独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

ベネフィット

[F]第11章価値設計(顧客ベネフィット)「11−1 3つの顧客ベネフィット」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第11章価値設計(顧客ベネフィット)「11−1 3つの顧客ベネフィット」】

いよいよ、第9章からお届けしています「価値設計」の最終週となります。

ちょっと再確認します。

「価値設計」とは、商品・サービスをお金に変える考え方です。

まさに、ビジネスの根幹のところです。

いかに「マーケティング戦略」「収益計算」などを緻密に計画しても、根幹である「価値設計」が構築できていなければ、その計画は絵に描いた餅になってしまいます

第9章で明確しました商品・サービスの「USP」と、第10章で明確にしました「顧客ターゲット」を踏まえて、第11章では「顧客ベネフィットを明確にしよう」をテーマにお届けしていきます。


顧客は、あなたが提供する商品・サービスを目にしたり、手に取ったりすることにより、将来受けるであろう利益(顧客ベネフィット)を頭の中で思い巡らせ、商品・サービスを購入・申込するか否かを判断するのです。

顧客ベネフィット(利益)があるから、商品・サービスはお金に変わるのです。

顧客ベネフィットには、3段階あります。

ゝ’修ら受ける顧客のベネフィット(機能的ベネフィット)

短期的に心に生じる利益(情緒的ベネフィット)

C罅δ拘的に心に生じる利益(精神的ベネフィット)

次回から1つずつ「顧客ベネフィット」を明確にしていく考え方についてお届けしていきます。

さあ、皆さん「顧客ベネフィット」を明確にしていきましょう!


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第7章おさらい「7−6 第6章 ビジネスモデル図を創ろう」

こんばんは。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第7章おさらい「7−6 第6章 ビジネスモデル図を創ろう】

さっそく第6章「ビジネスモデル図を創ろう」の「おさらい」をしていきます。

********************

第6週「ビジネスモデル図を創ろう」の内容 

  6−1 モノの流れ         

  6−2 お金の流れ        

  6−3 顧客の心の動き     

  6−4 起業する体制         

  6−5 シチュエーションを表現 

********************

.皀痢幣ι福Ε機璽咼后砲領れ図

 
1.自社(あなた)の丸(○)を描いてください。 
 
2.お客様の二重丸(◎)を描いてください。

   (お客様とは自社が商品・サービスを提供する相手のことです)
 
3.自社からお客様にモノが流れるので、○→◎。
 
4.最終ユーザー(△)までの流れを描いてください。

      お客様が最終ユーザーとは限りませんね。

      ○→◎→□→△といった感じです。
 
5.モノを仕入れたり、材料を調達するケースもありますね。

      ▽→○→◎→□→△
 
6.お客様や仕入れ先が複数のケースのありますね。

 


         ▼

         ↓

      ▽→○→◎→□→△

         ↓

         ◎


△金の流れ図

モノの流れ図の矢印を逆さま(→から←に)にしてください。

 


         ▼

         ↑

      ▽←○←◎←□←△

         ↑

         ◎

図を作成するのが第一の目的ではありません。「モノの流れ図」が間違っていないかどうかの確認が第一の目的です。

お客様に提供する商品・サービスで、本当にお金をいただけますか?

お客様、最終ユーザーの立場になったつもりで、お金を払うかどうか、一度考えてみましょう。

また、「お金」の観点から、他のところや他のところからの「モノの流れ」がないか、もう一度考えてみましょう。


8楜劼凌瓦瞭阿図

 
1.顧客を◎

 2.顧客ベネフィットを◇

 3.顧客ベネフィットによりお客様の「何が」「どのように」に変化したかを☆

 


         ☆:変化

         ↑

      顧客:◎←◇:顧客ベネフィット

 


         ▼  ☆

         ↑  ↑

      ▽←○←◎←□←△

         ↑  ↑
      
☆←◎←◇

顧客はお金を支払うことによって、商品・サービスから受けるベネフィットを得て、心を動かしているのです。

顧客が自分の心が動く(便益がある)と思わなければ、顧客はお金を支払いません。


ぅ咼献優垢鮗損椶垢訛寮図

いくらすぐれたビジネスプランが作成できたとしても、それを実施する人(体制)がいなければ、ビジネスは成立しません。

実施する体制を図で示すと以下のような感じとなります。

 


            ○

          ○●○

            ○ 

中心の●が、起業家(経営者)です。その周りの○が、社員や提携企業などです。

今までのビジネスモデル図をまとめると以下のとおりです。

 


