独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

プレスリリース

[F]第17章広報設計「17−6 起業時は広報活動をしよう」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第17章広報設計「17−6 起業時は広報活動をしよう」】

今回で第17章のテーマ「広報設計」は終わりです。

さっそく今回も、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。


「プレスリリース資料を作成すること」「記者さんに取材してもらうこと」の他にやるべき必要なこととは「問い合わせに対応する準備」です。


その準備とは?


それは、

 崚渡辰筌瓠璽襦廚砲茲詭笋す腓錣擦悗梁弍
   
→ 対応者の一本化

◆屮ぅ鵐拭璽優奪函廚砲茲詭笋す腓錣擦悗梁弍
   
→ ホームページやフェイスブックページを用意

この準備ができていないと、問い合わせに対応できないという「機会損失」が生じます。ひいては「信頼感の低下」にも繋がります。


なるほど。しかし1人で起業するとなると、電話対応がおろそかになる可能性がありますね。


電話秘書サービスをやっている業者も数多くありますので、そのようなサービスを活用するのもよいでしょう。


そのようなサービスもあるのですね。


以上が前回の質問への答えでしたが、わかりましたか?


わかりました。では、新聞などに掲載された後の活動はどうすればよいのでしょう?


いろんな活動が考えられますが、基本方針は以下のとおりかと思います。

 
○営業ツールとして記事を活用

最初の掲載は「顧客を呼び込む」ことが一番の目的ではなく、「営業ツールとして活用する」ことです。名も知らない会社の信頼感を少しでも高めるツールとして掲載記事を活用するのです。この効果は案外大きいものです。


計画どおり営業することですね。


そのとおりです。特別なことをする必要はありません。しかしできれば、商品・サービス内容の特徴や、経営者個人の独自ノウハウを活かして、 

)/邑けのビジネスであれば「専門誌」

個人向けのビジネスであれば「週刊誌」 

に記事掲載されることを、次の広報のステップとして実施するのがよいでしょう。さらなる「信頼感の向上」、及び具体的な「顧客の確保」に結びつく可能性が高いです。


先日、私が掲載希望した「女性週刊誌」ですね。


そのとおりです。ではさん、「広報活動」を始めましょう!


いかがでしたか?

ぜひ皆さまも、起業の実施スケジュール策定の際には「広報設計」も意識してみましょう。

広報のポイントである「信頼感」、これは「顧客」からの信頼感もあれば、「メディア」からの信頼感もあります。

本ブログでは取り上げませんが、「広報」の概念は幅広く、「社内」「世の中」などへの信頼感など、多方面・広域的なものです。本ブログでは「販売促進活動」に関係する「広報」のみを取り上げておりますので、この点はご了承ください。

ぜひ一度、「広告宣伝」ではなく、「広報」というものを検討してみましょう。大手企業だけでなく、起業間もない小規模の会社でも実施でき、かつ十分な効果を出せる活動だと考えています。

次回からは、いよいよ「ビジネスプラン作成」に入りたいと思います。お楽しみに。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第17章広報設計「17−5 起業時の新聞記者さんへのアプローチ」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第17章広報設計「17−5 起業時の新聞記者さんへのアプローチ」】

 


今日お届けする内容は、私がインキュベーションセンター(起業支援施設)において、実際に起業家のプレスリリースをサポートしていたやり方です。数回サポートすることにより、インキュベーションセンター卒業後は単独でプレスリリースが効果的にできるようになることを目標にサポートしています。

今回も、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。よろしくお願いします。

では始めていきますね。


記者さんにアプローチする手段にはいろいろあります。具体的には以下のとおりです。

/景梗劼篁┿鐚劼梁緝州藤腺愴峭罎縫廛譽好螢蝓璽校駑舛鬘藤腺悗垢
   
FAX番号は書籍やネットで調べることができます

⊃景梗劼篁┿鐚勸犬討烹庁佑鯀付
   
住所は書籍やネットで調べることができます

プレスリリース代行会社にアウトソーシングする
   
代行してくれる会社もあります 

さ者さんに直接個別にアプローチする
   
記者さんとのネットワーク構築がカギです


いろいろあるのですね。


 銑も効果的ですが、起業間もない会社のプレスリリースでは「さ者さんに直接個別アプローチ」が一番効果的だと実感しています。


しかし、い麓尊櫃房孫圓垢襪海箸難しそうですね。


そうですね。い鮗損椶垢襪燭瓩砲蓮△いに記者さんとのネットワークを普段から構築しているかがポイントです。


どのように構築するのですか?


