独立起業支援!悩み解決館(fujiteru式創業ラボ日記)

独立起業に必要な情報が全て揃う独立起業支援専門家「fujiteru」がお届けする独立起業初心者向け「独立起業支援!悩み解決サイト」です。fujiteruの創業支援活動であります「fujiteru式創業ラボ」の状況もお届けします。

資金調達

J-Net21起業マニュアル第2章㉓「準備"計画編"をしよう」金融機関とつき合う

おはようございます、フジテルです。


中小機構が運営しています中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の中から
「起業する」テーマのコンテンツをお届けしています。


まず最初は「起業マニュアル」コンテンツです。


起業を思い立ったその瞬間から、実際の起業準備そして開業まで。
起業を目指す人のこんなときどうする?にお応えするマニュアルです。


【起業マニュアル第2章「準備"計画編"をしよう」】


「2−23 金融機関とつき合う」


起業は徒手空拳ではできません。起業のスタート時点から資金調達は経営に
とって重要な課題です。直接株式市場から資金の調達がしにくいベンチャー企業に
とっては金融機関とのつき合いは非常に大切です。ここでは、金融機関と
起業のスタートからどうやってつき合っていけばいいのかを紹介していきます。



続きはココをクリックしてご覧ください。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。 


【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第4章 対象国・地域に特化した支援施策を知りたい「4−5 シリコンバレー・イノベーション・プログラム」

こんばんは、フジテルです。


情報元のミラサポにおける「海外展開支援施策」情報がリニューアルしました
ので第1章からあらためてお届けしております。


今回も第4章「対象国・地域に特化した支援施策を知りたい」を
お届けしています。


新興国など国・地域を限定した支援施策があります。地域性に合った
サポートを受けられますので、進出先の国・地域に該当する支援施策が
ある場合は、活用しましょう!


【第4章 対象国・地域に特化した支援施策を知りたい
  「4−5 シリコンバレー・イノベーション・プログラム」】


「ビジネスモデルの構築、商談、資金調達等、自社に合った支援を受けたい」


イノベーティブな技術・製品・ビジネスモデルを有する中堅・中小企業、
ベンチャー企業の海外展開を、シリコンバレーのエコシステム
(起業支援システム)を活用し、一貫して支援します。ビジネスモデル
の構築から商談、資金調達まで、支援企業の状況に合わせて、メニュー
を作成いたします。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−4 スタンドバイ・クレジット(債務保証)制度」

おはようございます、フジテルです。


情報元のミラサポにおける「海外展開支援施策」情報がリニューアルしました
ので第1章からあらためてお届けしております。


今回も第3章「事業の開始・拡大:開始した事業を安定・拡大していきたい」
をお届けしています。


海外展開を開始すると、色々な問題に直面することがあります。
実際に開始した事業が安定して進められるよう、また、さらに大きなチャンスを
つかむことができるよう、サポートを受けられる施策をご紹介します。


【第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−4 スタンドバイ・クレジット
(債務保証)制度」】


「現地金融機関からの資金調達に対して債務保証を受けたい」


中小企業・小規模事業者の海外現地法人等が、日本公庫と提携する海外金融機関
から現地流通通貨建て長期資金の借入れを行う際、その債務を保証するために
日本公庫がスタンドバイ・クレジット(信用状)を発行することで、海外での
円滑な資金調達を支援する制度です。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−3 海外展開・事業再編資金(外貨貸付)」

おはようございます、フジテルです。


情報元のミラサポにおける「海外展開支援施策」情報がリニューアルしました
ので第1章からあらためてお届けしております。


今回も第3章「事業の開始・拡大:開始した事業を安定・拡大していきたい」
をお届けしています。


海外展開を開始すると、色々な問題に直面することがあります。
実際に開始した事業が安定して進められるよう、また、さらに大きなチャンスを
つかむことができるよう、サポートを受けられる施策をご紹介します。


【第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−3 海外展開・事業再編資金
(外貨貸付)」】


「海外展開の外貨による資金調達をしたい」


海外展開・事業再編資金の貸付対象に該当する方に、必要な設備資金および
運転資金について、外貨(米ドル)による融資を行います。事業計画の内容や
国内雇用等に関する要件を満たす場合は、通常の基準利率より低利な特別利率
が適用されます。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−2 海外展開・事業再編資金」