         ▼    ☆

         ↑    ↑

         ○    ↑    

     ▽←○●○←◎←□←△

         ○    ↑

         ↑    ↑

      ☆←◎←←◇


ゥ轡船絅─璽轡腑麌集愁ぅ薀好

ビジネスモデル図の脇、もしくは背面に、シチュエーションのイラストを貼り付けましょう。

「無料素材集」などのキーワードによりグーグルで検索することで、インターネットから無料でイラストデータがダウンロード可能です。

事業アイデアで設定したシチュエーションにあうイラストを探してみましょう。

シチュエーションを言葉や図で表示せずに、イラストイメージで表現することにより、相手に伝わるビジネスモデル図に変身しますよ。

今日の講座「おさらい(ビジネスモデル図を創ろう)」はおしまいです。

[F]第7章おさらい「7−2 第2章 ヒット要因」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【第7章おさらい「7−2 第2章 ヒット要因」】

さっそく第2章「ヒット要因」のおさらいをしていきます。

**********************

 第2章のテーマ「ヒット要因を見つけよう」

    2−1 ヒット商品を探そう         

    2−2 シェアを計算しよう         

    2−3 話題の会社をチェックしよう   

    2−4 話題の会社の特徴は何?    

    2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう 

**********************

第2章にて、ぜひ学んでいただきたい内容は、「2−5 顧客のベネフィットを掘り下げよう」です。

この方法は、アタッカーズ・ビジネススクールにて講師をしていた村山涼一先生が提唱しています「ヒットコード解読法」です。

基本的な考え方は以下のとおりです。

 


   商品がもっている一番の機能を探し

            ↓

   顧客の心に長期的に生じる利益を見つけ出す                     

この顧客が長期的に心に生じる利益が「根っこ=ヒット要因」です。

解読、及び転用の流れは以下のとおりです。

● 既存のヒット商品の選定
     
 ↓ 
 .劵奪半ι覆琉貳屬竜’修ら受ける利益(機能的ベネフィット)

      ↓
◆|惨的に心に生じる利益(情緒的ベネフィット)

      ↓
★ 中・長期的に心に生じる利益(精神的ベネフィット)

      ↓  「★が、根っこ=ヒット要因」

 精神的ベネフィットから創造される新たな情緒的ベネフィット 

      ↓

ぁ/靴燭幣霆錺戰優侫ットから創造される新たな機能的ベネフィット

      ↓

■ 新たなヒット商品の創造

図で流れを整理してみると以下のとおりです。

 


       −−−−−−

  ● → |     

       −−−−−−

       |  ◆  

       −−−−−−     −−−−−−

       |  ★  |  →  |  ★  |

       −−−−−−     −−−−−−

                     |    |

                     −−−−−−

                     |  ぁ  叩 、  ■

                     −−−−−−


皆さん、「●」→「★」→「■」までの流れが理解できたでしょうか?

詳しくは、2−5「顧客のベネフィットを掘り下げよう」をご覧ください。

今日の講座「おさらい(第2章 ヒット要因)」はおしまいです。 



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第6章ビジネスモデル図を創ろう「6−3 顧客の心の動き」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。


【6−3 顧客の心の動き】

「モノ、お金の流れ図」は作成できましたか?

今回は「顧客の心の動きを明確にする」です。今日もビジネスモデル図を作成していきましょう!

本講座の「2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう」で取り上げましたように、商品やサービスから顧客が受けるベネフィットを、まずは設定してみましょう。

ビジネスモデル図を創る際に不可欠なことは「顧客の心の動き」を明確にすることです。

今後も、しつこいぐらいに言うかと思いますが、顧客の立場になって物事を考えましょう。

具体的には、

 × 商品・サービスが顧客に与えるメリットは何か?

 ○ 商品・サービスにより顧客が受けるベネフィットは何か?
のように、顧客目線(主語が顧客)で物事を考えることです。

話をもとに戻しましょう。ベネフィットは設定できましたか?

それではビジネスモデル図を作成していきましょう。

 1.顧客を◎

 2.顧客ベネフィットを◇

 3.顧客ベネフィットによりお客の「何が」「どのように」に変化したかを☆

 

         ☆:変化

         ↑

      顧客:◎←◇:顧客ベネフィット

 

 

         ▼  ☆

         ↑  ↑

      ▽←○←◎←□←△

         ↑  ↑

      ☆←◎←◇


以上です。

顧客(◎)と同じように、最終ユーザー(△)のベネフィットを設定してビジネスモデル図を作成してみましょう。

顧客はお金を支払うことによって、商品・サービスから受けるベネフィットを得て、心を動かしているのです。

顧客が自分の心が動く(便益がある)と思わなければ、顧客はお金を支払いません。

いかがでしょうか?

