりで考えてみてください。

前回書き出した特徴の中に、顧客から見て、明らかに「特徴がないな」というものがありましたか?

ある場合は、その特徴は消去しましょう。

また、「たしかに特徴だね」というものは当然残すとして、「ちょっとどうかな?」というものも残しておきましょう。

いくつの商品・サービスの特徴が残りましたか?

ひとつに絞り込む必要はありませんよ。

今回の講座は以上でおしまいです。

ちょっと補足的に「視点」に関しての私見をお届けします。

ビジネスに限らず、普段の物事や出来事について、いろんな視点から考える「クセ」を身につけることをオススメします。

いろんな視点から考えることにより、いろんな発見や気づきがあるはずです。ビジネスの「創造」や「デザイン」のひとつのきっかけになるかと思いますよ。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−2 特徴の書き出し」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−2 特徴の書き出し】

では、USPを明確にしていきましょう! 

今回の講座に入る前に、ちょっと前提条件を整理させていただきます。

前回からお届けしています「価値設計」とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。

人のUSPではなく、あくまでも「商品・サービスのUSP」です。前提条件の認識が異なっていますと、講座内容が伝わらなくなってしまいますので、ちょっと細かいですが最初にお届けしました。

では今回の講座に入っていきます。

今回は「,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?」です。

前回お届けしました、以下の項目 銑い里Δ繊↓,里箸海蹐任后、□→い函■渦鵤厩猝椶困弔届けしていきます。

,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?

△修譴聾楜劼砲箸辰討痢崘笋蝓廚砲覆辰討い泙垢?

ホントにそれは一番の「売り」ですか?

ぁ崘笋蝓廚魄豸世任錣りやすく伝えられますか?

あなたの商品・サービスで、他と比べて明らかに「特徴」があると思われる売りを、大きなの紙に書き出してみましょう。 

ちょっとクドイようですが、あくまでも「商品・サービス」の売りですので、「経営者」「会社」「組織」「資金」の売りではありません。経営資源である「人・モノ・お金」の「モノ」、その中でも純粋に「商品・サービス」そのものの売りです。

さあ、「売り」となるキーワードを考えていきましょう。

いろんな考える切り口がありますが、「商品」に関する私のオススメは「QCD」です。

「Q・C・D」 : 「品質・価格・納期」

QCDは「生産戦略」などを検討する際のテーマですが、自分で構想した商品のUSPを明確する際にも有効です。

また「サービス」に関する私のオススメは「TPO」です。

「T・P・O」 : 「時間・場所・機会」

TPOは「身だしなみ」などの心構えのキーワードですが、サービスのUSPを明確にする際にも有効です。

具体的なキーワードは「省エネ・保証・丈夫さ・軽さ・アフターサービス・品揃え・価格・速さ・いつでも・深夜・どこでも・災害時」などです。

大きな紙に、無造作に書き出しましょう!こんな感じで。

 


     ○       ◇       ▽

         △         

   ◎   □     ☆       ● 

いくつか似たような内容のものがあるかと思います。それを以下のとおり、まとめてみましょう!

 


   ◎●○   □◇   ▽△   ☆

いくつの「まとまり」ができましたか?

その「まとまり」ごとに、もう一度、商品・サービスの特徴(売り)を検証して書き出してみましょう!

今回の講座はこれでおしまいです。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−1 USPとは」

こんにちは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第9章価値設計(商品・サービスのUSP)「9−1 USPとは」】

第9章から第11章にかけて「価値設計」をお届けしていきます。

価値設計とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。ビジネスの根幹のところです。

いかに「マーケティング戦略」「収益計算」などを緻密に計画しても、「ビジネスの根幹」が構築できていなければ、絵に描いた餅になってしまいます。

価値設計の第1弾となる第9週のテーマは「商品・サービスのUSPを明確にする」です。

USPとは「Unique Selling Proposition」の頭文字をとったものです。読み方は、ユニーク セリング プロポジション。

日本語で訳すと「あなたならではの売り」を意味します。

,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?

△修譴聾楜劼砲箸辰討痢崘笋蝓廚砲覆辰討い泙垢?

ホントにそれは一番の「売り」ですか?

ぁ崘笋蝓廚魄豸世任錣りやすく伝えられますか?

この「売り」を一言で表現できなければ、商品・サービスもなかなかお金に変わりません。

第9章は、本ブログ講座の「第4章事業アイデアの構築」にて設定していただいた「商品・サービス」を掘り下げていくイメージです。

次回から、「商品・サービスのUSPを明確にする」考え方を、できるだけわかりやすくお届けしていきますのでお楽しみに!


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

9−5 一言で伝える

今日は、昨日まで皆さんが検証しました「USP」を明確に表現することに、チャレンジしていきましょう!