起業支援者である私のやり方は以下のとおりです。

1.産業系新聞「日経産業新聞」「日刊工業新聞」「フジサンケイビジネスアイ」といった新聞社のベンチャー関係の記者さんに私が直接アプローチして、インキュベーションセンターの取組みをPR

2.インキュベーションセンターで活動している起業家の商品発表やサービス開始のタイミングを確認

3.プレスリリースをするタイミングを起業家と相談

4.私から記者さんにアプローチ

5.インキュベーションセンターに記者さんを招いて起業家との個別取材を実施。私も同席

数回行うことにより起業家と記者さんとの信頼関係も構築できるので、その後は起業家が記者さんへ直接アプローチしています。私は起業家の「広報を代行」しているようなものです。しかし、単なる「代行」ではなく、インキュベーションセンター卒業後は単独でできるように「教育」もしているのです。また、記者さんは異動が激しいので、必ず後任の方を紹介してもらっています。


公的機関の起業支援者であるさんなので記者さんとのネットワークを構築しやすいですが、一般の起業家はどうすればいいのでしょう?


「FAX」+「電話」で新聞社にアプローチするのがいいかと思います。しかしポイントがあります。それは、複数の新聞社でなく「1社だけ」にアプローチすることです。貴新聞社だけへの情報提供に対して記者さんは喜ぶと思います。なぜかというと、記者さんは上司である「デスク」に取材して作成した記事を認めてもらいたいのです。それには、他の競合新聞社が知らない情報を記者さんに提供することが有効なのです。


なるほど。


しかし、
  
・プレスリリース資料を作成すること
  
・記者さんに取材してもらうこと
だけに注力してはいけません。


その他にやるべき必要なことがあるのですか? 


それは、、、


今回は以上で終了です。

皆さん、やるべき必要なことって何だと思いますか?



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第17章広報設計「17−4 起業時のプレスリリース資料」

こんにちは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第17章広報設計「17−4 起業時のプレスリリース資料」】

今回も、起業を目指して活動している(ワンさん)と(私)との対話(相談)形式でお届けしていきます。よろしくお願いします。 

では始めていきますね。


プレスリリース資料に掲載すべきポイントは以下の4点です。

.廛譽好螢蝓璽垢離織ぅ肇
   
何の発表か(商品の販売開始、販売好調など)

⊂ι福▲機璽咼垢瞭団

お客様のメリット

は⇒軅茵 


掲載すべきポイントはわかりました。では、どのように表記したらいいのでしょうか?


表記する上で注意すべき点は以下の2点です。

_嫋鮟颪
   
記者さんが人目で理解しやすいように

強調
   
どこが特徴、メリットかがわかるように


以上を考慮して、プレスリリース資料を作成すればよいですか?


あと、記者さんの立場で、もう少し考えてみましょう。記者さんの上司は「デスク」という方です。デスクが紙面の内容を決定します。記者さんは取材した記事をデスクに認めてもらうことが仕事ですので、デスクが認めてくれそうな「ネタ」をプレスリリース資料に盛り込むと更によいでしょう。


「ネタ」って何でしょう?


一般的に産業系の新聞でデスクが喜ぶネタの内容は「新規性」と「話題性」です。新規性は「○○で初」や「トップ機能を持った▽▽」などです。話題性では「□□で販売急増」や「☆☆も使用」などです。


わかりました。では、プレスリリース資料ができたら、どのように記者さんにアプローチすればいいのでしょうか?


それには、いろいろな手段がありまして、例えば、、、



今回は以上で終了です。


皆さん、どんなアプローチ手段があると思いますか?