あなたの事業アイデアの「顧客の心の動き図」は、描けたでしょうか?



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第2章ヒット要因「2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう」

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【2−5 顧客ベネフィットを掘り下げよう】

第2章ヒット要因の最終回です。

今回は「ヒット商品や話題の会社が提供する事業から顧客が受けるベネフィット(顧客ベネフィット)を掘り下げよう」です。

1つの商品やサービスから受ける顧客ベネフィット(顧客満足)には様々なものがあります。

そして、ヒット商品や話題の事業には、様々な顧客ベネフィットの中核に、ベネフィットの「根っこ」があります。

今回は顧客ベネフィットを「根っこ」まで掘り下げるトレーニングを行います。実例をあげながら説明していきます。

★「脳を鍛える大人のDSトレーニング」ソフトの「根っこ」は何か?

実際にやったことのある方も多いかと思いますが、任天堂DS用のソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の顧客ベネフィットの「根っこ」を掘り下げてみましょう。

基本的な考え方は以下のとおりです。

商品がもっている一番の機能を探し

          ↓
顧客が長期的に心に生じる利益を見つけ出す 

この「顧客が長期的に心に生じる利益」が「根っこ」です。

顧客ベネフィットの「根っこ」を見つけ出す流れは以下のとおりです。

流れに沿って、私が定義した「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の「根っこ」も記載しております。


この定義が正解ということではなく、論理的に考え方があっていればいろんな正解があると考えています。 

「根っこ」を定義するポイントは

 仝楜劼長期的に心に生じる内容であるか!

 他の商品や事業に転用できる内容であるか!

なお、△蓮皆さんが事業テーマを設定する際のヒントになるものです。       

(1)商品が持っている一番の機能は何か

  「気軽に楽しみながら、脳トレーニングが続けられる」

              ↓
(2)機能から受ける顧客のベネフィット(機能的ベネフィット)

  「気軽に脳のトレーニングができる」

              ↓

(3)短期的に心に生じる利益(情緒的ベネフィット)

   「脳年齢の判定が若返ることによる喜び」

              ↓

(4)中・長期的に心に生じる利益(精神的ベネフィット)

   「脳全体を鍛えることができる」 ← これが「根っこ」

以上のように顧客ベネフィットを掘り下げた私の脳の中は次のとおりです。

このソフトの機能的な特徴は「ゲーム感覚で脳が鍛えられる」ことだ。今までに世の中にある年齢チェック(体力年齢、肌年齢、血液年齢など)と同様に脳年齢がわかる。

しかも、遊ぶごとに脳年齢をすぐに判定してくれて、脳年齢が若返っていくことで喜びも生じる。し
かし「若返る喜び」は短期的だな?

最近は「脳」ブームである。
単なるゲーム感覚だけでないな。

もっと、「脳」について掘り下げて考えてみよう。

このソフトの基本的な流れは、

   見る・記憶 →  考える → 判断・実行

これを脳の動きに対応させると

   右脳→(脳梁経由)→左脳 → 前頭葉 

右脳、脳梁、左脳、前頭葉という脳全体を鍛える効果があるな。このソフトは簡単な「計算」や文章の「音読」が中心であり、特に右脳・前頭葉を多く使うな。

右脳と前頭葉をつなげるには、脳梁と左脳を経由するな。パズルやクロスワードも同様の脳の動きであるが「考える」が中心であり、特に左脳を多く使うな。これだと右脳と脳梁はあまり使わないかな。

話は少しそれますが、女性は創造的であるので右脳が発達しているとよく言われています。実は脳梁(右脳と左脳をつなぐもの)が男性より太いので、右脳の情報を速やかに左脳に伝えることができ、男性よりアウトプット(発言などの行動)が早いとのことです。

以下の書籍に書いてあります。

 「女たちはなぜ口コミの魔力にはまるのか」(黒川伊保子 著)

以上から、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の顧客ベネフィットの「根っこ」は、右脳・脳梁・前頭葉という創造性を活性化させる脳を中心に「脳全体を鍛えることができる」ということであると導き出しました。

皆さんも、自分で探した商品や事業の顧客ベネフィットの「根っこ」である「精神的ベネフィット」を掘り下げてみましょう!

第2章のテーマである「ヒット要因を見つけること」はできたでしょうか?

