独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

実習

診断実習における指導と評価の関係性の正しい認識とは何か?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ


以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

おはよございます。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「診断実習における指導と評価の関係性の正しい認識とは何か?」について回答していきます。


実習指導員の役割には「指導者」と「評価者」の2つの役割があります。そして「指導者」の役目が第一で、「評価者」の役目は二の次であることを認識する必要があります。


なぜならば


・診断スキルを「教えること」が研修生を中小企業診断士に養成するためには不可欠である


・研修生の評価は指導後の診断スキルを評価するものであり、指導を経ずに評価はできない


からです。


また、研修生は評価者であることを意識した言動になりやすいので、実習指導員は言葉や態度には十分留意する必要があります。評価をふりかざした言動や、高圧的な態度は慎むまなければいけません。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「診断実習に臨む研修生の心構えや姿勢とは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteruの考えを次回のブログでご紹介していきます。


しばらく続けておりました「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」は次回で終了となります。


今後、本ブログにてお届けするテーマは決まり次第ご紹介します。

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

グループ学習(協同学習)への関与の正しい認識とは何か?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ


以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。

まずは、前回提示した質問「グループ学習(協同学習)への関与の正しい認識とは何か?」について回答していきます。


中小企業診断士養成課程における診断実習は、研修生(58名)と実習指導員(2名)のチーム(グループ)で実施しながら研修生は診断スキルを身に付けていきます。


診断実習を効果的に進めていくために、実習指導員はグループ学習(協同学習)に関する以下の点を心掛けて指導することが求められています。


・気さくに話し合える雰囲気づくりを行う。


・研修生個々の言葉を聴き、行動を常に観察する。


・診断の進め方や議論の方向性を研修生に一任しない。


・1日の目標とスケジュールを共有し達成を目指す。


・研修生個々の理解度を日々確認する。


教える側のグループ学習への関与は学習内容により異なる面もありますので、実習指導員は以上の点を正しく認識して指導する必要があります。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「診断実習における指導と評価の関係性の正しい認識とは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteruの考えを次回のブログでご紹介していきます。

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

研修生の知識やスキルの正しい認識とは何か?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ


以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】


こんばんは。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「研修生の知識やスキルの正しい認識とは何か?」について回答していきます。


中小企業診断士養成課程の研修生は様々な社会経験を積んでいますが、多くの研修生は企業診断の実務経験を持ちあわせていません。また、中小企業診断士一次試験に合格はしていますが、一次試験が経営の基礎知識を問うものであることから、企業診断の知識を持っているわけではありません。


「研修生の多くは企業診断に関する実務能力と診断スキルが低い」ということを実習指導員は受け入れて実習指導する必要があります。


また、中小企業診断士養成課程を通じて、研修生は「自分の能力を成長させるために意識的に不得意な分野に挑戦している」ということも実習指導員は認識した上で実習指導する必要があります。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「グループ学習(協同学習)への関与の正しい認識とは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteruの考えを次回のブログでご紹介していきます。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報
****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

実習指導員の3つの心構えとは何か?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】


こんばんは。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。

まずは、前回提示した質問「実習指導員の3つの心構えとは何か?」について回答していきます。


それは以下の3点について正しく認識し診断実習を研修生とともに進めていく姿勢を持つことです。


1. 
研修生の知識やスキル


2. 
グループ学習(協同学習)への関与


3. 
指導と評価の関係


まずはこの3点について正しく認識しようとする心構えがなければ、研修生への育成活動が実習指導員の身勝手なものとなってしまいます。


中小企業診断士養成課程を運営する事務局は、この3点について実習指導員へ正しく認識してもらうことが使命となっています。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「研修生の知識やスキルの正しい認識とは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteruの考えを次回のブログでご紹介していきます。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

診断実習における積極的な育成活動とはどのような取り組みか?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「診断実習における積極的な育成活動とはどのような取り組みか?」について回答していきます。


中小企業診断士養成課程では「予習⇒演習・実習⇒復習」にて一般的な診断知識や診断スキルを身に付けるという「習得サイクル(教える)」と、特定の課題(中小企業への診断や助言)を探求する「探求サイクル(考えさせる)」とを連動させたカリキュラムとなっています。


実習指導員は「すべての研修生を考えさせるステージに持ち上げる」という積極的な姿勢で、研修生が特定の課題を探求する(考える)ために不可欠な知識を積極的に教えることが必要となっています。


実習指導員は「教えて考えさせる」積極的な育成活動を、診断実習を通じて行うのです。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「実習指導員の3つの心構えとは何か?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteru
の考えを次回のブログでご紹介していきます。



**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************


 


 

診断実習における意識的な育成活動とはどのような取り組みか?

「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「診断実習における意識的な育成活動とはどのような取り組みか?」について回答していきます。


実習指導員は計画された5回の診断実習を通じて意識的に研修生を育成していくこととなります。


前半の診断実習では、意識的に、「訊ける」「共に考える」雰囲気を醸成することにより、後半の診断実習においても研修生が能動的に診断実習に取り組める土台づくりをしておくことが実習指導員の役割となります。


また、後半の診断実習では、その土台を引き継ぐ意識を持ち研修生を育成することが実習指導員の役割となります。


各診断実習における役割を認識し、明確な意思を持って研修生を育成することが大切です。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「診断実習における積極的な育成活動とはどのような取り組みか?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteru
の考えを次回のブログでご紹介していきます。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート
「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。

詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
   有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************


 

実習指導員は研修生にとってどんな存在であるべきか?