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

「押すこと」と「引くこと」の塩梅の難しさ

  ★「独立起業支援!悩み解決館」へようこそ★

      「相互リンクを募集中です!」

独立起業の
悩みをお持ちの方に、起業支援・経営者カウンセリングをしている藤間IMが、独立起業の悩み解決に繋がるお役立ちサイトや、藤間IM独自の独立起業講座をご紹介しているブログです。

独立起業の悩み相談もお受けしています。


  左側の列
「独立起業悩み解決サイト集」
             〜34テーマ、359サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜



こんばんは。


毎日の記事では、「独立起業悩み解決サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


rankingお読みになる前に
応援クリックにご協力を
 
                                               ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキング「起業・独立部門」が上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


昨日に引き続き「独立起業支援メニュー・セミナー」の情報サイトをご紹介していきます。




【今日の独立起業悩み解決サイト】

東京商工会議所の創業支援事業

東京商工会議所では「創業塾」以外にも創業者に役立つ様々なセミナーを開催しています。



【東工大YVP日記 148日目】


今日のAMも、前回のブログ記事でお届けした「プレスリリース支援」である新聞記者の取材に同席した。


O社長は初めての取材であったからか、記者さんからの質問に過剰に答えてしまっていた。


記者さんからの質問に端的に答えず、かなり長々と、時には別の話題まで展開してしまった。


取材に同席している私は「第三者的な立場」なので気づいているが、当の本人は気づいていないであろう。


取材時は積極的なアピールも当然必要であるが、記者さんの動向を感じて「引くこと」も大切である。


記者さんが取材しやすいように受け答えすることが基本かと思っている。


記者さんも「お客さん」なのである。


取材の経験を積むことにより、ある程度は解決していくだろうが、この「引くこと」、すなわち「相手との間の取り方」は、普段の会話の中で訓練することも可能であると思う。


O社長、自己アピールも大切ですが、相手の立場を考えて「引くこと」も大切ですよ。


記事になりましたら、その記事コピーを持って、今度は雑誌社にリリースしていきましょうね。


応援しています!



「読者一覧」コーナーを右列に追加しました。


最後までお読みいただいた方は、ぜひワンクリックをしてみてくださいね。

東工大YVP入居企業への支援活動も、時々はお届けしないと

  ★「独立起業支援!悩み解決館」へようこそ★

      「相互リンクを募集中です!」

独立起業の
悩みをお持ちの方に、起業支援・経営者カウンセリングをしている藤間IMが、独立起業の悩み解決に繋がるお役立ちサイトや、藤間IM独自の独立起業講座をご紹介しているブログです。

独立起業の悩み相談もお受けしています。


  左側の列
「独立起業悩み解決サイト集」
             〜34テーマ、359サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜



こんばんは。


毎日の記事では、「独立起業悩み解決サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


rankingお読みになる前に
応援クリックにご協力を
 
                                               ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキング「起業・独立部門」が上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


昨日に引き続き「独立起業支援メニュー・セミナー」の情報サイトをご紹介していきます。




【今日の独立起業悩み解決サイト】

創業・開業支援のための「創業塾」

商工会議所及び商工会連合会では、起業・独立をお考えの方を対象に、起業の心構え、ビジネスプランの作成、融資制度や創業事例の紹介など、 実際の創業に役立つ講座「創業塾」を行っています。



【東工大YVP日記 147日目】


今日は祝日ですが、出勤しました。


いろいろとやりたいことがありましたもので。。。


最近のブログ記事を振り返ってみますと、「視察に来た」「セミナーに行った」「交流会をした」などなど、イベント関係のことばかりお届けしていましたので、今日は、東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)入居企業への最近の「個別支援活動」について、2つばかりお届けします。


1つ目は「プレスリリース」支援。


何ですか?それは?と思う方もいるかもしれません。


これは、特に、起業したばかり会社への支援として、とても重要なものの1つであると私は思っています。


では、具体的にお届けしていきますね。


先月、東工大YVP入居企業T社へ取材したいと、以前より知り合いのH新聞社のY記者より問い合わせがありました。


まずは、T社へ取材を受けるか否かを確認。


新聞掲載(広報)のタイミングの大切さや、新聞掲載のメリット、デメリットを説明。


取材を受けるという判断をT社がしたので、何をアピールするかを確認して、先週、取材に臨みました。


取材時は、Aスタッフも同席しました。


これといって、取材時に私やAスタッフのようなインキュベーションマネジャー(IM:起業支援専門家)が支援することはほとんどない。


しかし、インキュベーションマネジャーには取材時に大事な役目があると私は考えています。


その役目とは、

・記者に入居企業が伝えたい(アピールしたい)ことが伝わっていないと感じたら、インキュベーションマネジャーから記者へフォローの説明をする。ただし手短に。

・記者が記事を作成しデスク(記者の上司)に働きかけてくれそうかどうかをインキュベーションマネジャーが確認する。取材を受ける会社からは聞きづらいことなので。

・記事になった場合に、入居企業が何を望んでいるか(問い合わせを増やしたい、キーワードを伝えたいなど)を、インキュベーションマネジャーが入居企業へ質問する。その回答は記者にも伝わるので。