おはようございます、フジテルです。


情報元のミラサポにおける「海外展開支援施策」情報がリニューアルしました
ので第1章からあらためてお届けしております。


今回も第3章「事業の開始・拡大:開始した事業を安定・拡大していきたい」
をお届けしています。


海外展開を開始すると、色々な問題に直面することがあります。
実際に開始した事業が安定して進められるよう、また、さらに大きなチャンスを
つかむことができるよう、サポートを受けられる施策をご紹介します。


【第3章事業の開始・拡大:資金を調達したい「3−2 海外展開・事業再編資金」】


「海外展開の資金調達をしたい」


経済の構造的変化に適応するために中小企業が行う海外の地域における
事業の開始、海外展開事業の再編等を支援するため、必要な設備資金および
運転資金の融資を行います。事業計画の内容や国内雇用等に関する要件を
満たす場合は、通常の基準利率より低利な特別利率が適用されます。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第1章計画策定:海外の情報収集を始めたい「1−21 中小企業海外展開サポートデスク」

こんにちは、フジテルです。


情報元のミラサポにおける「海外展開支援施策」情報がリニューアルしました
ので第1章からあらためてお届けしております。


第1章は「計画策定:海外の情報収集を始めたい」です。


どこに海外展開をするのか? 現地にはたして自社の事業がマッチするのか?
なにはともあれ、まずは海外についての情報収集が大事です。


情報収集に便利な支援施策があるので、参考・活用してみましょう!



【第1章計画策定:海外の情報収集を始めたい「1−21 中小企業海外展開
 サポートデスク」】


「海外展開に必要な資金調達の相談をしたい」


商工中金の国内外104店舗に「中小企業海外展開サポートデスク」を設置し、
海外進出に必要な海外投融資から貿易金融まで、中小企業の方々に対して
個別相談によるきめ細やかなサポートを行っています。また、業務提携機関等
と連携して、投資環境などの各種情報提供も行っています。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

第2章海外への事業展開プランを立案「2−7 中小企業海外展開サポートデスク」

こんばんは、フジテルです。


今回も海外展開支援施策講座の第2章「海外への事業展開プランを立案」を
お届けしています。


情報収集が終わったら、次はどのような事業をどのようにして海外で展開するかについての
プランの検討が必要です。自身のイメージを具体化していくには、専門家やアドバイザーに
相談するのも有効な手段の一つです。色々な支援策があるので是非活用してみましょう!


事業展開プランの立案に便利な支援施策がありますので、1つ1つご紹介していきます。



【第2章海外への事業展開プランを立案「2−7 中小企業海外展開サポートデスク」】


「海外展開に必要な資金調達の相談をしたい」


商工中金の国内外104店舗に「中小企業海外展開サポートデスク」を設置し、海外進出に
必要な海外投融資から貿易金融まで、中小企業の方々に対して個別相談によるきめ細やかな
サポートを行っています。また、業務提携機関等と連携して、投資環境などの各種情報提供
も行っています。


ココをクリックすると詳細がご覧いただけます。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第18章ビジネスプラン作成「18−22 経営の要!資金計画」

こんばんは、フジテルです。

独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第18章ビジネスプラン作成「18−22 経営の要!資金計画」】


今回は「資金計画(収支計画・資金調達計画)」についてお届けしていきます。


ビジネスプランの記載項目の「8.資金計画」のところです。


「資金計画」の内容を2つに分けてお届けしていきます。


ー支計画

∋餠眥潅7弉


いつもどおり、最初に今回の「資金計画」の講座でお届けしたい「キーワード」を最初にお伝えします。




それは他の項目でも同様に重要なポイントであります




「根拠」です。




それでは、渡邊社長のビジネスプランにおける「資金計画」を見ていきましょう。




シミュレーション








初年度の「ー支計画」が項目毎に記載されています。しかも、各数値(金額)の「根拠」もしっかり載っています。


いいですね。


できれば、中期的(3年ほど)な資金計画も作成すると、より良いです。



中期的な活動として、


・顧客を増やして、事業を拡大していくのか


・サービスの質の向上を図るため、顧客は増やしていかないのか



などの経営戦略に資金計画をリンクさせることが、「資金繰り」の面でもポイントとなるからです。特に、拡大戦略であれば、人件費の負担が重くなってきますので。



しかし、渡邊社長のビジネスプランには「ー支計画」はありますが、「∋餠眥潅7弉茵廚ありませんね。



「当初必要資金」と「4ヶ月目までの赤字分」の資金調達内容を、ぜひビジネスプランに記載しましょう。



2つあわせて、約400万円ですね。



自己資金なのか、融資を受けるのか、具体的に掲載しましょう。融資であれば、金利と返済金額も掲載する必要があります。



資金調達の「根拠」、これもビジネスプランには重要なポイントです。



本講座の「第15章:資金設計」に、起業時の資金調達方法の具体例が掲載されていますので、参考にしてください。



今回の講座はこれでおしまいです。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第15章資金設計「15−4 起業時の資金調達の手段」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第15章資金設計「15−4 起業時の資金調達の手段」】