章のテーマは「世の中の流れを見つめること」です。いわゆる市場環境の動きです。

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。

 有益な起業情報が見つかるかも → 
ranking
**********************

自分はどんな「公」であるのか

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

「1日1クリック」にご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今日は毎週末お届けしています「起業一文字心得」の第30回です。

30回目となりました。早いものです。

「起業一文字心得」とは、起業にあたり起業家が持つべき心得を漢字一文字で表現して、その内容をfujiteruが解説していくものです。

1分以内で読んでいただける内容ですので、お読みいただき、ぜひ、皆さんのご意見をコメントしていただければ幸いです。

では「起業一文字心得」の第30回をお届けしていきます。


第30回は「公」。

起業家(経営者)は社会貢献という「公」の考えを持つことも必要です。

ビジネスは単なるお金儲けではありません。

相手(お客様)や世の中にベネフィット(機能的利益や精神的利益など)を提供し、その対価としてお金をいただくのです。

世の中にベネフィットを提供し社会貢献しようとする考えを持たず、お金儲けをすることだけ考えていては真の起業家(経営者)にはなれません。

自分はどんな「公」であるのか、世の中にどんなベネフィットを提供しどんな社会貢献をしていくのか、常に自分自身に問いかけることがビジネスを継続していく上で大切なことです。

 

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
fujitreuが直接、皆さまの起業活動に関する悩みにお答えする「創業ラボ個別相談会」への申込みを受付中です(4月24日開催)。
詳細はココをクリックしてご覧ください。
      独立起業の情報をさらに見る → ranking
**********************

顧客目線が大事だと言われますが、具体的には何?

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ
 日記)」へようこそ★

ranking
お読みになる前に
ぜひクリックを
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜36テーマ、380サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

週末は、fujiteru式創業ラボの支援サービスであります「創業ワルツレッスン」の受講者がレッスン書を読んで作成したワークシートへのコメントを書いています。

受講者がワークシートに記載した文言やメール内容から、起業(創業)を目指している受講者の熱意がひしひしと感じられます。

今週末の東京の暑さのように。

受講者にfujiteruが「創業ワルツレッスン」全体を通じて常にお伝えしているのは「顧客目線を持ちましょう」ということです。

では、顧客目線とは具体的に何なのか?




いろんな顧客目線がありますが、fujiteruが考える顧客目線とは何かと思いますか?




あなたのお考えは?




fujiteruが考える「顧客目線」とは




商品やサービスを受けることによって「お客様の心に生じる気持ち」が何かということを真摯に考える姿勢です。

いくらQCD(品質・価格・納期)の面で素晴らしい商品やサービスであっても、お客様にベネフィット(利益)が生じなければ、お客様は商品やサービスを買いません。

当然ですよね。

この当然なことを真摯に考える姿勢を持つことが、起業(創業)の実現に一歩ずつ近づいてていくのです。

起業(創業)準備段階においては、「自分が考えた商品やサービスはお客様にどのようなベネフィットを提供するのか」を明確にすることが重要だとfujiteruは考えています。

どのように明確にするかは、数年前に本ブログにてお届けしました独立起業「超」入門講座に記載しておりますので、ココをクリックしてご覧ください。


さてと、「創業ワルツレッスン」のワークシートへのコメントの続いを書かないと。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

創業ワルツレッスン受講者からいただきました貴重なご感想はコチラに掲載していますのでご覧くださいませ。

   独立起業の情報をさらに見る → ranking
********************

立教大学経営学部の学生さんからfujiteruの講義への感想をいただきました

★「独立起業支援!悩み解決館(中小企業診断士
 養成課程編)」へようこそ★

ranking
お読みになる前に
ぜひクリックを
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜36テーマ、380サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【中小企業診断士養成課程fujiteru日記】

皆さん、おはようございます。

前々回のブログにてお伝えしました立教大学経営学部BLPにてfujiteruが実施した講義(ビジネスプラン構築の基本)への学生さんからの感想が届きました。


立教大学経営学部BLP2










感想文を全て拝見させていただきました。

その中からお二人の感想をご紹介させていただきます。

【Kさん】
 ビジネスプランを作るにあたって、今までは自分たちのやりたいことに重点をおきすぎていたように思います。相手があってこそ成り立つビジネスプランなので、相手に伝える時にせよ、顧客にPRするにせよ、相手を考えたプランを作りたいと思いました。

【Hさん】
 ビジネスプランという言葉は今まで聞くことは多かったですが、本当に理解していたかと言われるとそうではありませんでした。ワークシートのひとつひとつの重要性や理念が前提に成り立っていることを教えていただき今後にいかしていくことができると思います。またヒット商品について考えることで疑似体験ができ考え方を身を持って理解できました。