この他にも、いくつか役目があるが、この3つは取材時に同席して必ず行うことを心掛けています。


ちょっと変わった支援かもしれませんが、「プレスリリース支援」は大事なインキュベーションマネジャーの仕事の1つであると思っています。


起業家の立場にたったプレスリリース(広報)の方針については、独立起業超入門講座「第17週 広報設計」にてお届けしていますので、こちらもぜひご覧くださいませ。



2つ目は「産学連携」支援


先週、Hスタッフとともに、東工大YVP入居企業であるE社から今後の新規事業立ち上げについてご相談があり応対しました。


E社は、最近話題になっているレアメタル(希少金属)の産業廃棄物処理ビジネスを立ち上げるべく、東京工業大学にてレアメタル関係の研究をしている教授との共同研究や技術相談を目的として東工大YVPに入居してきた企業であります。


しかし、レアメタルのどの希少金属にフォーカスして産業廃棄物処理の事業化を目指すのか不明確でしたので、数か月間、E社は調査・検討していました。


ようやく東京工業大学の教授陣に働きかけていこうと、E社が決断しました。


私は企業が単体でレアメタルの調査・検討するより、いろんな方々と情報交換しながら、レアメタルの事業アイデアを組み立てる方が、E社の人員体制や今まで培った産業廃棄物処理のノウハウから適していると考えていました。


HスタッフのE社への働きかけで、ようやくE社が東工大への働きかけを決断したのだと感じています。


しかし、中小企業と大学教授とのマッチングには、通常大きな壁があるのが現実です。


企業人である中小企業と、研究人である大学教授との考え方の違い、そこを折り合って、うまくマッチングしていけるかが、今後のインキュベーションマネジャーが支援するポイントであります。


マッチングのためには、お互いに少しずつ歩みよることが必要であると思います。


Hスタッフ、これからが本番ですよ。


いっしょにマッチングを実現させていきましょうね。



以上、先週の2つの個別支援活動をお届けしました。


適宜、今後ともお届していきたいと思います。



「読者一覧」コーナーを右列に追加しました。


最後までお読みいただいた方は、ぜひワンクリックをしてみてくださいね。

新聞記者からの問い合わせ

★「起業お役立ち支援情報」総合サイトへようこそ★


本ブログ「左側の列」
「起業お役立ち情報サイト集」

本ブログ「右側の列」 「起業超入門講座」



こんにちは。


毎日の記事では、「起業お役立ち情報サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


ranking記事をお読みになる前に
応援クリックにご協力を。

             ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


今日も、全国各地の「起業支援施設(ビジネスインキュベーション施設)」をご紹介していきます。



【今日の起業お役立ち情報サイト】

MINATOインキュベーションセンター(東京都港区)

私が今年の2月末まで勤務していたインキュベーション施設です。起業を目指している個人の方への起業支援(プレインキュベーション)を主としています。様々なセミナーや個別相談も実施しています。



【東工大YVP日記 85日目】


昨日、今日と、明日からの「東工大横浜ベンチャープラザ入居申込受付開始」に関する新聞記者より問い合わせがあった。


昨日は、K新聞社から電話による問い合わせがあった。


今日は、A新聞社が取材のため、東工大YVPに来所した。


6月14日のプレスリリース(記者クラブへの投げ込み)の効果である。


横浜市・神奈川県・中小機構の担当者様、プレスリリースへのご協力ありがとうございました。


やはり、「まめで」「地道な」取り組みが大事であると再認識した。



K新聞には今日、記事が掲載された。


大きな取り上げではないが、以前より「広報に力を入れる」と断言していたのでうれしい。


A新聞には明日、掲載されるか楽しみである。


広報は起業活動においてポイントの1つであると、以前より本ブログにてお伝えしているところであるが、私も起業のつもりで東工大YVPを広報していきたい。


広報のポイントについては、コチラをクリックしてご覧ください。



・今日の記事はためになった!