早速、前回の続きに入ります。


起業時でも資金提供する東京都内の金融機関や支援機関は、いくつかあります。資金調達別がわかりやすいと思いますので、資金調達毎にお届けしていきますね。まず、さん、資金調達手段を「1つ」だけお答えください。


そうですね。まずは「融資」かな。


「融資」ですね。東京都内で起業する前提で、具体的な資金提供機関 銑をお伝えします。その他、起業前の段階でも融資してくれるところもありますが、いわゆるローン(金利5%以上)の利用はオススメしません。以下のような融資機関の窓口に相談にいきましょう。


‘本政策金融公庫
 
新たに事業を始める方向けに具体的な融資制度があります。
 
  
・新規開業資金
    開業前
および開業後5年以内のほとんどのお客さまに
  
・女性、若者/シニア起業家資金
    
女性、30歳未満か55歳以上の方に
  
・新創業融資制度(無担保、無保証)
    無担保
・無保証人をご希望の方に
  
・資本性ローン
    
事業化するまでに時間がかかる方に


東京都制度融資
 
東京都と東京信用保証協会と指定金融機関の三者が協調した
 
融資制度で、創業に関しては以下の融資制度があります。

  
・創業融資(創業)
    
借入希望金額と同額以上の自己資金があることや、1ヶ月
    
以内に新たに個人で又は2ヶ月以内に新たに法人を設立して
    
事業を開始しようとする具体的な計画があることなどの条件
    
があります。


9繕萢算颪△辰擦鸚度
 
港区内中小企業や港区内で創業を希望する者が、必要な事業
 
資金を低利で受けられるよう取扱金融機関に対して融資の
 「あっ
せん」をする制度です。港区が利子の一部を補助しています。

  
・創業支援融資
    
区内に主たる事業所をおいて創業しようとする方、または
    
創業して1年未満の方などの条件があります。


「融資」による資金調達は以上です。しかし、あくまでも「融資」ですので、返済することが大前提です。リスクも十分に考慮して、融資を受けるか否かを判断しましょう。次の資金調達手段は何かな?


そうですね? よく「助成金」や「補助金」という言葉を耳にするのですが、起業の段階(法人設立前の個人)であってもチャレンジできる助成金や補助金などってあるのですか?


ありますよ。具体的には以下のものです。


〜篭畔篏金
  
・地域需要創造型起業・創業
  
・第二創業
  
・海外需要獲得型起業・創業


⊃契宿福新技術開発助成事業(東京都)
  
実用化の見込みのある新製品や新技術の研究開発により
  東京
都内で創業を計画している方などに対し、開発に要する
  経費の一部
を助成する制度です。


「助成金や補助金」による資金調達は以上です。「助成金」は返却しなくていいので、とても効果的ですが、あくまでも「選抜性」ですので、必ず資金調達できるとは限りません。「助成金」をあてにして、ビジネスプランを作成することはオススメしません。次の資金調達手段は何かな?


まだあるのですか? 事業成長期にあるベンチャー企業であれば、ベンチャーキャピタル(VC)が運営するファンドからの「出資」もあるようですが、起業の段階では無理なのかと思いますので。


起業前は無理ですが、会社設立のタイミングにベンチャーキャピタル(VC)が運営するファンドから「出資」を受けるケースもあります。実際、少ないですが、起業時にファンドから出資を受けている会社があります。しかし、これはよく専門家(中小企業診断士や公認会計士)に相談しましょう。「出資」ということは、株をファンドに渡すということ、すなわち、ファンドを運営するVCが経営権(株式割合により権限の大小はありますが)を持つことになります。特に起業時の出資となると、かなりの株式割合をファンドが持つことになりますので、十分な検討と注意が必要です。たとえVCなどから、出資の申出があっても、すぐにOKとの返事をすることは危険です。


じゃあ、どこのファンドならいいのでしょう?


公的な資金の入っているファンドならばいいでしょう。最低限、経営権を乗っ取られる心配はありません。具体的には、以下のファンドです。


|羮企業基盤整備機構が出資しているベンチャーファンド
  
アーリーステージにあるベンチャー企業への投資・ハンズオン支援
  
を目的としているファンドです。


そういう公的資金が入っているファンドもあるのですね。もう、資金調達手段はないですよね。


ベンチャープラザって知っていますか?