 今日のテーマは「ぁ崘笋蝓廚魄豸世播舛┐茲Α」です。

 一言で伝えるには、「売り」であるUSPの核を引き出すことが必要です。
 いろんな方法が考えられますが、ひとつお届けします。

   〆鯑まで検証したUSPに用いている単語に注目

                   ↓

   ⊂ι福Ε機璽咼垢瞭睛討函↓,涼姥譴隆慙∪を、もう一度、
    見返してみましょう。本当に特徴なのか、もっと良い表現が
    ないか考えましょう。

                   ↓ 

   8楜劵拭璽殴奪箸離ぅ瓠璽犬鯔弔蕕泙擦董↓,涼姥譴良集
    がマッチしているか考えましょう。

 以上、USPの核を引き出す方法・考え方をお届けしました。
 

 今週のテーマである「商品・サービスのUSPを明確にする」は今日でおしまいです。 いかがでしたか?

 ぜひ、皆さんの商品・サービスのUSPをコメントください

 来週は、「価値設計」に必要な「顧客ターゲット設定」についてお届けしていきます!


 最後までお読みいただきましてありがとうございます。
  皆さんからのクリックをお待ちしています。 
   ←(いつもご協力ありがとうございます!)

 


9−4 優先順位をつける

 今日は昨日検証しました商品・サービスの特徴に、優先順位をつけていきましょう!

 今日のテーマは「0貳屬痢崘笋蝓廚浪燭任垢?」です。

 優先順位のつけ方は、次のとおりです。

   1.主観的に直感で順位をつける

           ↓

   2.その順位を他人に見てもらう

           ↓
           
   3.他人からの意見を踏まえ、自分なりに「どの特徴が顧客の視点から
    優れているか」を分析してみて順位をつける

 他人とは、皆さんが想定している顧客ターゲットに近い方が理想的ですが、現時点では基本的に誰でも構いません。

 ぜひ、チャレンジしてみてください!

 あなたの商品・サービスの「一番の売り」は何でしたか?

 今日の講座はこれでおしまいです。



 今日も補足的に「優先順位」についてお届けします。

 ビジネスに限らず人生においては、いろんなことが一度に押し寄せてくる場面がありますね。
 その時に心掛けることは「優先順位をつける」ことかと、私は思っております。

 すべきことは山ほどある!  
 しかし、いっぺんに全てはできない。どうしよう

 という時には、
   一度、目をつぶって深呼吸をし、冷静に優先順位をつけてみましょう。

 実際には、なかなか難しいかと思います。
 人間は、他人のことをあれこれ冷静に判断できますが、自分のことになると、なかなか冷静に判断できませんので、かなり意識して取り組みことが必要でしょう。

 優先順位をつけることにより、もしかしたら、「後回しにしてもいいこと」や「いっしょにまとめてできること」などが、でてくるかもしれません。

 優先順位をつけることは、イコール「自分を客観視する」ことなのです。
 
 自分を客観視できること、これが優先順位をつける一番の意義ではないかと私は思っています。 

 客観視できる能力は「起業家」に必要な能力のひとつです。
 市場の動きを分析し、商品・サービスを市場に適合するように変えていくには、客観視できる能力が必要です。

 皆さん、客観視できる能力を、日常生活の中で身につけていきましょう!


 最後までお読みいただきましてありがとうございます。
 皆さんからのクリックをお待ちしています。 
   ←(いつもご協力ありがとうございます!)

9−3 顧客の視点から

商品・サービスの特徴は書き出せましたか?
 
 今日は顧客の視点から、昨日書き出しました商品・サービスの特徴を検証していきましょう!

 今日のテーマは「顧客にとっての「売り」になっていますか?」です。

 価値設計の構成要素の大事な1つであります「顧客ターゲット設定の考え方」については、来週、詳細に届けします。

 今日は自分が顧客になったつもりで考えてみてください。

   昨日は、
     提供する側から見た特徴 → 商品・サービスの特徴

   今日は、
     商品・サービスの特徴 ← 顧客から見た特徴

 顧客から見て明らかに「特徴がないな」というものがありましたか?
 ある場合は、その特徴は消去しましょう。

 また「たしかに特徴だね」というものは当然残すとして、「ちょっとどうかな?」というものも残しておきましょう。

いくつの商品・サービスの特徴が残りましたか?
 ひとつに絞り込む必要はありません。
 考えられる全ての特徴を書き出して検証してみましょう。

 今日の講座はこれでおしまいです。


 ちょっと補足的に「視点」に関しての私見をお届けします。

 ひとつの物事や出来事をいろんな視点から考える「クセ」を身につけることをオススメします。

 いろんな視点から考えることにより、いろんな発見や気づきがあるはずです。
 ビジネスの「創造」や「デザイン」のひとつのきっかけになるかと思います。

 人気ブログランキングに参加しております。 
   ←(クリックへのご協力いつもありがとうございます)

9−2 特徴の書き出し

 さあ、USPを明確にしていきましょう! 