・イマイチ・・・

プレスリリースを実施

★「起業お役立ち支援情報」総合サイトへようこそ★


本ブログ「左側の列」
「起業お役立ち情報サイト集」

本ブログ「右側の列」 「起業超入門講座」



こんにちは。


毎日の記事では、「起業お役立ち情報サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


ranking記事をお読みになる前に
応援クリックにご協力を。

             ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


今日も、全国各地の「起業支援施設(ビジネスインキュベーション施設)」をご紹介していきます。



【今日の起業お役立ち情報サイト】

北海道のインキュベーション施設

インキュベーション施設は、創業間もない個人・企業に負担の少ない入居費用で賃貸スペースを提供するとともに、インキュベーション・マネージャ等の専門スタッフが経営・技術的課題を解決するための適切なアドバイス等を行うことにより、独立・起業を支援する施設です。
北海道のインキュベーション施設が一覧になっているサイトです。



【東工大YVP日記 83日目】


今日は、東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)の第二期入居企業募集開始の公表日だ。


運営連携機関より各担当の記者デスクへプレスリリースを実施した。


今まで東工大YVPスタッフが訪問して、営業や情報収集をしていたが、これからは、発信(PR)に力を入れていく


今日は、徹底的に「ネット関連」のPR依頼をした。


具体的には、支援機関のメールマガジンやホームページへの入居企業募集開始のリンク掲載依頼だ。


明日以降は、DM(ダイレクトメール)や、一度接触している入居見込み企業へ電話アプローチをしていく。


どんな方が東工大YVPへ申し込んでこられるのか楽しみである。


「起業一文字心得」でお届けしました「心」「体」「技」の中で、1つだけでも特化した能力を備えた方からのお申込みを期待したい。


東工大YVPにご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


また、事業活動拠点をお探しの方がお知り合いにいましたら、ぜひ紹介してください。


今日のこの記事も、PRの1つでしたね。



・今日の記事はためになった!

・イマイチ・・・

すずかけアントレクラブのプレスリリースを実施

★「起業お役立ち支援情報」総合サイトへようこそ★

こんばんは。


本サイト(ブログ)では、「起業お役立ち情報サイトの紹介」と「東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)日記」をお届けします。


ranking記事をお読みになる前に
応援クリックにご協力を。

             ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(上記をクリックしていただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。皆さま、ワンクリックにご協力をお願いします。)


今日も、全国各地の「起業支援施設(ビジネスインキュベーション施設)」をご紹介していきます。



【今日の起業お役立ち情報サイト】

くまもと大学連携インキュベータ(熊本県熊本市)

バイオテクノロジーを始めとした大学等の革新的な技術シーズ、アイデアを活用した高い成長が見込まれるベンチャー・新事業の創出・成長を促進することにより、熊本地域の経済活性化を実現することを目的に活動しています。



【東工大YVP日記 65日目】


今日から「すずかけアントレクラブ」を開設した。


会員制(入会費、年会費は無料)で、東工大横浜ベンチャープラザ(東工大YVP)周辺の中小・ベンチャー企業の経営者や、学内の教員、学生など、東工大YVP入居企業以外への支援サービスだ。


主な特典は、「無料個別相談サービス」「会議室の無料提供サービス」であるが、詳しくはココをクリックしてください


クラブ開設に伴い、横浜市、神奈川県からも協力をいただき、各記者クラブへ「プレスリリース」を今日実施した。


N新聞社の記者さんより問い合わせがあった。


初対面の記者さんであったが、N新聞社とは、前職場のMINATOインキュベーションセンターの時からお付き合いがあったこともあり、とても気さくに情報交換ができた。


明日のN新聞社の紙面が楽しみである。


今後は、東工大YVPの取り組みだけでなく、東工大YVP入居企業の新展開の際にも、積極的にプレスリリースしていきたい。。


皆さんは「プレスリリース」にどんなイメージをお持ちですか?

プレスリリース配信代行サービス

こんばんは。




記事をお読みになる前に応援クリックへご協力を。




今日も「起業時の営業・販売促進」に関する有益な情報サイトをご紹介していきます。



では、今日のサイトをお届けしていきます。




【今日の起業お役立ち情報サイト】

プレスリリース配信代行サービス  

インターネット上で、プレスリリースを12種類589社に分類されたマスコミ各社にお届けするサービスです。
原稿作成・配信・レポートなど、すべて会員登録後のWEB上から無料で利用できます。


独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