聞いたことありません。何ですか?


中小企業基盤整備機構が、将来的に株式公開(IPO)を目指す企業がベンチャーキャピタル等投資家に向けてプレゼンテーションする場を提供しています。


.戰鵐船磧璽廛薀
 
将来的にIPOを目指し、具体的なビジネスプランを有する
 
ベンチャー企業が、資金調達を目的として、ベンチャーキャピタル等
 
投資家の前でプレゼンテーションを行い、投資家とのマッチングを
 
図る場を提供する取り組みです。


初めて知りました。そういう方法もあるのですね。とてもためになりました。今日はありがとうございます。


またさん、ご相談にお越しくださいませ。今日、お届けした機関の担当者は、いつでもご紹介できますので、お気軽にお問い合わせください。しかし、資金調達について、忘れてはいけないことがあります。それは「自己資金が一番である」ということです。



第15章のテーマ「資金設計」は終了です。

いかがでしたか?


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

[F]第15章資金設計「15−3 資金繰り表」

こんばんは、フジテルです。

今週末も独立起業「超」入門講座をお届けしていきます。

【第15章資金設計「15−3 資金繰り表」】

早速、前回の続きに入ります。


コツのひとつは、、、



コツのひとつとしては、「時間軸でのお金の出入り」を考えていくことです。


「時間軸でのお金の出入り」というと、いわゆる「資金繰り表」のようなものですか?


そうです。できれば表計算ソフト(エクセルなど)などを使って「資金繰り表」を作成してみましょう。


どのくらいの期間まで、「資金繰り表」を作成したらいいのでしょうか?


損益分岐を達成するまでの期間、できれば月次で作成してみましょう。


さっそく作成してみますね。

   (作成中・・・・)


なかなか想定しずらいですね。


考え方としては

 
 峙業準備開始」から「営業開始」までの期間
 
◆岷超罰始」から「最初の売上達成」までの期間
 
「最初の売上達成」から「損益分岐達成」までの期間

の3つの期間に分けて想定していくとイメージしやすいと思います。


なるほど、なるほど。

 
,蓮△い錣罎襦崟瀏投資の期間」ですね。
   (
製造業の場合は、開発資金などで大きな支出を伴います)

 
△蓮△い錣罎襦嵌梁コ萋阿隆間」ですね。
   
(サービス業の場合は、広報・広告で支出が伴います)

 
は、いわゆる「受注・提供活動の期間」ですね。
   
(ようやく収入が計上できます)


そのとおりです。


資金繰り表が作成できました。ところどころ、お金が足りなく「マイナス」になってしまっている時期があります。


その時期に、資金調達が必要なのです。これにより、前回お話しました「お金の内容」である「金額」と「使用目的」が明確になります。その「マイナス」が金額です。その「お金を充当する項目」が使用目的です。


「お金の内容」わかりました。明確になりました。では、実際にどのような手段で、資金調達すればいいのでしょうか? 自ら稼ぐ、身内や知人から借りる、金融機関から借りるといったところでしょうか?


資金調達には、自己資金や融資以外にもいろいろあります。どのような資金調達が適切か、悩ましいところですが、基本的な方針があります。


どんな方針ですか?


それは、設備投資金額の多い事業の場合・・・・ いわゆるサービス業の場合・・・・



いかがでしたか?

どんな方針だと思いますか?

ぜひ、ご自身の事業内容において、どんな資金調達方法が相応しいかを検討してみましょう。



最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

【フジテルからのお願い】以下のバナーへワンクリックを。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
独立起業悩み解決サイト集
以下に独立起業の悩み解決に
役立つ情報が掲載されたサイト
をカテゴリー別にお届けして
いきます。独立起業に関する
知識やノウハウを習得するのも
最適ですよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本ブログはfujiteruが運営
本ブログは、あくまでも起業支援
家を目指すfujiteru個人の取り
組みであり、fujiteruが所属する
公的支援機関とは無関係です。
Amazonライブリンク(起業)
独立起業「超」入門講座
以下に独立起業超入門講座の
目次(第1週〜第20週)を掲載
しています。独立起業の実践的
な取組みを学ぶのに最適ですよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
fujiteruプロフィール

fujiteru

訪問者数              いつもありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングへ参加中
以下のバナーをクリックしていただくとランキングが上がります。
クリックへのご協力を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
いつもコメントいただきまして  ありがとうございます
  • ライブドアブログ