 講座に入る前に、ちょっと前提条件を整理させていただきます。
 昨日は皆さまよりたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。

 今週から3週間かけてお届けします「価値設計」とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。
 
 ということで、各自(人)のUSPではなく、あくまでも「商品・サービスのUSP」です。前提条件の認識が異なっていますと、お話が伝わらなくなってしまいますので、ちょっと細かいですが最初にお届けしました。


 今日のテーマは「,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?」です。

 昨日お届けしました、以下の項目 銑い里Δ繊↓,里箸海蹐任后
 、□→い函■影1項目ずつお届けしていきます。

   ,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?
   △修譴聾楜劼砲箸辰討痢崘笋蝓廚砲覆辰討い泙垢?
   ホントにそれは一番の「売り」ですか?
   ぁ崘笋蝓廚魄豸世任錣りやすく伝えられますか?
 
 あなたの商品・サービスで、他と比べて明らかに特徴があると思われる内容を、A3の紙(大きな紙)に書き出してみましょう。 

 ちょっとクドイようですが、あくまでも「商品・サービス」ですので、「経営者」「会社」「組織」「資金」ではありません。
 経営資源である「人・モノ・お金」の「モノ」、その中でも純粋に「商品・サービス」そのものです。

 さあ、では考えていきましょう。
 いろんな切り口がありますが、「商品」に関する私のオススメ切り口は「QCD」です。

     「Q・C・D」 : 「品質・価格・納期」

 QCDは商品開発の際に必ず検討するテーマですが、自分で構想した事業テーマ(商品)のUSPを明確する際に有効です。

 また「サービス」に関する私のオススメの切り口は「TPO」です。

     「T・P・O」 : 「時間・場所・機会」

 TPOは「身だしなみ」などの心構えのキーワードですが、サービスのUSPを明確にする際に有効です。

 USPに用いる具体的なキーワードは「省エネ・デザイン・保証・丈夫さ・軽さ・アフターサービス・品揃え・値段・速さ・いつでも・深夜・どこでも・災害時」などです。

 大きな紙に、無造作に書き出しましょう!
 こんな感じで。

     ○       ◇       ▽
         △         
   ◎   □     ☆       ● 
  
 いくつか似たような内容のものがあるかと思います。
 それを以下のとおり、まとめてみましょう!

   ◎●○   □◇   ▽△   ☆

 いくつの「まとまり」ができましたか?
 その「まとまり」ごとに、もう一度、商品・サービスの特徴を検証して書き出してみましょう!

 今日の講座はこれでおしまいです。 

 人気ブログランキングに参加しております。 
   ←(クリックへのご協力いつもありがとうございます)

第9週 価値設計(商品・サービスのUSP)

*********************
 第9週の内容 
    9−1 USPとは         6月19日
    9−2 特徴の書き出し     6月20日
    9−3 顧客の視点から     6月21日
    9−4 優先順位をつける   6月22日   
    9−5 一言で伝える      6月23日
*********************

【9−1 USPとは】

 今日から本講座を再開します!

 第9週から第11週にかけて「価値設計」をお届けしていきます。
 価値設計とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。
 ビジネスの根幹のところです。
 いかに「マーケティング戦略」「収益計算」などを緻密に計画しても、根幹が構築できていなければ、絵に描いた餅になってしまいます。

 この価値設計について、3週間かけて、じっくりお届けしていきます。

 第9週のテーマは「商品・サービスのUSPを明確にする」です。
 USPとは「Unique Selling Proposition」の頭文字をとったものです。
 読み方は、ユニーク セリング プロポジション。
 日本語で訳すと「あなたならではの売り」を意味します。
 
   ,△覆燭両ι福Ε機璽咼垢痢崘笋蝓廚浪燭任垢?
   △修譴聾楜劼砲箸辰討痢崘笋蝓廚砲覆辰討い泙垢?
   ホントにそれは一番の「売り」ですか?
   ぁ崘笋蝓廚魄豸世任錣りやすく伝えられますか?
 
 この「売り」を一言で表現できなければ、商品・サービスもなかなかお金に変わりません。

 本ブログ講座の「4−1(アイデアの新3要素)」の皆さんに設定していただいた「商品・サービス」を掘り下げていくイメージです。

 明日から、できるだけわかりやすくお届けしていきますのでお楽しみに!

*****************************
 最後までお読みいただきましてありがとうございます。
 「売り」を持っている方は「はい」を、持っていない方は「いいえ」
 クリックしてください。 (人気ブログランキングにリンクしています)
 起業家にとって「判断力」・「決断力」は大切な資質のひとつです。
 1日1回、自分の判断で
「はい」・「いいえ」を決断しましょう!
*****************************

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール
訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