講義内容、講義方法を振り返る意味で大変参考になりました。

学生の皆さん、ありがとうございました。

また、fujiteruが学生さんにこれだけは伝えたかったことをご理解していただけたようで嬉しかったです。

「ビジネスプラン構築の基本」というテーマにて、経営学部3年生の学生さんにfujiteruが伝えたかったこと

それは次の4つの点です。

仝楜匯訶世梁臉擇

▲咼献優好廛薀鷓鄒の目的

ビジネス実現には「プラン」と「行動」が
 セットであること

ぅ咼献優垢錬運佑任牢扱襪靴覆い海

しかし、講義時間をオーバーしてしまったり、説明不足な点があったりと、反省するところも多々ありました。

学生さんは7月7日のビジネスプラン発表会に向けて、少しずつビジネスプランを構築しているところでしょう。

fujiteruも学生さんに負けじと「支援スキル」を高めていきたいです。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

fujiteruは「起業」や「起業支援」に関する講義や講演の依頼も承っております。お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

   独立起業の情報をさらに見る → ranking
********************

企画書は1行

今日は、最近読んだ本「企画書は1行」(野地秩嘉著)を読んで、私が感じたことなどをお届けしていきます。

 この本には企画書を作成する上でのポイントが満載ですのでオススメですよ。

 本の「おわりに」にも近いことが書いてありますが、私が思う企画書(提案書)作成の準備手順は、
 
   ヾ覯莉餾鄒の目的を再確認する
   誰へ提案する企画書なのか明確にする
   A蠎蠅離戰優侫ット、メリットを掘り下げる
   ち蠎蠅鵬燭魄貳崚舛┐襪戮かを明確にする
   ヅ舛┐襪戮ものを自分の頭のなかで映像化する


 企画書の提案では、

    いかに相手に伝えたいことを「映像」として伝えられるか!

が一番大切だと、私は考えています。

 
 よって、企画書作成の準備段階のポイントは、

   1.相手に伝えるべきことの根幹を明確にする
     → 根本までベネフィットとメリットを掘り下げて考える

   2.伝えるべきことをイメージする 
     → 図・絵で表現してみる


 
今までいろんな方の企画書やプレゼンを見たり、聞いたりしていますが、

    ・伝えたいことの根本が曖昧
    ・イメージが沸かない

ものも現実あります。

 
以上の2点のポイントだけでも、ぜひ企画書を作成する前に検討してみましょう。

 これは先日、田原NAVIがお届けしました「プレゼン資料づくり」でも同じですね。
 
 
 来週は、利益設計(採算性)というテーマでお届けしていきますので、お楽しみに!


人気ブログランキングに参加しております。
クリックによりランキングが上がる仕組みになっています。 
  ←(皆さまのクリックが明日への活力です)

6−3 顧客の心の動き

 「モノ・お金の流れ図」は作成できましたか?
 今日のテーマは「顧客の心の動きを明確にする」です。
 今日もビジネスモデル図を作成していきましょう!

 本講座の2−5顧客ベネフィットを掘り下げようで取り上げましたように、商品・サービスから顧客が受けるベネフィットを、まずは設定してみましょう。

 ビジネスモデル図を創る時点で、私が必要と判断しているのは「顧客の心の動き」を明確にすることです。
 今後、しつこいぐらいに言うかと思いますが、顧客の立場になって物事を考えましょう。
 具体的には、
  × 商品・サービスが顧客に与えるメリットは何か?
  ○ 商品・サービスにより顧客が受けるベネフィットは何か?
のように、顧客目線(主語が顧客)で物事を考えることです。

 話をもとに戻しましょう。
 顧客ベネフィットは設定できましたか?
 それではビジネスモデル図を作成していきましょう。
  1.顧客を◎
  2.顧客ベネフィットを◇
  3.顧客ベネフィットによりお客の「何が」「どのように」に変化したかを☆

         ☆:変化
         ↑
      顧客:◎←◇:顧客ベネフィット


         ▼  ☆
         ↑  ↑
      ▽←○←◎←□←△
         ↑  ↑
      ☆←◎←◇

 
 以上です。

 顧客(◎)と同じように、最終ユーザー(△)のベネフィットを設定してビジネスモデル図を作成してみましょう。

 顧客はお金を支払うことによって、商品・サービスから受けるベネフィットを得て、心を動かしているのです。
 顧客が自分の心が動く(便益がある)と思わなければ、顧客はお金を支払いません。

 いかがでしょうか?
 あなたの事業アイデアの「顧客の心の動き図」は、描けたでしょうか?

 今日はこれでおしまいです。

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