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんにちは。


今回も「中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「実習指導員は研修生にとってどんな存在であるべきか?」について回答していきます。


それは、研修生にとって「中小企業支援者としての師範的な存在であること」です。


中小企業診断士養成課程のほとんどの研修生にとって、診断実習は初めて企業診断となります。初めての企業診断を中小企業支援者である実習指導員から指導を受けながら実施することになります。

良い意味でも悪い意味でも、初めて指導をうけた実習指導員が中小企業支援者の基準となります。


実習指導員は企業診断の手法などを教える指導者であるだけでなく、中小企業を支援する中小企業診断士としての師範者であるという心構えが必要と考えています。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。


今回の質問は、「実習指導員は5種類(5回)の診断実習においてどのような育成活動を行うべきか?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteru
の考えを次回のブログでご紹介していきます。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。
詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
      有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

診断実習の先生である実習指導員のミッションは何か?

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

以下のバナーへクリックいただけると幸いです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんにちは。


今回からは「fujiteruが考える中小企業診断士養成課程の診断実習における実習指導員の指導(育成)方法等とは何か」について、質問形式(fujiteruが質問を提示し次回のブログで回答していく形)でお届けしていきます。


まずは、前回提示した質問「「診断実習の先生である実習指導員のミッションは何か?」について回答していきます。


とても当たり前のことでありますが、それは「研修生のミッションが達成するよう指導すること」です。


中小企業診断士養成課程では5回の診断実習に取り組むことが研修生の必須課題となっています。そして診断実習ごとに研修生が修得すべき診断スキルが設定されています。


研修生はその診断スキルを修得するとともに、中小企業診断士としての姿勢や資質を身につけることがミッションとなっています。


そのミッションが達成するように、実習指導員はあらゆる手法・手段を用いて指導することが求められています。


中小企業診断士養成課程を運営する事務局では、研修生が診断スキルを修得できる環境、そして実習指導員が指導できる環境を整備することを心掛けています。


以上が前回の質問へのfujiteruの回答です。


では、今回の質問です。
今回の質問は、「実習指導員は研修生にとって、どんな存在であるべきか?」です。


皆さんはどう思いますか?ぜひコメントくださいませ。


fujiteru
の考えを次回のブログでご紹介していきます。

 **** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****
メール通信のみで受講可能な創業お助けサポート「創業ワルツレッスン」への申込を受付中です。
詳しいメリット等はココをクリックしてご覧ください。
      有益な起業情報が見つかるかも → ranking
**********************

ゼロ「0」からイチ「1」へ

★「独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)」へようこそ★

「1日1クリック」にご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログへ

【fujiteru式創業ラボ日記】

こんばんは。

今週金曜日より、第10期中小企業診断士養成課程では最初の診断実習であります「流通業経営診断実習」が始まります。

研修生にとっては生の企業を相手とした初めての診断実習となります。

経験値ゼロ「0」の研修生を経験値イチ「1」に上げる大切な実習です。

まさに「何事も最初が肝心」とでも言いましょうか。

どのような指導方法が良いのか、またどのようにしたら診断プロセスが研修生に伝わるのか、毎期毎期考えながら実習に取り組んでいます。

教わる側だけでなく、教える側も常に勉強ですね。

**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

11月14日(土)に開催します創業初心者向け相談会「第16回創業ラボ個別相談会」への申込受付を開始しました。
相談希望者はココをクリックしてお申込みください。
     独立起業の情報をさらに見る → ranking
*********************
 

いよいよ最初の診断実習「流通業経営診断実習」が始まりました

★「独立起業支援!悩み解決館(中小企業診断士
 養成課程編)」へようこそ★

ranking
お読みになる前に
ぜひクリックを
 

 fujiteruはブログランキングに参加しています

  左側の列 「独立起業悩み解決サイト集」
             〜36テーマ、380サイト〜
 
  右側の列 「独立起業超入門講座」
             〜20テーマ、120講座〜


【中小企業診断士養成課程fujiteru日記】

皆さん、こんばんは。

今日(1月26日)から中小企業診断士養成課程の最初の診断実習であります「流通業経営診断実習」が始まりました。

2月4日までの8日間(土日を入れると10日間)の診断実習となります。

「流通業経営診断実習」では

 1.部門(項目)毎に仝従分析→¬簑蠹盛渋げ就2歛蠱蟒丐げ歛蟾渋げ就ザ饌療解決策検討、という一連のプロセスを理解し進めることができるスキルを修得すること

 2.重点部門毎に検討された解決策について、現状の組織能力、実行力を考慮するとともに、総合的に調整し、実現可能性・効果性の高い総合的な経営改善実行計画を策定できるスキルを修得すること

を目標にしています。

全社的に現状分析を行い、的確な経営資源の棚卸、また経営課題を抽出するスキルや、顧客アンケートなど流通業特有の調査を実施し、効果的な調査手法などの修得を学習のポイントとしています。

今日は明日からの現地調査や経営者ヒアリングのための作戦会議です。

診断実習中は寒い日が続きそうなの
で体調には十分気をつけていきましょうね。

診断も体が資本ですので。

本ブログでは引き続き、第8期中小企業診断士養成課程の進捗に合わせて、中小企業大学校東京校が実施する中小企業診断士養成課程のカリキュラムをご紹介してきたいと思っています。

お楽しみに。


【創業ワルツレッスン受講者の皆さまへ】

今日から2月4日まで診断実習のインストラクター(サブ)を担当するため、fujiteruへ提出していただいたワークシートへのコメント回答が遅れることがあります。

お許しくださいませ。


**** fujiteru式創業ラボ最新情報 ****

創業ラボ個別相談会の相談者からいただきました貴重なご感想はコチラに掲載していますのでご覧くださいませ。

   独立起業の情報をさらに見る → ranking
********************

独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